« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月の記事

2017年5月28日 (日)

孫の運動会とブラタモリ

5/28(日)に孫の運動会が晴天の中開催されました~

Img_2023

二年生の徒競走は午前中の競技の最初の頃あったのですが ・・・

学校まで近いので時間を調整して行った

じぃじ&ばぁばは、間に合わなかったのですぅ~ coldsweats01

結果はママに聞いたのですが、内緒にしておきます~(汗)

二年生のもう一つの演技は ・・・

恋ダンスになぞらえて、「 栗ダンス 」です!

Img_2015

家でも結構、恋ダンス踊っていたので、バッチリです。

だけど写真で見ると、皆バラバラ~(笑)

でも一生懸命踊ったってことで 💮 (花丸)

午前中の競技がすべて終わって、体育館で昼食タイム!

Img_2018

ママが朝早く起きて、作ってくれました~ delicious

午後からは、一年生と二年生一緒の競技でした。

Img_2019

一本の長い棒を横に4人で持ち、グルグル回って行く競技でしたが

孫は一番外側を廻るので、振り放されそうになったそうです。

今年の運動会も無事終了です。

新学期になって短い時間の中、良く練習して素晴らしい運動会でした。

====================

続きを読む "孫の運動会とブラタモリ" »

2017年5月22日 (月)

久井の岩海と山野草

先日久し振りに M ちゃんと、広島県三原市久井の海岩 を見に行って来ました。

1964年 国の天然記念物に指定されているそうです。

Img_1964

久井の岩海は、三原市久井町の宇根山中腹にあり

花崗閃緑岩が節理作用などで風化分解され、

それが累積分布してできた帯状の地帯のことで ・・・

Img_1979

おおごうろ・なかごうろ・こごうろ・ゼニガメごうろなどの数種類の

岩礫の帯状分布が見られます。

中でもおおごうろは長さ 350m、幅 90m の範囲に分布しており、

その深さも 10m にも及ぶそうです。

Img_1978

こんな山の中に不思議な現象で~す。

また一部の場所で、地底部を流れる水流音を聴ける所がありましたよ。

Img_1966

水音峡 ↑ と言う素敵な名前でした。

Img_1980

久井の岩海については ・・・ こちら

の 「宮窪のおっさん」 と言う方が詳しく書かれていますのでどうぞ~

====================

続きを読む "久井の岩海と山野草" »

2017年5月16日 (火)

玉峰山 ・・・ 後編

玉峰山前編は ・・・ こちら 

玉峰山々頂で早めの昼食を済ませ、登山道を登っていると ・・・

この登山道で特徴的なスミレの葉がづっと目についていました。

だけどいっこうにお花は咲いていましぇ~ん coldsweats02

( 画像はすべて、クリックで大きくなります )

Img_1889

そうしてやっとお目当てのお花に出逢うことが出来ました~

Img_1891

貴女の名前は ・・・ フイリシハイスミレ ですよね!

フイリシハイスミレ(斑入紫背菫) ・・・ スミレ科スミレ属

シハイスミレに限らず、

斑入りのスミレはより一層その美しさを際立たせてくれ

逢いたかったスミレでした。

咲いてくれていて有難う~~ (*゚▽゚)ノ

Img_1890

近くで咲き始めていた ↑ シハイスミレです。

同じ画像の斑入りと斑入りでない葉で見比べて下さいね。

Img_1895

トレイルは穏やかに巻いて下って行きます。

続きを読む "玉峰山 ・・・ 後編" »

2017年5月15日 (月)

玉峰山 ・・・ 前編

5/14(日)にワンゲル会5月例会として

島根県の玉峰山(820.3m)に登ってきました~

やまなみ街道尾道から 「道の駅たかの」 でトイレ休憩の後、

奥出雲町亀嵩 (かめかさ) まで一般道を走り登山口近くに到着!

