« 訓練登山 6 | トップページ | 根子岳~四阿山 一日目 »

2016年6月27日 (月)

訓練登山 7

先週 に続いて今回も訓練登山・・・

御調八幡宮から竜王山に登る予定で、御調坂(みとさか)への分岐まで登り、

さて本日はここからどうするか相談で~す!

先日来の雨で川の水がかなり増水し、

登山道にも流れたようでトレイルはかなり荒れてました。

( 画像はすべて、クリックで大きくなります )

Img_0060

登山道沿いの小さな川も水量が豊富です。

そんな中、テイカズラやウツボグサが目を楽しませてくれました。

Img_0061

I さんは登山道に流れ込んだ水を脇の溝に戻すように、

石や流れた枝を取り払って登山道の修復をされてましたよ!

エライ good !!

Img_0058

一週間違うと咲いているお花もかなり少なくなりました。

御調八幡宮から分岐まで1時間半歩き、

御調坂 (みとさか) ・・・ 辻堂への分岐の峠まで登ってきました。

Img_0063

竜王山へはここから30分もあれば登れますが ・・・

皆さん反対側の、御調坂 (みとさか) ・・・ 辻堂への道を歩いてみたい由、

御調坂 (みとさか) への道を歩くことに決定!!

Img_0065

最初は緩やかなアップダウンを繰り返しながらのトレイル ・・・

Img_0066

御調坂(みとさか)への道を左に取り、ここでコーヒータイム!!

Img_0067

T さん差し入れのコーヒーに皆さんからのお菓子 ・・・

ここまでも結構歩いて来ました。

Img_0069

このコースも木陰が多いので、夏の訓練には良いコースで~す。

Img_0073

何度かこんな馬の背のようなトレイルも通り ・・・

Img_0076

ここでまた左にコースを取ります。 イノシシのヌタ場!

Img_0077

真新しい大きなサルのコシカケ ・・・

Img_0078

木陰のフラットな道をかなり歩きましたが ・・・

この辺りから急な下りのルートなり、

御調坂 (みとさか) ・・・ 辻堂に到着しました。

Img_0085

御調坂 (みとさか) ・・・ 辻堂

御調八幡宮縁起によれば、和気の清麻呂が時の天皇の意に添わなかったため、

九州に流された時、姉の広虫(法均尼)は、三原沖より中之町賀羅加波神社へ上陸し、

この御調坂を越えて御調八幡宮に至ったと記されています。

この峠は海陸を結ぶ重要な交通路で、旅人は疲れた脚をこの辻堂で休めたそうです。

Img_0081

辻堂前に咲いていたオカトラノオ

オカトラノオ(丘虎の尾) ・・・ サクラソウ科オカトラノオ属の多年草で、

6月から7月にかけ、白色の小さな花を茎の先に総状につけ、

花穂の先端が虎の尾のように垂れ下がることから

オカトラノオ(「丘虎の尾)と名づけられました。

Img_0086

辻堂からの下りが、これまたここ数日の雨で大きく掘れていて

こんな道がしばらく続きました。

Img_0087

↑ ・・・ 延命の泉 (化粧坂の水)

奈良時代(西暦769年)、和気清麻呂の姉・和気広虫姫(法均尼)が、

山越(御調坂)えして人里が見えたので、

水に顔を写し化粧を直し汗をぬぐったと伝えられ、

この水を飲むと長生き出来ると言い伝えられています。

それにしてもこんな道を、その昔わら草履でよく歩いたものです。

Img_0088

やっと少し道が良くなったと言ってもこんな状態で~す。

Img_0089

途中から眺めた御調町の町でしょうか~

和気広虫姫(法均尼)も見たであろう景色!!

Img_0094

またまたこんなえぐれた道を通り ・・・

Img_0099

中国自然歩道の標識のある場所まで下りてきました。

Img_0101

 オカトラノオ群生が見事でしたよ!

Img_0102

中国自然歩道の標識に従い、下って行きます。

山陽自動車道の下をくぐり、更に下って行き農家の墓所の陰で昼食タイム!

Img_0103

近くに咲いていたお花 ・・・

Img_0105

ヒメジョオン(姫女苑)の蜜を吸う ↑ ベニシジミ (紅小灰蝶)

ハルジオンとヒメジョオンよく似てるので見分けが難しいですよね。

ハルジオン(春紫苑)の花は、糸のように細いのだそうです。

一方、ヒメジョオン(姫女苑)の花は、幅があって「はなびら」って感じらしいけど、

一番良く分かるのは、茎を折ってみて

茎の中が空洞がなのがハルジオンで、中が詰まっていたらヒメジョオンだそうです。

春になって先に咲くのはハルジオンで、

それが終わりごろになって咲き出すのがヒメジョオンです。

いずれも、キク科ムカシヨモギ属で道端で良く見かける雑草ですね!

