2018年11月12日 (月)

備中高梁・武家屋敷巡り

そうそう、備中高梁の街中まで下りてくる途中も素晴らしい紅葉でした。

(画像はすべてクリックで大きくなります)

Img_5196

下から見上げたシャトルバス発着場の紅葉!

Img_5198

川沿いに紅葉を楽しみながら歩いて下ります。

Img_5200

紅葉も一番の見頃でしょうか~

Img_5202

陽があたっていっそう鮮やかです!

Img_5203

武家屋敷を見物に行く前に、ランチを頂きましたよ。

Img_5213

両側に土塀が続き、格式のある門構えの家並みが見られました。

石火矢町の武家屋敷通りを歩いていたら、

今朝送って頂いた雲海タクシーのドライバーさんの車が走って来て、

気が付かれ、笑顔で手を上げて走って行かれました。

» 続きを読む

雲海に浮かぶ備中松山城!

11/10(土)に山仲間6人で岡山県高梁市の雲海に浮かぶ

備中松山城を見る為に早朝から出掛けてきました。

雲海に浮かぶ神秘的な城としては、

2015年3月に歩いた、兵庫県の 竹田城 が有名ですが、

福井県大野市の 越前大野城 と、

雲海に浮かぶ城は、ここ 備中松山城 の3ケ所でしか見れないのです。

しかも紅葉と一緒に雲海が見れるお城として、特に人気があるそうですよ!

実は、JR西日本が期間限定で発売している

吉備の国・くまなくおでかけパス と言う一日乗り放題で大人1980円と言う

お得な切符を発売しているので、それを利用して

雲海に浮かぶ備中松山城を見に出掛けませんか~と誘われたのです。

(画像はすべてクリックで大きくなります)

Img_5275_1

その為、早朝3時半起きで、尾道駅を5時12分発の電車で

倉敷まで行き、倉敷から伯備線に乗り換えて

備中高松駅で下車し、予約してあった

備中松山城・雲海タクシー に乗り換え、雲海の絶景ポイントまで

はやる気持ちを抑えながら送って頂きました~

雲海タクシーは、往復1名・税込で1,500円で要予約です!

( 高梁市観光案内所・・・℡ 0866-22-8666 )

Img_5121

天空の城・撮影ポイントへの道には、既に沢山の車が並んでいました。

Img_5119

撮影ポイントとして設置してある展望台には、

既に大きな一眼レフをセットされた方々が良い位置に、

カメラを三脚に設置して構えていらっしゃいました~

地元自治体により、展望台眼前の杉の木を20本以上伐採されて、

見通しが良くなり ・・・

以前あった展望台の後ろに、もう少し大きな展望台が設置されていました。

» 続きを読む

2018年11月 6日 (火)

兵庫県の段ケ峰登山!

11/4(日)にワンゲル会の12月々例登山で、

兵庫県朝木郡生野町の段ケ峰 ~ フトウガ峰 ~ 達磨ケ峰を歩いて来ました。

山陽道尾道IC → 姫路東 → 福崎北 → 播但道と走り、生野ランプで下りて

段ヶ峰の西側の千町峠を目指して、千町林道に入りバスは走ります。

段ケ峰は、兵庫県の朝来市と神河町の境界に連なる山で、

中国山地の東端に位置し、日本海と瀬戸内海の分水嶺となっています。

また自然豊かなこの山中にはイヌワシも生息し、

関西百名山の一つとして親しまれています。

登山ルートは幾つか整備されていて、

南山麓に広がる生野高原ゴルフ場の入口にある、生野荘跡から

達磨ヶ峰に直登して段ヶ峰に縦走するルート (達磨ヶ峰コース) が一般的だそうです。

(画像はすべてクリックで大きくなります)

Danngamine_tizu

我々は、段ヶ峰の西側の千町峠から登るルート (千町峠コース)

から登って行きま~す!