( 画像はすべて、クリックで大きくなります )

Img_1840

カキドオシが咲いていました。

カキドオシ (垣通し) ・・・ シ ソ科カキドオシ属

Img_1957

そうしてツボスミレ(坪菫) ・・・ ニョイスミレとも言う

岡山に、花が良く似たヒメアギスミレもあるが、葉がブーメラン型と言う

特徴があるようです。

玉峰山は、奥出雲町亀嵩東に聳える標高820mの花崗岩質の山で、

窓岩などの巨岩、奇岩や、雄滝、雌滝など大小の滝もあり変化に富んでいます。

ここは、林野庁の「水源の森百選 」に認定されているそうですよ。

( 画像はすべて、クリックで大きくなります )

Img_1835

また、出雲国風土記に登場する玉造りの神が宿る信仰の山として知られ、

神話によると 「イザナギノ命」 により

日本で初めて樹木が植えられた植林発祥の山とされています。

Img_1842

この付近には、おそらく植栽されたと思われるシャクナゲが沢山咲いてました。

Img_1837_2

今が丁度見頃のシャクナゲを鑑賞して、登山の開始です。

今回の参加者は総勢18名です。

Img045

続きを読む "玉峰山 ・・・ 前編" »

2017年5月12日 (金)

岩黒山~筒上山縦走 後編

丸滝小屋で昼食を摂った我々は、筒上山に向けて歩きだしました。

食事休憩したので、カラッチの胸の痛みも治まり

何とか皆について歩けそうですぅ~ coldsweats01

( 画像はすべて、クリックで大きくなります )

Img_1746

筒上山まで1.7キロ、頑張ろうっと!!

土小屋駐車場 → 岩黒山 → 丸滝小屋までのレポは、こちら

昼食後、筒上山に向けて出発時刻はAM12時2分です。

登山道沿いにはこんな小さなスミレ達が咲きみだれ、励ましてくれました。

丸滝小屋の前から少し下り気味に稜線を捲いて行きます。

Img_1748

貴女の名前は、ヒナスミミレ? それともシコクミヤマスミレ?

とても小さな小さなスミレちゃんでした!

ヒナスミレは、葉の縁には鋸歯があり、葉先も細長く尖っているし、

Img_1748__1

距はぼってりして短かったので、シコクミヤマスミレとしておきましょう~

シコクミヤマスミレは、徳島、愛媛、高知の四国三県の

標高1,200m以上の場所に生育しているようです。

ミヤマスミレと比べ葉の形が細長くヒナスミレにも近いことから

ミヤマスミレの亜種としてシコクミヤマスミレの名称で発表されたそうですよ。

Img_1809_2

ふと見上げると、アケボノツツジも空に映えてましたよ~ scissors

続きを読む "岩黒山~筒上山縦走 後編" »

2017年5月11日 (木)

岩黒山~筒上山縦走 前編

5/9(月)に愛媛県と高知県の県境の岩黒山~筒上山を歩いて来ました。

岩黒山・筒上山は、四国山地西部の石鎚山脈に属する山で

筒上山々頂は特徴的なドーム型の山容で、

山座同定の目印とされるようです。

( 画像はすべて、クリックで大きくなります )

Img_1739_2

アケボノツツジの蕾の後方に、↑ 筒上山のドーム型山頂が見えています。

岩黒山への登山道から写した画像です。

今回はワンゲル会の7月例会の下見で、役員8名で歩きま~す。

朝4時起きで、AM5時半出発!

しまなみ海道→今治→松山インター→33号線→石鎚土小屋駐車場と走り ・・・

Img_1702

走行中に見た石鎚山 ↑ ・・・ まるで槍ケ岳のような悦峰!

続きを読む "岩黒山~筒上山縦走 前編" »

2017年5月 9日 (火)

孫と吾妻山を歩く!

ママが連休中、一日だけ出勤となった日

孫に 「 何処に行きたいって? 」 聞くと・・・吾妻山に登りたいと言うので

カケス&カラッチ、紗有美と三人で登ってきました~

吾妻山(あづまやま)は広島県庄原市と島根県仁多郡奥出雲町との境にある

標高1,239mの山で、比婆道後帝釈国定公園に属しています。

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)が比婆山に眠る妻の伊邪那美命(いざなみのみこと)を

「 ああ、吾が妻よ 」 と、山頂に立って生前を偲んだことから

山名の由来になっているそうです。

登山口には 「 国民宿舎・吾妻山ロッジ 」 があります。

( 画像はすべて、クリックで大きくなります )

Img_16945_2

続きを読む "孫と吾妻山を歩く!" »

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

古着買取・Brandear

無料ブログはココログ