Img_0108

アベリアかな~?

アベリア ・・・ 和名はハナツクバネウツギ(花衝羽根空木)で、

スイカズラ科 ツクバネウツギ属

公園などの生け垣によく使われ、春~秋のかなり長期に渡って、

釣鐘形の小さい花を多数咲かせます。

花の香りが非常に強いので、多様な蜂や蝶が吸蜜に集まるようです。

Img_0109

御調坂 (みとさか) ・・・ 辻堂 から中国自然歩道を通り

御調八幡宮より大分手前に下りて来たので

車道を歩いて車を置いていた御調八幡宮駐車場まで歩いて戻りました。

Img_0110

↑ この稜線をづっと歩いたのですよ!

いやぁ~ 良く歩きました~scissors

お昼は皆で分け合ってお弁当を食べたので、

うら湯 で汗を流し、それぞれラーメンや蕎麦など食べて帰りました。

梅雨の晴れ間をぬって良い訓練登山が出来ました。

6/30~7/2まで根子岳~四阿山 を歩いてきます。

« 訓練登山 6 | トップページ | 根子岳~四阿山 一日目 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

あらら、結構なルートでしたね。
登山後は浦島温泉に浸かって汗を流してサッパリでしたね~充実した一日ですね!
本当に健康的でいいわ♪

おお!遠征!根子岳もお花が沢山咲いているでしょうね~四阿山まで縦走するんですか、楽しみですね。
なーん年も前に行ったんですよ、夫は四阿山まで私は根子岳のみで下ってマッタリ待ちぼうけ食ってってましたよ、今じゃ夫は単独登山三昧、今日も朝早く出かけてメッチャ楽しんでますよ!
やはり来月のおおどころを目指してワクワク足慣らしのようですsmile


千春ちゃ~ん、早速見てくれて有難う~~(*^-^)

ハーイ、結構アップダウンもあり良い訓練になりましたよ!
大汗かいて、spa で汗を流しスッキリしました~

>なーん年も前に行ったんですよ、夫は四阿山まで私は根子岳のみで下ってマッタリ待ちぼうけ・・・
そうなんだぁ~ 千春ちゃんは根子岳だけ登ったのね。
カラッチも2008年8月に四阿山~根子岳歩いてるんですよ~happy01
今回は山の会の7月例会で登るのよ!

ご主人も今日は、来月の大きな山の訓練に行かれたのね~scissors

登山訓練も7回目ですか~もう余裕たっぷりですね!
今日から、四阿山~根子岳にお出かけなんですね~

我々は、27日に「大菩薩嶺」を歩いて来ました。
もう直ぐ「北岳」が楽しみ(o^-^o)

今頃は楽しんでいることでしょうね。

毎週訓練するカラッチ隊には頭が下がるよ~ん。

燕は8月ですか?
余裕でしょうね・・いいな。。

あずさちゃ~ん、昨夜(7/2)遅く帰ってきました~(*^-^)

登山訓練・・・いやいや近場も含めて回数だけはあるいているけど~
実際今回、四阿山歩いてみて年々歳を重ねている分、かなり脚力は弱ってるなと実感しました~coldsweats01
根子岳から四阿山の一日、歩いた時間は8時間程でした。
いやぁ~ 今日は疲れちゃってやっと洗濯終わっただけですぅ~(;´Д`A ```

あずさ隊も6/27に「大菩薩嶺」を歩いてきたのね~
もう直ぐ、北岳に登るのね~~sweat01sweat01
一昨日も気温が高くて沢山ポカリとか飲みましたよ!
しっかり水分補給して楽しんで歩いて来てね~up

milkちゃ~ん、ハーイ根子岳~四阿山楽しんで(?)歩いて来ました~footfoot
昨日(7/2)は湯ノ丸山にも登ってきました~
私達が四阿山~根子岳歩いたのは、もう8年前で「あの頃は若かったな~」って実感でした~
coldsweats02
年々年を重ねる毎に、脚力や体力は反比例して減っていくので・・・
あれだけ訓練登山で歩いても、余裕などありましぇ~ん~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

訓練登山はもちろん自分自身の為でもあるけど、一緒に登る人達と少しでも歩いておかなくっちゃ~
って感じで歩いてましたよ。
でもやはりこの年になると、百名山は相当きつかったですわ~sweat01sweat01

燕岳・・・リーダーが出来るかしらんと不安がよぎりますぅ~
標高差1300mの登り一辺倒だもんね~
余裕なんて、ナッシングだわ~~wobbly

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1413126/66224291

この記事へのトラックバック一覧です: 訓練登山 7:

« 訓練登山 6 | トップページ | 根子岳~四阿山 一日目 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

古着買取・Brandear

無料ブログはココログ