« 奥能登・女子旅 最終日 | トップページ | 紅葉の三段峡・後編 »

2017年11月14日 (火)

紅葉の三段峡・前編

11/12(日)にワンゲル会で三段峡を歩いて来ました。

三段峡 は ・・・

広島県山県郡安芸太田町の太田川上流の支流・柴木川にある

長さ約16キロメートルの峡谷で、

日本の渓谷において、5つの特別名勝の1つに選定されています。

( 画像はすべて、クリックで大きくなります )

Img_2750

一帯は石英斑岩からなり、

長年の浸食によって節理が刻まれ、断層が露出したり、

大小様々な滝や淵などが織りなす峡谷は、16キロにも及びますが、

紅葉のこの時期、歩く価値は十分ありま~す!

歩き始めて直ぐにこんな紅葉 ・・・

Img_2754_3

今日は素晴らしいお天気になりそうでテンションが上がります。

それでは特別名勝・三段峡正面口から

Img_2755_3

まずは三段滝を目指して、出会滝を経て、三ツ滝から聖湖目指して歩きます。

歩いたコース は こちら

Img_2759

流れに朝陽が反射して不思議な光景に出逢えました~

Img_2760

歩き始めて直ぐに、峡内で一番長い淵に出合いました。

淵の水が澄んでとっても綺麗!!

夏なら山女などの川魚の姿も見れるのでしょうね。

Img_2761_2

↑ 姉妹滝

山の中腹から流れ落ちる滝は、まるで山水画のような風情でした。

Img_2763

↑ 竜ノ口 (たつのくち)

川床に大小無数の岩が横たわり、水はその間を蛇行しながら流れています。

Img_2767_4

黄葉も綺麗!!

Img_2770_3

↑ 赤滝

色鮮やかな赤みを帯びた崖から流れ落ちる滝。

Img_2771_3

だんだんと紅葉した木々も彩りを添えてきました~

Img_2776

 長淵 (ながぶち)

三段峡の入口付近にあり、長さ約100m 続く、峡内で一番長い淵だそうです。

Img_2777

先人が手掘りで残した約16km に及ぶ道程の中には

このように大岩をくり抜いた散策道もあります。

Img_2781

紅葉も朝陽に照らされてとっても綺麗ですぅ~

Img_2786

 女夫淵 (めおとぶち)

大小二つの淵が続き、まるで夫婦のように見えることからこの名前がついたそうです。

Img_2791

流紋岩の河床が200m にわたって水路のように続き、

石樋(いしどい)と言われています。

Img_2796_2

 塔岩 (とうのいわ)

高さ100m 塔のようにそそり立つ岩山で、

崖に茂る老松や緑の樹々が風雅な趣を漂わせています。

Img_2799

花崗岩が板状岩となって露出した大岩が目立つようになりました。

Img_2802_2

流れの勢いで深く蒼い淵が出来、紅葉と相まって綺麗な景色!

Img_2803_4

美しい景色を見ると、思わずカメラを向けてしまうカラッチですぅ~ coldsweats01

Img_2804_3

下の道を行くと黒淵に行けるのですが ・・・

総勢23名の我々が一度に船に乗るのは無理なので

今回は黒淵を諦めて、先に進みました。

その黒淵 ・・・

切り立った絶壁と原生林を見上げながら

船に乗り (大人-往復500円 片道300円/小人-往復400円 片道250円)

エメラルドグリーンの神秘的な景色を5分間楽しめるのです

黒淵 の様子は ・・・ こちら

Img_2806_3

渡船に乗れなかったので、せめて遊歩道の上から黒淵の様子ですぅ~

Img_2808_2

切り立った絶壁や神秘的な蒼い水の色、

少しは雰囲気、味わって頂けましたでしょうか~

Img_2809 

黒淵のほとりの茶店では、景観を見ながら食事も出来るそうです。

何時か孫と来れたら渡し舟に乗って、ヤマメの塩焼きでも味わいたいねと

カケスと話したことでした。

Img_2812_2

↑ 雌滝 (めだき) が見えて来ました

Img_2815_2

↑ 雄滝 (おだき) は力強いですね!

