« 右田ヶ岳に登る! | トップページ | 作品! »

2015年5月26日 (火)

右田ヶ岳・・・下り編

右田ヶ岳山頂 (426m) で眺望を楽しんだ後、

天徳寺コースを下ります。

山頂からは、南から東側にかけて西ノ峰・前山の稜線、

その後ろに防府市内から瀬戸内海、遠くに国後半島まで見えることもあるそうです。

東に大平山・矢筈ケ岳 ↓ など180度の眺めも素晴らしい!

そうして登って来た道と右田の町並が広がってました。

( 画像はすべて、クリックで大きくなります )

Rimg0044

青い屋根の建物 ↑ が右田小学校で、バスから降りた辺りです。

眼下に素晴らしい景色を見ながら、岩尾根を下って行きます。

Rimg0053
↓ この尾根を下って行きま~す!

Rimg0056_2
ウォ~ 見ているだけでワクワクしちゃいますぅ~

Rimg0059

奇岩・大岩の連続で、何処を切り取っても絵になる構図!

カケスが 「危ないのでカメラを仕舞って歩くように」 と注意してるけど~

写真に撮らないなんて出来ないっす~

Rimg0060
だってさ~ 後ろを振り返れば青空・・・

こんな岩峰が目に飛び込んで来るんだよ~(v^ー゜)

この天徳寺コースは一番の人気のコースなのでしょうか~

午後にも拘わらず、途中で多くの方と出会います。

まだ幼い子供さんを連れたご家族も頑張って登ってきました。

Rimg0061_2
樹木の間に入れば岩峰は見えないけれど、結構急な下りでしたよ。

Rimg0067
累々と重なった岩の間を通りながら、

下って来た岩峰を振り返り、

素晴らしい青空のもとで歩けたことに感謝、感謝!!

Rimg0063

その昔、このような奇岩が起伏したこの山を攻めるには

想像を絶する困難を伴ったことでしょ~

敵の進攻を防ぐにはうってつけですよね!

Rimg0068
背後を振り返りつつ、

奇岩大岩を楽しみながら更に下って行きます。

Rimg0069_4
我々が下った岩場を登る人 ↑ を見送りながら、

岩場を楽しんだのでした。

Rimg0072_2
もう随分下って来たようですが、目の前にまだピーク ↑ が聳えています。

Rimg0073
振り返れば、

右田ヶ岳が 「またお出で~」 と見送ってくれていま~す!

Rimg0074
↑ この大岩の上に座りたい衝動にかられながら・・・

Rimg0075
いよいよ最後のピーク (石船山) ↑ を越えるため下って行きます。

石船山には、自然石に観音様が彫られていました。

Rimg0077
観音様や般若心経の刻まれた岩の間を通り抜け・・・

Rimg0079_2
岩に掘られた磨崖仏も見ながら、滑り易い道を下って行きます。

やがて大きな灯籠のある展望地に着きました。

Rimg0081
防府市街が見渡せ、終着の天徳寺が近いことが分かります。

Rimg0083_2
天徳寺の真上に、前岳(石船山)が聳えています。

曹洞宗 (禅宗) 天徳寺は、1192年に源頼朝が創建したお寺で、

右田毛利氏の菩提寺だそうです。

天徳寺の境内の木陰で大休憩で~す!

と言うのも体調が悪くて少し遅れた方とサポートして下さった方3名を、

足腰のばしながら待ちました。

その後、 国民宿舎・湯野荘で遅い昼食を頂き、汗を流して帰りました。

右田ヶ岳 ・・・ 登り編 を見る

« 右田ヶ岳に登る! | トップページ | 作品! »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
右田ヶ岳は九州からもほどほどのエリアなので自分達も過去4回ほど
登っています。足場も比較的よく 山頂からの眺望も素晴らしいですよね。
山頂ポールに今でも日章旗がありますか?
眼下には奇岩・奇峰あってなかなかロケも抜群 それに 新幹線&高速と 若干
騒々しいのが特徴の山ですが・・・
一番最後の登山は確か 八の字周回した記憶がありますよ。
市街地の山にしては大変面白かったですね・

山帽子さ~ん、レポ見て下さって有難う~~♪

えぇ~ 右田ヶ岳にもう4回も登られてるのですか~w(゚o゚)w

うんうん、足場もよく山頂からの眺望も素晴らしい山ですよね。
私達が登った時、山頂ポールに日章旗あったのかな~
子供達が沢山いて分からなかったのかも~です。

本当に奇岩、奇峰が見事な山で、登るのに楽しい山ですよね~

>一番最後の登山は確か 八の字周回した記憶がありますよ。
八の字周回って、何処を起点に歩かれたのかな?

記録を拝見させて頂きながら、こちら山梨県にある瑞牆山に似ているなあ~と思いました。
カラッチさんて「ヤギ年?」
高い所や岩に登るのが好きなんて、すごいね!!
幼稚園生も登っているなって、またまたすごいね!

尾道の撮影会YouTubeを拝見しました。
上手に撮れているね♪
一生懸命なのが伝わってくる写真でした。先生も良い講評をしてくださっていたね。
今度有ったらまた参加するの?

睦月さ~ん、見て下さって有難う~~

>こちら山梨県にある瑞牆山に似ているなあ~と思いました。
ハーイ、瑞牆山ほどでは無いけど・・・ミニ瑞牆山ってところかしら~(笑)

あっはっはぁ~ ヤギ年ではないけど~ サルだからかなぁ~
このような岩場は大好きなんですよ~ヽ(´▽`)/

うんうん年長さんとは言え、幼稚園児が登って行くのには吃驚でした。
お友達と一緒だったら登れるのでしょうかね~

尾道の撮影会YouTubeも見て下さったのね~ 有難うね。。

>一生懸命なのが伝わってくる写真でした。
ポリポリ・・・(゚ー゚; 参加者の中にはとてもお上手そうな人もいて、初参加のカラッチ、一生懸命でしたよ。
今度また近くであったら、是非参加してみたいなと思ってますよ~

カラッチさ~ん、こんばんは。

右田ヶ岳、両方のレポ、拝見いたしました。
とても素晴らしい山ですね!瑞牆山にある奇岩と似ているな~
って、私も思いました。

それにしても、標高差400mも登られたなんて凄いですね~
ハイキングコースでもあり、ロッククライミングもできるなんてね!
私も、簡単な岩登りは大好きですよ~
今度、計画している「乾徳山」もかなり岩場がありそうで、
今からワクワクしています。

あずささ~ん、レポ見て下さって有難う~(゚▽゚*)

右田ヶ岳、いい山でしょ~
町中の近場にあり、色んなコースがあって面白い山だなって思いますよ!
あずささんも瑞牆山の奇岩に似ているって思われたのね。
上に書き込みされた睦月さんもそう書かれてました。
後で見ると、なるほど・・・上に突き出た岩がそれとなく見えますね~

標高差400m程でだったけど、登り一辺倒の山ではないのでそんなにきつくは感じなかったですよ~
幼稚園児でも登れるハイキングコースもありました。

あずさ隊は、夏の北岳に向けてトレーニングの山は乾徳山ですね!
乾徳山も頂上直下は素晴らしい岩場ですよね。
ここは本格的なロッククライミングって感じですよね!
カラッチ隊もいつか登りたいと思っている山で~す

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 右田ヶ岳・・・下り編:

« 右田ヶ岳に登る! | トップページ | 作品! »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