« 根子岳~四阿山縦走 二日目・・・四阿山編 | トップページ | 同窓会 »

2016年7月 9日 (土)

根子岳~四阿山 三日目・・・湯ノ丸山

 根子岳~四阿山縦走

7/2(土) 三日目 ・・・ 湯ノ丸山編

7/1(金)に根子岳~四阿山縦走 して下山後、あずまや高原ホテルに泊まり

翌朝(7/2)、朝食のバイキングを頂き、

バスで県道の通っている地蔵峠の湯ノ丸高原スキー場に到着しました。

早速登山の準備をして、湯ノ丸山まで登ります。

湯ノ丸山は、長野県東御市・上田市と群馬県嬬恋村の県境にある

標高 2,101m の山です。

浅間連峰の西側に位置し、山麓には湯の丸スキー場・鹿沢スノーエリアがあり

山頂近くのつつじ平には、60万株にもおよぶレンゲツツジの大群落もあり、

国の天然記念物に指定されています。

シーズンには山肌を朱色に染め、それはそれは素晴らしいそうですよ!

( 画像はすべて、クリックで大きくなります )

Img_yumomaru3

湯の丸高原の標高が 1732m なので、370m 程の登りです。

本日はお昼頃までに下山して、岐路につきます。

Img_0291

先頭を歩く、今回のリーダーMちゃん!!

湯の丸スキー場の建物の前(リフトの右側)の斜面の

牛よけの柵をくぐり登って行きます。

Img_0295

牛が放牧され、Mさんが手を差し伸べると近寄ってきました。

Img_0296

西篭ノ登山 (にしかごのとやま) ↑ とスキー場が見えてます。

下に見える ↑ スキー場の建物からこの斜面を登ってきました。

Img_0299

スキー場リフト乗り場まで登ると、一旦平地となり、

右につつじ平の看板を見てさらに進む ・・・

一番見頃の つつじ平のレンゲツツジは こちら でどうぞ~

Img_0303

上信越高原国立公園・湯の丸高原の大きな看板がありました。

Img_0300

さらに歩いて行くと、目の前に湯ノ丸山が見えてきました。

Img_0301

東屋を通り越し・・・

Img_0305

鐘分岐 (湯の丸山・地蔵峠分岐) の所で立休憩!

これから本格的な登りとなります。

Img_0307

シャジクソウ (車軸草) ・・・ マメ亜科ジャクソウ属の多年草で、

葉が車輪の軸のように付くからその名が付いたそうです。

茎は地を這うようにのび、葉は三小葉。希に四、五及び七小葉もあるようです。

長さ1cmほどの小さな蝶形の花を密集して咲かせ球状の花序をつくる。

アカツメクサ(赤詰草)・シロツメクサ(白詰草)も同じ仲間だそうです。

Img_0308

ニシキウツギ(二色空木)・・・スイカズラ科タニウツギ属の落葉小高木

花の咲きはじめは白、だんだん紅色に色付き、やがて暗紅色に変化していきます。

花色が変化するのはニシキウツギとハコネウツギの2種類です。

Img_0312

ミネウスユキソウ (峰薄雪草) ・・・ キク科ウスユキソウ属

和名は、白色の苞葉が白く、薄雪が積もったように見えることから名付けられました。

Img_0313

ゴゼンタチバナ(御前橘)・・・ミズキ科ゴゼンタチバナ属

名前の「御前」は白山の主峰・御前峰(ごぜんがみね)のことで、

4枚の白い花びらのように見えるのは、

冬芽などを覆っている硬い殻と同じ「苞」で、

真ん中に20個ほど集まっているのが花だそうですよ!

Img_0314

ハクサンシャックナゲ(白山石楠花)・・・ツツジ科ツツジ属シャクナゲ亜属の低木

風に揺れて上手く写せな~い!

Img_0316

コイワカガミ (小岩鏡) ・・・ イワウメ科イワカガミ属

岩鏡の名は、岩場に生え、光沢のある葉を鏡に見立ていることに由来する。

Img_0317

標高差はあまりないけど、結構急登です。

Img_0319

写真を写すカラッチ、最後尾のMさんよりどんどん遅れますぅ~

Img_0345

風で揺れてなかなか写せなかったハクサンシャクナゲ、やっと写せました!

