« とっとり花回廊 | トップページ | 岩黒山~筒上山縦走 前編 »

2017年5月 9日 (火)

孫と吾妻山を歩く!

ママが連休中、一日だけ出勤となった日

孫に 「 何処に行きたいって? 」 聞くと・・・吾妻山に登りたいと言うので

カケス&カラッチ、紗有美と三人で登ってきました~

吾妻山(あづまやま)は広島県庄原市と島根県仁多郡奥出雲町との境にある

標高1,239mの山で、比婆道後帝釈国定公園に属しています。

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)が比婆山に眠る妻の伊邪那美命(いざなみのみこと)を

「 ああ、吾が妻よ 」 と、山頂に立って生前を偲んだことから

山名の由来になっているそうです。

登山口には 「 国民宿舎・吾妻山ロッジ 」 があります。

( 画像はすべて、クリックで大きくなります )

Img_16945_2

吾妻山に孫と登ったのは、今回で3回目 ・・・

前回は、2015年9月19日(土) に登りました。

マツムシソウや秋のお花が綺麗な時でした。

その前年にも、2014年9月13日(土) に登ったっけ!

そうそう、山頂でお友達とダンスしたのでした。

本日は出発時間が遅かったのですが、やまなみ街道のお陰で

順調に走り登山口の吾妻山ロッジに到着!

早速準備して出発です。

Img_1618

吾妻山ロッジの建物の裏の池にはまだミズバショウが咲いてました。

ちょっぴりオバケバショウになっていたけどね。

吾妻山は中国地方では花の名山として知られていて、

国民休暇村の建物の裏の池にはミズバショウやミツガシワが咲いているのです。

Img_1619

ミツガシワ (三槲) ・・・ ミツガシワ科ミツガシワ属の一属一種の多年草

Img_1623

湿地や浅い水中に生え、地下茎を横に伸ばして広がる。

葉は複葉で3小葉からなり、4-5月に白い花を総状花序に多数つけます。

まだ咲き始めで、花の外側がピンク色 ・・・ 可愛い感じ!

Img_1625

子供の足は速いですぅ~

お花には興味もなくドンドン歩いて行きます。

登山道を登って行くと、タチツボスミレが群生して咲いていましたよ。

周辺にはスミレが群生しているが、ほとんどがタチツボスミレの群落!

Img_1616

しかし登って行くと

ダイセンキスミレの群生もあっちこっちに ・・・

Img_1630

ダイセンキスミレ (大山黄菫) ・・・ スミレ科スミレ属

中国地方の大山、蒜山系 ・ 広島県と鳥取県県境付近の道後山 ・

広島県と島根県県境の吾妻山 ・ 福田頭 ・ 比婆山系等に分布する。

Img_1629__1

オオバキスミレの変種と言われるキスミレで、

オオバキスミレに比較すると高さが低く、地下茎が太い等で異なっているようです。

Img_1672__1

タチツボスミレとダイセンキスミレのコラボレーション!

いよいよ本格的な登山道に入っていきます。

Img_1633

紗有美も今のところ元気よく歩いています。

ばぁちゃんはおいて行かれる一方ですぅ~ coldsweats02

未だ登りも序盤で画像も、お花も一杯ありますので、これより先は

こちら フォトアルバム でご覧下さいね。

登山道での様子を少しだけ ・・・

Img_1634

少々の段なんて、なんのその~

元気一杯ガンガン登って行きます。

Img_1650

一方ばぁちゃんは、初夏のお花に夢中で、撮影に余念がありましぇ~ん。

国民宿舎・吾妻山ロッジが標高1000m地点にあるので、

標高差239m登るだけなので楽ちん登山のはずが ・・・

二人とどんどん離れるばかりですぅ~ ヾ(;´Д`A

Img_1655

ショウジョバカマ

続きは、こちら フォトアルバム でどうぞ!

実は吾妻山から比婆山まで行きたいと、大膳原に向けて下っていたのですが

足の小指にマメが出来て痛いと言うので泣く泣く引き返して、

吾妻山から尾根を下りました。

休憩を含めて3時間、足の小指の痛いのを堪えて良く歩きました~ happy01

« とっとり花回廊 | トップページ | 岩黒山~筒上山縦走 前編 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

さぁちゃんすっかり山ガール、後ろ姿も立派になって、嬉しい限りですね。
バァバは花を見たら写真撮らずにはいられない物、遅れる訳です。
こうなると、先々が楽しみだわね。
カラッチさんもどこの山が良いか、さぁちゃんと相談でしよう。
画像からも、気持ちの良い季節を楽しむ様子が伝わるよ。

さぁちゃん、元気だね。

あんな急な階段も凄いわ。
そうそう・いつの間にか今までと反対になって、
ばぁちゃんまーーだ❓なんて言われそうだね。。

先が楽しみ!!

山百合さ~ん、孫の成長は早いですよ~
幼稚園の頃からしたら、すっかりお姉さんって感じですぅ~virgo

ふふっバァバは遅れて、後姿しか写せなくてね~~
まだ余り山のお花には興味がないのか、じぃじと一緒に歩くので余り気にせず歩くのかな~

>カラッチさんもどこの山が良いか、さぁちゃんと相談でしよう。
今この時点では「吾妻山」と言えば自分でも登れるし、連れてってくれると思ってるみた~い!

気持ちの良い季節を楽しむ様子、伝わったでしょうか~ 有難う~happy01

milkちゃ~ん、結構な段差の階段も元気よく登ってましたよ~(*゚▽゚)ノ
吾妻山の登るのは今回で3度目なので、コースは自分でも分かってるのでドンドン登っちゃうのよ!

>ばぁちゃんまーーだ❓なんて言われそうだね。
うんうん、その通り~~coldsweats01
じぃちゃんに 「ばぁちゃん、まだあんなところ登ってるよ」 って言ってたって~

先が楽しみって言うか、体力的にはもう完璧に追い越されちゃってますぅ~(;´д`)トホホ…

春の吾妻山も景色も最高で、さあちゃんが「また行きたい」と言う気持ち、わかりますね~
カケスさんも、お孫ちゃんを頼もしく思ったことでしょう。

沢山の春のお花を愛でながら、写真を撮っているカラッチさんの姿が目に浮かびますconfident
アルバムの写真も拝見!楽しませて頂きました。
萌黄色の山々に、桜のピンク。素敵な風景ですね~

あずささ~ん、ハーイ春の吾妻山もなかなか良いでしょ~(#^.^#)
登山口の吾妻山ロッジが標高1000mの所にあるので、小学校低学年でも簡単に登れるのよ!

>カケスさんも、お孫ちゃんを頼もしく思ったことでしょう。
うんうん、年々山歩きの楽しさが分かってきたのでしょうか~ 
自分から行きたいと言うようになりました。

お花が咲いてるとつい足が止まっちゃいますね~happy01
アルバムの写真も見て下さって有難う~
本当に萌黄色の山々に桜のピンクがとても綺麗でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1413126/70485057

この記事へのトラックバック一覧です: 孫と吾妻山を歩く!:

« とっとり花回廊 | トップページ | 岩黒山~筒上山縦走 前編 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

古着買取・Brandear

無料ブログはココログ