Img_4998

千町峠の紅葉が綺麗で登山意欲をそそります。

Img_4995

ススキの穂の先に広がる景色も素敵ですぅ~

Img_4994

「 悠友山荘 」 と看板のある山小屋風の建物の所が

千町峠コースの登山口となっているようです。

(素敵な景色が多かったので画像が多いです、スクロールしてご覧下さい)

» 続きを読む

2018年10月26日 (金)

ワンゲル会 !

10/25(木)にワンゲル会の下見に行ってきました。

実は以前に一度下見しているんだけど、

下山道をもう一度確かめたくて、歩いてきました~

» 続きを読む

2018年10月15日 (月)

栗の渋皮煮

栗を沢山頂いたので、渋皮煮を作ってみました~

Img_4924

大きい栗のみ選んで、一晩水につけておき、

渋皮を傷つけないように注意しながら、鬼皮を剝きます。

重曹を入れた鍋で中火で10分茹でます。 アクは丁寧にすくいます。

茹で汁を捨て、ぬるま湯の中で丁寧に栗を洗います。

再び、鍋に栗を入れて、同じ作業を繰り返します。

灰汁が取れた栗をぬるま湯の中で、余分な渋皮や筋を取り除きます。

Img_4935

ザルに揚げ、鍋に栗を入れ、栗がかぶる位の水を入れて、

分量の砂糖の半分を加え、落し蓋をして

弱火で20分煮て、残りの砂糖を加え10分 (弱火) 煮ます。

一晩そのまま置いておき、味を沁み込ませたら栗を取り出し、

煮汁が半量になる位まで煮詰めます。

その折、塩少々とラム酒又はブランデーを少々入れると美味しいです。

Img_4939

美味しく出来上がりました~ scissors

カラッチは、栗 500g に対し、砂糖 200 ~ 250g、重曹大さじ半分で作りました。

» 続きを読む

2018年10月10日 (水)

三徳山・投入堂・・・下山編

こんな場所に存在する投入堂に感動した私達は ・・・

( 画像はすべて、クリックで大きくなります )

Img_4883_2

もう一度、合掌して

登って来た道を結界門に向けて下山します。

不動堂  → 元結掛堂 → 観音堂 → 納経堂と順調に下りて来ました。

Img_4887

投入堂目指して歩いていた時、↑ ここを下ったと思うのですが ・・・

帰路では、ここを登っていきましたよ!

余りにもバックの青空が綺麗でしたので、思わずパチリ!!

» 続きを読む

登って来ました~三徳山・投入堂!

週末になると台風がやってきてお天気とならなかった土日!!

やっと7日~8日にかけて sun sun マークとなり

宿題となっていた鳥取県東伯郡三朝町の三徳山 ( 899.6 m ) に登って来ました。

10/8(祭)午前4時起き、4時半自宅を出発です。

尾道松江やまなみ街道 (高速) を吉舎まで走り、吉舎 → 庄原と一般道を走って

庄原 → 西条 →道後を越えて、 日野 → 江府 → 蒜山道の駅・風の家で、

( 画像はすべて、クリックで大きくなります )

Img_4819

走りながら写した ・・・ 蒜山三山

トイレ休憩&お買い物して → 関金温泉 → 倉吉へ → 三朝温泉 → 三徳山駐車場に

着いたのが9時半頃 ・・・ いやぁ~結構時間かかりました~

高速使っても良かったけど、岡山経由で時間的にはほぼ一緒なので

吉舎からは一般道を走ってきました。

Img_4918

途中コンビニに寄って、朝ご飯食べたりしましたけどね。

2週間振りのお天気の休みの日とあって、大勢の登山客のようで駐車場は満杯!

少しの駐車スペースを見つけ、駐車することが出来ました。

早速、登山の準備を整えて・・・

Img_4822

三佛寺入口 (参拝者受付案内所) で、拝観志納金・一人400円払って

いよいよ三徳山・投入堂への登山開始です。

靴底の確認がありました。

「 手水 」 で口と手を濯ぎ、先ず 「 心身の清浄 」 に務めます。

Img_4826

そうして三佛寺受付より長い階段を上がり ・・・

Img_4829_1

三佛寺・本堂にて、「 二拝二拍手一拝 」 してお参りします!