ハクサンシャクナゲ(白山石楠花)・・・ツツジ科ツツジ属

亜高山帯の暗い針葉樹林内を彩る代表的な花で、白~淡いピンク色の花を付けます。

Img_0320

白花のハクサンシャクナゲも・・・

Img_0322

これが最後の急登かなぁ~

Img_0348

サラサドウダンツツジ (更紗灯台躑躅) ・・・ ツツジ科ドウダンツツジ属

樹高は2-5mになり、若い枝は無毛で、枝先に長さ2-3cmの総状花序をつけ、

10個ほどの花が1-2cmの花柄の先端に下垂してつきます。

鐘形で先端は浅く5裂し、花冠の色は先端が淡紅色になり

下部は黄白色で紅色の縦条が入る。

Img_0347

最後の急登かと思ったら、まだ先があったよぉ~(。>0<。)

Img_0328

これを登れば山頂かな~?

Img_0337

着きました~ 湯ノ丸山々頂 ・・・ 2,101m

後ろの尖った山が、烏帽子岳です。

山頂は物凄い風で立っておれないくらい!

Img_0329

ダブルMさん達も耐風姿勢を保つのがやっと ・・・

ん!?! 男性のMさんは余裕がありそう~(笑)

風が強いので少し眺望を楽しんで下山です。

Img_0339

登る方も下る方も大変です。

この日は風が強かったにもかかわらず、沢山の登山者が登ってらっしゃいましたよ!

中には小さなお子様連れのご家族、社会人一年生の団体さん等、

比較的楽に山頂踏めて、眺望を楽しみに登られるのでしょね。

快晴ならば、北アルプスなどの展望台と言われる山頂らしいですが ・・・

風が強いので同じコースを下りましたよ。

下山後、鹿沢(かざわ)温泉・紅葉館 で汗を流し。

Img_0366

併設の上州喜庵・雨過山坊(あまかさんぼう) で天ざるを食べて

須坂長野東ICから高速に乗り、一路岐路に着きました

雨過山坊前に咲いていた、クリンソウ!

Img_0367

クリンソウ(九輪草)・・・サクラソウ科サクラソウ属の多年草

花は花茎を中心に円状につき、

数段に重なる姿が仏閣の屋根にある 「九輪」 に似ていることが名前の由来で、

花の色は濃い紅紫色が普通だが、ときにピンクや白なども・・・

そうして最後の最後、高速に乗る前に北アルプスなどが見えましたよ。

( 画像をクリックして大きくして見てね )

Img_0373_2_2

槍ケ岳・穂高など北アルプスの峰々 ・・・

Img_0376_2

甲斐駒ケ岳 ・・・ 仙丈ケ岳

Img_0370

鹿島槍ケ岳 ・・・ 八ツ峰キレット ・・・ 五竜岳

梅雨の最中での山行きでしたが、雨にも遭わず

快晴とまではいかなかったけどお天気に恵まれ、思い出に残る山歩きが出来ました。

最後に北アルプスや南アルプスの眺望も楽しめました。

長いレポを最後までご覧頂き有難うございました。

根子岳・四阿山 一日目

根子岳・四阿山 二日目 ・・・ 根子岳編

根子岳・四阿山 二日目 ・・・ 四阿山編

« 根子岳~四阿山縦走 二日目・・・四阿山編 | トップページ | 同窓会 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

湯ノ丸山で名刺を頂いたコリスです。
子供達にも優しく声を掛けて頂いて嬉しかったです。
あの日の山頂は風がきつかったですね。

写真を撮られてましたが、歩きながら綺麗に写されてましたね。
ホームページも帰宅してから拝見しましたが、日本百名山もすべて登られて凄いです。

4日間の山歩き、素晴らしいねぇ~
この中で私は湯の丸山に登っています。
花の多い山でした。

しかし、カラッチさんたちは毎日元気に歩いて、もうただびっくりポンです。
全工程のレポを楽しませて貰いながら読み、感心しきりです。

いよいよこれからは、夏山計画ですか。
レポ読むの楽しみにしているからね。

コリスさ~ん、湯ノ丸山ではお子様達が小さいのによく頑張って登られてましたね~note
私達が登った時は山頂、凄い風でしたが、やはりまだ吹いていたのですね。

あの日は大勢の方が登られてましたね。
小さなお子様達が頑張って登られる姿に元気頂きましたよ~scissors

HPも見て下さったのですね。 有難うございました~ o(_ _)oペコッ
百名山はほとんど夫と二人で登りましたよ!