Img_2822_2

蛇杉橋 (じゃすぎばし) を通って ・・・

Img_2830_2

またまた紅葉が綺麗だね~とカメラを向けます。

Img_2836_2

渓谷と紅葉 ・・・ 目にも足にも優しいね~ scissors

Img_2838_3

何処を切り取っても絵になりますぅ~

Img_2844_3

また大岩をくり抜いた散策道を歩き ・・・

Img_2845_3

更に歩いて行きます。

Img_2849_2

紅葉が朝陽に輝きとっても素晴らしい!!

Img_2850_2

大淵 (おおぶち) と言われ、

かっては峡中、最大の淵(広さ100坪位)だったといわれていますが、

現在はその面影はありません。

また王城 (おうじょう) と言う、S字状の流れのくぼみの部分に刻まれた峡間で

決して陽ざしが差し込まない谷あいもあったようですが・・・

画像には残っていませんでした~(汗)

Img_2856

↑ 耶源 (やげん)

川底に巨大な岩が横臥し、縦の節理面を見る岩壁が天に向かって伸び、

懸崖の上は緑樹に覆われていました。

山水画を彷彿させる風景で、一つの別世界を作っているようでした。

Img_2865

これより更に二段滝・三段滝に向かいます。

ここは水梨(みずなし)駐車場となっていて、

三段峡正面入口より水梨駐車場の間で送迎バス(有料)が出ています。

一日一便しかないそうです。

※ 約170台収容の駐車場も有ります。

Img_2869

葭ヶ原 (よしがはら) と言う広い場所に出ました。

ここで少し早いけど昼食タイムです。

この葭ヶ原 (よしがはら) の紅葉がとっても素晴らしかったで~す。

紅葉の三段峡・後編は ・・・ こちら

« 奥能登・女子旅 最終日 | トップページ | 紅葉の三段峡・後編 »

」カテゴリの記事

コメント

仕事移動なか中に拝見。

素晴らしい景色だったね。
水と紅葉と、色合いが感動するわ。
渓流下りが出来ないのは残念だったけど、
また行けるといいね。

花と一緒で丁度よい時は難しいけど
こんなにぴったりの時期でよかったね。

milkちゃ~ん、お仕事に移動中にコメント有難う~~(*゚▽゚)ノ

ハーイ、紅葉の最盛期でとっても綺麗な景色楽しめました~maple
深い色合いの淵と紅葉、絶妙でしたよ!

>渓流下りが出来ないのは残念だったけど・・・
うんうん、でもたった5分間の舟下りだったからね。
また来年か再来年、孫と一緒に歩けるといいなと思ってるの~happy01

リーダーの方が何度も下見して、一番良い時期に設定して下さって・・・
しかもお天気も味方してくれたので最高でしたよ!

カラッチさんが、溜息をつきながらカメラを向けている様子
目に浮かぶようです。
沢山の素晴らしい景色を拝見しながら、うっとりです。

特別景勝の渓谷に納得ですね。
目にも足にも優しいハイキングでしたね(o^-^o)

あずささ~ん、見てくれて有難う~~♪

ハーイ、本当に溜め息が出るほど美しい紅葉と渓谷でしたよ!
丁度紅葉の綺麗な時期で、何枚も何枚も写真を撮っちゃいました~coldsweats01

>特別景勝の渓谷に納得ですね。
そうなんですよ! 三段峡は中国地方では紅葉と渓谷の綺麗な場所として有名なんです。

うんうん、目にも脚にも優しいトレッキングでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1413126/72207233

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の三段峡・前編:

« 奥能登・女子旅 最終日 | トップページ | 紅葉の三段峡・後編 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

古着買取・Brandear

無料ブログはココログ