三徳山 ( 899.6m ) は、修験道の聖地として約1300年前より栄えた山です。

三徳山開山から約150年後の849年、

慈覚大師  (じかくだいし)  が、お堂を建てて、

阿弥陀如来 ・ 釈迦如来 ・ 大日如来の三尊仏をお祀りし、

そのお堂が三佛寺と名付けられ、天台密教の道場として信仰を集めたそうです。

Img_4829

無地に拝登し、下山出来ますように ・・・

Img_4832_1

三佛寺の裏手にある登山参拝事務所で服装・登山靴などの検査を受けます。

登山参拝事務所で投入堂までの拝観志納金400円を更に払い、

登山届に住所・氏名を書き込みます。

必ず二人以上で登ることなども確認されます。

「 六根清浄 」 と書かれた 「 タスキ 」 を掛けてからようやく登れます。

六根とは、「 眼 ・ 耳 ・ 鼻 ・ 舌  ・身 ・ 意 」 を表し、

三徳山の急峻な岩肌を登り、

荘厳な寺院に祈りを捧げることにより 六根を清らかに浄化させようという

考え方だそうです。

ちなみに一説によると 「 どっこいしょ  」は、

修行者が三徳山に登っているときに 「 六根清浄 」 と唱えていたのが

なまったものだそうですよ。

Img_4833

ここでは、両手を使えるように無料でリュックの貸し出しもありましたよ。

これより先は、登山靴(スニーカー不可)でないと登れません。

厳しい修行道であるからこそ再度、安全もしっかりと確認されるのです。

Img_4834

スニーカーなどの方は、わらじ (700円) に履き替えなければ

これより先には進めません!

» 続きを読む

2018年10月 1日 (月)

台風一過!

大型台風24号が日本列島を直撃しそうでしたが・・・

こちらは昨日の夕方頃、強風が少しの間吹きました、余り大雨にもならず

通過してくれました~

前回の大型台風で被害があった地域への心配がありましたが、

今回はこの周辺それほど酷くならず安心していました。

だけど美ノ郷町や藤井川などで川の氾濫などの心配もあったようです。

» 続きを読む

2018年9月23日 (日)

みちのくの旅・後編

八幡平の 「 和心の宿 ・ 姫の湯」 に泊まった我々は、

お宿で朝食のバイキングを頂いて、

Img_4658

また昨日と同じバスに乗って 鶴の舞橋 に向けて出発です!

こちらも楽しみにしていた場所ですぅ~

Img_4664

その前にトイレ休憩で立ち寄った 「鶴田」 道の駅から岩木山が綺麗に見えていました。

Img_4669

鶴の舞橋に向かう道中でも車窓から黄色く色づいた稲田から

岩木山が綺麗でした~

Img_4677

鶴の舞橋の前に、タンチョウヅルを見に立ち寄りました。

Img_4678

» 続きを読む

2018年9月21日 (金)

みちのくの旅・前編

今回は、五能線・白神山地青池・鶴の舞橋・角館

秘湯乳頭温泉郷と8つの味覚を楽しむ旅 で ・・・

カラッチの友人四人で、(9/17~9/19) 2泊3日の旅を楽しんできました。

心配していたお天気も sun sun sun !!

広島空港から羽田空港まで飛んで、羽田から秋田空港まで

づっと  airplane airplane  で乗り継ぎもスムースに、

Img_4590
朝7:35発で秋田空港に着いたのがAM10:35 でした~

秋田空港周辺は午前11時頃はドシャ降りの雨だったようだけど、

降りたったら sun 、今回は晴れろ教祖健在です。

Img_4580

上空から黎明な富士山が見えました。

» 続きを読む

«三徳山登山のハズが・・・

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

古着買取・Brandear

無料ブログはココログ