2018年1月23日 (火)

台湾旅行三日目

台中馥品大飯店にもう一泊した私達は、

ホテルでモーニングバイキングを頂き、身支度して

初日に飛行機が到着した台北まで移動です。

( 画像はすべて、クリックで大きくなります )

Img_3241

出発がAM9:50と遅く、移動時間が長いので本日は一番に昼食だそうです。

一番楽しみにしていた点心料理で~す!

Img_3245

金品茶楼 (キンピンチャロウ) と言うお店で、小籠包が美味しいお店です。

長春路にある金品茶樓は、豪華な外観で、

2色使いの円形の照明と壁面の大きな鏡、赤、褐色、ゴールドを基調とした

インテリアは心地よい空間を作り出していました。

厨房は透明のガラスで仕切られ、小籠包を作るところを見ることが出来ます。

今回の台湾旅行で大きな楽しみの一つ 「台湾グルメ」 の中でも、

特に人気が高くて有名なのは小籠包ではないでしょうか~

Img_3244

金品茶樓の人気メニューは 「小籠包」 です。

ちょっと小振りな小籠包なので一人4ケ頂けましたよ~

皮の重さは5グラム、餡は16グラム、皮のひだは18と

細かいこだわりを持って作っているそうです。

タレは、お酢1に対して醤油3の割合がベストで、

酢醤油を使うことで、酸味と塩気がスープと絡み合い、

付け合せの刻み生姜の辛みがアクセントとなり絶妙な味わいです。

小籠包の中から肉汁が ・・・

Img_3242_1

ひと噛みした瞬間にジューシーな肉汁と絡み合って ・・・ たまりましぇ~ん!

続いて、絲瓜小包(ヘチマ入り小籠包)、絲瓜小包(ヘチマ入り小籠包)

蟹黄湯包 (カニ味噌の小籠包) など3種類の小籠包と蒸餃子も頂きました。

Img_3242

酸辣湯 (サンラータン) も美味しかったです。

シェフの張瑞慶氏の作る小籠包は ・・・

ニューヨーク、東京、大阪などに遠征した際には

皮が薄く餡とスープがたっぷりで、どこでも大人気だそうです。

Img_3244_1

自慢の小籠包の他にも江浙料理・酸辣湯なども頂きましたよ!

もともとは台湾で37年間無添加の茶葉を取り扱ってきた

「金品茗茶」 というお茶の会社でしたが、レストランを開いたのだそうです。

食事中に、30年の歴史がある金品茗茶も無料で楽しむことが出来ますよ!

店内には烏龍茶やお茶が沢山お土産用に置いてありました。

ちなみに日本では西武百貨店、そごう百貨店、高島屋が

「金品茗茶」のお茶を取り扱っているそうです。

» 続きを読む

2018年1月22日 (月)

台湾旅行二日目

昨夜泊まった台中馥品大飯店でぐっすり休み、

朝食のバイキングを頂いてAM9時にバスで出発です。

今日も良いお天気で、気温も丁度良い位!

まずは、台中市内観光で、宝覚禅寺だそうです。

( 画像はすべて、クリックで大きくなります )

Img_3163

「宝覚禅寺」は、日本統治時代の昭和3年(1928年)に建立された

臨済宗妙心寺派の寺院で

台中近辺に移住した日本人の遺骨1万4千人余りを納めています。

日本人の遺骨は元々はここに有った訳ではなく

日本人墓地に葬られていたが、戦後に中国本土から渡ってきた国民党に

日本人の墓は荒らされ放題、放置されていたそうです。

日本人の妻を持つ方が遺骨収集をして、

台中近辺の遺骨はこちらに納骨されました。

Img_3164_2

日本人の遺骨安置所の隣に、

太平洋戦争で日本軍に参加し命を落とされた台湾人の慰霊碑が建立されています。

その石碑の「霊安故郷」の文字は李登輝前総統が揮毫(きごう)したものです。

日本人遺骨と日本軍に参加した台湾人の英霊の慰霊碑が

並んでいるうえに、今でも台湾を植民地支配していた側の日本人の遺骨を

台湾の人により 管理され祀って下さっていること、

ガイドの連さんから、台湾の方々の親日ぶり を聞いて、

台湾旅行していなかったら知らなかったかも知れない

台湾の方々の温かいお気持ちと友好の絆を強く感じました。

Img_3167

地震などの被害から守る為に大きなコンクリートの建物に覆われ

その中に本堂の宝覚禅寺がありました。

そうして宝覚禅寺で何より目を引くものが ・・・

Img_3168

高さ30mもある巨大な金色の大仏様!!

何でも台湾で2番目に大きい大仏様だそうですよ。

優しい微笑み鋸の大仏様は七福神の布袋様でした。

» 続きを読む

2018年1月19日 (金)

台湾旅行一日目

1/13(土)~1/16(火)までカラッチの友人と4名で台湾旅行してきました。

trapics 主催の広島空港発着で

憧れの圓山大飯店・本館に泊まる!まる得台湾縦断4日間

台湾は一度は行ってみたかった所で

以前スイスに行った折、阪急交通社の方もお薦めの旅先ですと仰ってました。

丁度、日本列島を襲った寒波後の旅立ちでしたが・・・

今の台湾の気候は、日本の秋から初冬の気温でづっと晴れでした。

( 画像はすべて、クリックで大きくなります )

Img_3123

広島空港9時発の飛行機の為、

尾道駅をAM 6:10発の空港行きバスに乗り、広島空港へ ・・・

無事搭乗手続きを済ませて、一路台湾に旅立ちました。

今回のツアーは総勢36名です。

Img_3125

↑ 朝食の機内食

約1時間50分程のフライトで ・・・ 台湾に到着!

