« 半田山植物公園と操山 | トップページ | ウォークラリーに参加! »

2017年3月 1日 (水)

蓮華寺山~光城山縦走

広島市の瀬野川を南に見下ろす蓮華寺山(374m)と高城山(496.1m)

市街地から近いことから、

広島周辺のハイカーに人気なハイキングスポットとなっているようです。

2月のワンゲル例会は、カケスと孫がインフルに罹ったため欠席!

カラッチも確実にうつってると思ったら、意外やいがい

何故だかインフルには罹らなかったのですうぅ~ happy01

と言うことで久々にワンゲル2月例会登山に参加です!

尾道から一時間少々バスに揺られ・・・

Img_1218_2

蓮華寺山の登山口近くの安芸中野駅前でバスを降りた私達は、

蓮華寺山憩いの森案内図に従って

Img_1217_2

左に竹林を見ながら蓮華寺への階段を登って行きます。

Img_1219_2

程なくして、広島新四国八十八ヶ所第三十六番霊場 である

蓮華寺の旗が見えてきました。

Img_1220_2_2

早速名峰院・蓮華寺に参拝し、無事の登山をお願いする。

八十八ヶ所石仏の由来が書いてありました。

Img_1222_2

蓮華弁財天の脇を通り、赤い鳥居をくぐったら

いよいよ登山の開始です!

Img_1223_2

結構な坂を登って行きます。

Img_1225_2

蓮華寺白龍社

蓮華寺境内の東西両側の谷には、昔から蝮 (まむし) がいて、

その害に農作業する人が困っていた為、

蓮華寺初代・眞教僧都が蝮の被害防止と、

山中の安全を祈願して建立したのだそうです。

平成13年の安芸灘地震で倒壊した為、新しく再建されたもの。

Img_1227

トレイルは穏やかに登ったり ・・・

Img_1224

まず最初、一番目の石仏がお出迎えです。

Img_1228

急になったり ・・・

Img_1229

阿弥陀如来や薬師如来など沢山の石仏が出迎えてくれました。

Img_1230

そうしていよいよ八十八番目の石仏です。

お蔭をいっぱい貰って、全員無事に登山出来ました。

ここまで来ると稜線はもう直ぐそこかな~

Img_1232

開けた広い場所に出たと思ったら ・・・

どうやらここは元々蓮華寺があった場所らしく

弘法大師上蹟地と刻まれた石碑が立っていましたよ!

Img_1234

更に、蓮花寺山頂まで歩きます。

Img_1236

蓮華寺山のトレイルには地元の方植えられた桜の木が沢山!

きっと桜が満開の頃は見事なことでしょう~

何でも1000本の桜が植えられているそうです。

桜と共にヤブツバキの木も沢山ありました。

Img_1239

ヤブツバキって可憐ですね。

花の無いこの時期、目を楽しませてくれました。

Img_1238

蓮華寺山々頂 ・・・ 374m

正面に鉾取山など安芸アルプスの山々が見渡せます。

蓮華寺山で昼食を済ませ、これから光城山に向けて出発です。

Img_1242

本当に散策道のような歩き易いトレイルが続きます。

Img_1243

ヤブツバキの木の尾根道が続きます。

ヤブツバキもまだこれからでしょうか~ 花の数は少なかったです。

おやこれは ・・・

Img_1244

猪のヌタ場のようです!

白く見える立て看板に、何方が書かれたのでしょうか~

蓮華寺温泉 「猪の湯」 とありました~(笑)

泉質 ・・・ 単純温泉

効能 ・・・ 疲労回復・害虫予防

湯上りに体を木に擦り付けると効果は倍増 ですって~

あきく魅力探検隊の方のユーモアに脱帽!!

我が会の会長さん曰く ・・・

混浴ですのでどうぞ遠慮せずにゆっくり浸かって行って下さい だって~

(゚∀゚) アチャ~~

Img_1245

歩き易い尾根道をどんどん進んで行くと ・・・

Img_1246

1.4キロ ← 蓮華寺山へ ・・・ 光城山へ → 1.2キロ

の標識です。

蓮華寺から半分以上歩いて来たようです。

Img_1248

一度下り、鞍部から本日一番の急な登りが待っていました。

最後の急登を喘ぎながら登ると光城山です!