>写真を撮られてましたが、歩きながら綺麗に写されてましたね。
いえいえ、歩きながらなのでピンボケ写真も多いのですよ~coldsweats01

また何時でも遊びにいらっしゃって下さいね。。

山百合さ~ん、四つのレポになっちゃったけど二泊三日の山行きだったのよ~coldsweats01
二日目を長くなるので、根子岳編と四阿山編に分けたので紛らわしかったね。

山百合さんも湯ノ丸山に登っているんですね。
花が多かったってことは、やはりこの時期だったのかな?

>カラッチさんたちは毎日元気に歩いて、もうただびっくりポンです。
ポリポリ・・・北アルプスなど大きな山にはもう3年ほど登って無いので、訓練登山ですぅ~

>いよいよこれからは、夏山計画ですか。
それがね、本当は6月初めに尾瀬の水芭蕉を見に行くつもりだったんだけど、今年は1ケ月も早かったらしいの~
8月はカラッチがリーダー担当の燕岳が山の会の行事であるし、カラッチ隊の夏山計画は頓挫しました~(。>0<。)

湯の丸山もお花が多く、歩きやすそうで良いコースですね!
ミネウスユキソウも見れて、羨ましいですぅ^^

尾瀬を歩く予定でしたか~それは残念でしたね。
私達も、北岳に行く前に「至仏山」に登る予定を立てていましたが、
お天気もまだ不安定なので、断念しました。

8月にはいよいよ燕岳ですね~好天に恵まれますようにgood

あずさちゃ~ん、湯ノ丸山・・・とっても良い山でしたよ~scissors

お花も結構咲いていて、何より晴れていればアルプス展望の山なんですよ!!
そちらから近ければ、ぜひお勧めの山ですね!!
あの日も、家族連れや団体さんが沢山登られてました~(*゚▽゚)ノ

>私達も、北岳に行く前に「至仏山」に登る予定を立てていましたが・・・
この時期まだ梅雨が明けないので、お天気読むのが難しいですよね。
尾瀬・・・ミズバショウが咲き始めの頃歩きたかったのですが今年は5月初めが見頃だったそうです。

あずさ隊の北岳は、梅雨明けを待っての登山ですね~
お互いに北岳も、燕岳もお天気が良いといいですね~sun
暑くとも快晴の中、登りたいものね。。

いいな、いいな、健脚ぶりを拝見いたしました!!

懐かしい根子岳でした~四阿山までの、あのガクーンと下るコルを上から眺めて登り返すのかと思うとゾッとしていた私ですから(笑)その行程も興味深く読ませていただきました。

牧場のあたりも広々と気持ち良いけれど牛が居るとブンブンと虫が彷徨って不快でもあるんですけれどね、お花の撮影も本腰を入れて撮られているしね~団体行動だと気が競って神経も遣い大変だと察しますが上手に花を捉えているぅ~~uprock

気ごころ知れた良いお仲間と楽しい雰囲気が伝わってきますね(o^-^o)

千春ちゃ~ん、見てくれて有難うね~(*^-^)

>四阿山までの、あのガクーンと下るコルを上から眺めて登り返すのかと・・・
千春ちゃんは根子岳まで登ったのよね~
カラッチ隊が2008年に歩いた時は四阿山→根子岳だったから、あの急な登り登って無いのよ!
そんなに長い登りではないけど、結構急で足元は悪いし、ブヨがいっぱいで早く抜けたかったよぉ~

お天気が良い日には、根子岳からも四阿山からも湯ノ丸山からも北アルプスなどの眺望抜群なので
とっても良い山だと思いま~す。

うんうん、牧場・・・確かに虫がいますよね~gawk

>団体行動だと気が競って神経も遣い大変だと察しますが上手に花を捉えているぅ~
そうなのよ~  他には誰も殆ど写真など撮らないので、一番しんがりは何時もカラッチで~すcoldsweats01
上手に花を捉えてるって言ってもらって写した甲斐がありますぅ~camera
でも写した画像も使い物にならないのがおおいのよ~

ハーイ気心知れた山仲間と一緒に歩くのは楽しいよ~~(*゚▽゚)ノ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1413126/66406214

この記事へのトラックバック一覧です: 根子岳~四阿山 三日目・・・湯ノ丸山:

« 根子岳~四阿山縦走 二日目・・・四阿山編 | トップページ | 同窓会 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

古着買取・Brandear

無料ブログはココログ