Img_3130

台湾空港では、現地ガイドの 「連さん」 が待って下さってました。

» 続きを読む

2018年1月11日 (木)

強烈な寒波!

早いもので1月ももう~半ば ・・・

穏やかで温かな新年をむかえましたが、

ここにきて日本列島がすっぽり大寒波に覆われています。

こちら山陽地方、雪の量はすくないものの、今朝は路面が凍結して

国道184号線やバイパスも大遅滞でした。

我が家の庭にもほんの少し雪が積もり、花々も寒そう~ sad

Img_3117

12月にも少し雪が降りましたが、路面が凍るほどでは無かったです!

Img_3118

遠くの景色もいちめん雪化粧です。

» 続きを読む

2018年1月 2日 (火)

2018年の幕開け!

慌ただしく過ぎ去った年末の日々 ・・・

昨年と一昨年はネットでお節料理を注文したけれど、

余り食べたいと思う物がなく家族に不評でした。

ってことで、今年はお煮しめ中心のお節ですが作りましたよ!

Img_3100

折角作るのならばと、お裾分けも含めてこんな量に ・・・

年末にはお野菜が全般的に高くて大変でした。

こちらでも白菜は一玉 300~400円、大根一本 200~300円、

キャベツも一玉 300円前後、レタス一玉 300円前後、サニーレタスも同じように

特に葉物野菜が高かったですね!

根菜類は、売り出しの日に、まとめて買っておいてたので良かったです。

» 続きを読む

2017年12月28日 (木)

年の瀬を迎えました~

クリスマスもアッと言う間に終わり

師走を迎え、お正月準備に忙しい(?)毎日ですぅ~ happy01

実はクリスマスのお料理もケーキも準備したのですが ・・・

写真を撮り忘れちゃいまして今年はアップ無しで~す!

それでは 「いかん「」 ってことで・・・

Img_3092

ケーキを焼くついでに、

紗有美と一緒に作ったクッキーとスイートポテトです。

Img_3094_2

最近の紗有美で~す!

» 続きを読む

2017年12月 6日 (水)

世田山・笠松山登山!

12/3(日)ワンゲル会12月例会で

四国の今治市と西条市の境に位置する世田山・笠松山に登って来ました。

12月例会と言うことで、下山後に温泉と美味しい食事で

忘年会登山なのです!

( 画像はすべて、クリックで大きくなります )

Img_2968

AM6時半出発し、「しまなみ海道」を渡っている途中、

丁度朝陽が昇ってきてとっても綺麗!!

Img_2972

山で迎える朝陽も感動しますが、海から昇る朝陽も幻想的で~す。

» 続きを読む

2017年11月16日 (木)

紅葉の三段峡・後編

紅葉の三段峡・前編 は・・・こちら

葭ヶ原 (よしがはら) で昼食を頂くことになった私達 ・・・

( 画像はすべて、クリックで大きくなります )

Img_2873

葭ヶ原 (よしがはら) は、ちょうど峡内の中心に位置しているので

広場のようになっていてベンチもあり、トイレも併設されているし

Img_2872_2

昼食タイムにはもってこいの場所でした。

» 続きを読む

2017年11月14日 (火)

紅葉の三段峡・前編

11/12(日)にワンゲル会で三段峡を歩いて来ました。

三段峡 は ・・・

広島県山県郡安芸太田町の太田川上流の支流・柴木川にある

長さ約16キロメートルの峡谷で、

日本の渓谷において、5つの特別名勝の1つに選定されています。

( 画像はすべて、クリックで大きくなります )

Img_2750

一帯は石英斑岩からなり、

長年の浸食によって節理が刻まれ、断層が露出したり、

大小様々な滝や淵などが織りなす峡谷は、16キロにも及びますが、

紅葉のこの時期、歩く価値は十分ありま~す!

歩き始めて直ぐにこんな紅葉 ・・・

Img_2754_3

今日は素晴らしいお天気になりそうでテンションが上がります。

» 続きを読む

2017年11月 3日 (金)

奥能登・女子旅 最終日

さて私達・女子旅もいよいよ今日が最終日です。

今朝も能登ロイヤルホテルで、朝食バイキングを頂きAM8時出発です!

奥能登大周遊12景の内、昨日までに8景の観光をし、

本日は残りの4景を回る予定です。

まずは、「ヤセの断崖に向けてバスは走ります。

( 画像はすべて、クリックで大きくなります )

Yase_danngai

石川県志賀町にあるヤセの断崖は、、風光明媚な景勝地として知られます。

能登金剛にある絶景スポットで、

松本清張の推理小説「ゼロの焦点」の舞台として一躍有名になった場所です。

Img_2613

断崖の高さは、元々35mあったそうです。

足がすくむ場所として人気の観光地でしたが、

2007年3月に発生した能登半島地震により、幅10mにわたって崩落してしまい、

現在は危険なため手前に柵が出来、

策の手前から海を望むようになっていました。

この断崖の上に立つと 「ヤセる」 思いがすることから、

ヤセの断崖の名がついたそうですよ!

Img_2614__3

義経の舟隠し は、源義経が源頼朝から逃れる途中、

舟を隠したといわれる断崖絶壁の入江です。

義経は、この入江に48隻もの舟を隠したと言われています。

義経がこの入江に舟を隠したのは、

敵から逃れるだけでなく、折りからの嵐を避けるためでもあったそうです。

» 続きを読む

« 奥能登・女子旅 続き

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

古着買取・Brandear

無料ブログはココログ