Img_1249

光城山々頂 ・・・ 496.1m

光城山からも安芸アルプスの山々が良く見えました。

Img_1251_2

絵下山 (えげさん) の鉄塔 ↑ 見えますか~

Img_1253

光城山からの下りは、ロープも張ってあるような急な下りあり、

足元に注意しながら下って行きます。

ひとしきり下って行くと・・・

Img_1254

右に ・・・ みどり下登山口 (瀬野駅)

左に ・・・ みどり上登山口 (スカイレール)

と書かれた標識に出合いました。

本来なら みどり下登山口 (瀬野駅)に下るところですが、

本日のリーダー H さんの計らいで

スカイレールなるものに初めて乗ることになりました。

Img_1256

木々の間から 「みどり坂」 の街並み ↑ が見えてきました。

大手住宅メーカーの積水ハウスは、

1998年、瀬野駅の北側斜面を切り拓き、新興住宅地 「みどり坂」 を造成し

住宅地への交通システム 「スカイレール」 とセットになった新しい街を造りました。

Img_1257

短距離交通システム 「スカイレール」 とは、

ロープウェイとモノレールを足して二で割ったような新交通システムで

急斜面の狭い用地にも容易に建設できる上、

桁構造のため急カーブにも対応可能、強風にも強いとまさにいいとこ取りだそうです。

全国的にも他に例のない珍しい乗り物なのです。

Img_1258

それでは、みどり中央駅から瀬野駅までスカイレールに乗ってみましょう~

この乗り物、ホームドア、上下線別に自動改札機が設置されています。

Img_1264

「みどり坂」の美しい街並みを上から眺めながら、

何だか空中遊泳しているような感覚ですぅ~

発車してすぐに、ロープウェイとの明らかな違いを感じました。

まず、その速度と駆動力!

みどり中央駅を出てすぐ、急勾配を下って行きますが、

力強くスイスイ駆け下りる感じです。

Img_1266

みどり中街駅

新興住宅地・みどり坂の中心地でスーパーなどもあるようです。

一旦停まりますが、そのまま直ぐまた出発です。

Img_1267

車窓の眺めもなかなか良いです。 広島市街地の方も望むことが出来ます。

ただ、スカイレールの通る下の住宅の方は、庭やら洗濯物が

すこし気になるかも~

このスカイレール、小学生専用車両と言うのがあって、

登下校の時間帯だけ

「瀬野小学校通学専用車両」 になるらしいです。

珍しい乗り物に乗せて頂いてリーダーの H さんに感謝です。

Img_1270

下山後、安芸の湯 に寄ってリフレッシュして帰りました。

安芸中野駅から瀬野駅までの2駅間を、5時間弱かけて歩いたことになります。

電車に乗ると5分程度の距離だけど遠回りしたものです。

でも楽しく歩くことが出来ました~ (#^^#)

« 半田山植物公園と操山 | トップページ | ウォークラリーに参加! »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~
カラッチさんはインフルにも負けず、精力的に山歩きされていますね!
桜の咲く頃には、素敵なハイキングコースになりそう~
「猪の湯」には笑っちゃいますね(^0^)

スカイレール、良いですね~横浜の街にも欲しい位ですぅ

あずささ~ん、おはよう~note

ハーイ、何故だかカラッチだけインフルに罹らなかったのよ~
いえいえ・・・精力的ってほどでは無いのよ!
最近は一ケ月に一度、ワンゲルの会に参加する程度だもんね。

蓮華寺山~光城山はさほどアップダウンもなく素晴らしいコースでした。
桜の頃にもう一度歩きたいなと思いましたよ~

「猪の湯」あのユーモアには完敗でしたよ~happy01
猪のヌタバは里山でよく見かけるけど、効能まで書いてあったのは初めて、ユーモアセンス抜群!

横浜も坂道が多いものね。
スカイレール、本当によく考えられ田乗り物だと思いました~

定期的に足慣らししてらっしゃいますね~元気なお仲間との繋がり何よりですね!

みどり坂っていう地区、積水ハウスが手掛けた新興住宅地なんですね~目新しい景色というか住宅地の中央に沿ってモノレールが走っているの面白い光景ですね。
住民の方は便利に利用されているのでしょうね。
ちなみに乗車料金はお高いのですか?

里山のようだけれど登り応えあるし途中にイノシシさんの温泉なども目にしながら、なかなか変化に富んだイイコースばかりで私も楽しませていただきましたhappy01paper

千春ちゃ~ん、うんうん足慣らしと例会参加の登山ですぅ~happy01

みどり坂ニュータウンは、平成9年に入居が始まり、翌年からスカイレールの運航がはじまったそうです。
なのでもう20年も経過しているのですが、今まで広島方面に行くことがあっても見上げて見るだけの
スカイレールでしたが今回乗ることが出来て良かったで~す!

>住宅地の中央に沿ってモノレールが走っているの面白い光景ですね。
ハーイ、本当にこのような団地は全国でも珍しいと思います。
朝夕の通勤、通学時には利用者も多いそうですが、昼間はやはり車社会の影響で利用者も少ないそうです。
私達が乗った時も団地の方はお一人だけでした。
料金は一人160円で、それは住民の方も同じだそうです。 団地の方にとっては、少し高いかなと感じましたよ。

長いレポ見て下さって有難う~note 結構良いコースでしたよ。
イノシシのあのヌタバには笑っちゃいますよね。  あのユーモアには脱帽でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1413126/69747276

この記事へのトラックバック一覧です: 蓮華寺山~光城山縦走:

« 半田山植物公園と操山 | トップページ | ウォークラリーに参加! »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

古着買取・Brandear

無料ブログはココログ