« 紅葉の三段峡・後編 | トップページ | 年の瀬を迎えました~ »

2017年12月 6日 (水)

世田山・笠松山登山!

12/3(日)ワンゲル会12月例会で

四国の今治市と西条市の境に位置する世田山・笠松山に登って来ました。

12月例会と言うことで、下山後に温泉と美味しい食事で

忘年会登山なのです!

( 画像はすべて、クリックで大きくなります )

Img_2968

AM6時半出発し、「しまなみ海道」を渡っている途中、

丁度朝陽が昇ってきてとっても綺麗!!

Img_2972

山で迎える朝陽も感動しますが、海から昇る朝陽も幻想的で~す。

 小松-しまなみ道を湯浦インターで下り、国道196号を西条市方面に向かい、

今治市孫兵作から県道東予-今治線に入り800mほど進みます。

世田山 (339m) ・ 笠松山 (357m) は、

愛媛県今治市と西条市の境に位置する山で、標高300mそこそこの低山ですが、

今治、周桑 (道前 )両平野を分ける要衡をなしています。

Img_2974

瀬戸内海国立公園の一部として遊歩道が整備され、

軽ハイキングに最適な山として親しまれています。

えひめ森林浴88ケ所 「75番」 にも指定された道だそうです。

奥の院までは遍路道です。

Img_2977

緩やかな谷あいを歩いて行くと山道に入り、竹林の中を登って行きます。

道はじぐざぐを繰り返しながら高度を稼ぐほどに、

Img_2978

眼下に道前平野や海岸線が開けてきます。

要所にはベンチが設けられて、腰を下ろせるようになっていました。

3、4日前まではこの日は曇りのマーでしたが、

前日になって sun マークとなり、木々の紅葉も最後の彩りを見せてくれます。

Img_2980

青空も広がって、今日は登山日和となり汗ばむほどです。

石灯籠が立つ坂の途中から燧灘が望めるようになる頃、傾斜も緩み

舟曳地蔵尊と地藏さんの佇むうぐいす谷に着きました。

Img_2981

弘法大師ゆかりの閼伽ノ水 (あかのみず) と

海上交通の守護仏・舟曳地蔵尊が祀られていますが ・・・

丁度改修中でした。

Img_2982

急斜面を登り返しながら登って行き、

Img_2983

穏やかな道を石灯籠に案内されるように登って行きます。

Img_2984

やがて煩悩の数と同じ108段の石段が現れ、登りきると

高野山真言宗・世田山・栴檀寺(せんだんじ)奥の院に着きました。

山頂直下八合目にあります。

奥の院の左手には大きな楠の木があり、

右に進むと、戦国時代の世田山城主・大館氏明の立派な墓所がありました。

Img_2985

石段の真ん中に鎮座している岩は、

「腹こわり石 」といって、触るとお腹が痛くなるそうなので注意!

あぁ~触らなくて良かったぁ~ happy01

世田山は伊予の地において、

南北両朝廷の運命をかけた世田山合戦が行われた、中世の山城でした。

古代から戦略上の要地として歴史を携えてきた山で、

世田山城が落ちると伊予の国は亡ぶといわれ、

「伊予の剣」 として、伊予の国府、最後の砦が世田山城だったそうです。

そんな戦国時代を浮沈してきた歴史が色濃く残っている山 ・・・

それが世田山だったのです。

Img_2987

世田薬師

世田山 (335m) の山上に祀られている薬師堂で、

「世田薬師」 という愛称で呼ばれていますが、

正式には山号を世田山、院号を医王院、寺号を栴檀寺 (せんだんじ) と言います。

Img_2986

紅葉が陽に照らされ綺麗!!

Img_2989_2

山頂近くの展望所となっている大岩からは、

瀬戸内海、周桑平野、石鎚連峰などが望めるそうですが、

生憎この日は霞がかかり、ハッキリ望むことが出来ませんでした。

そうそう、ここに世田城址の標識がありました。

Img_2994_4

それでも今年最後の紅葉の彩りを楽しむことが出来、大満足!!

天望が少し良くなったところに山頂標識 がありました。

Img_3002_2

世田山々頂 ・・・ 339m

Img_2999_2

これより笠松山を目指し、距離にして1キロほど歩くようです。

この尾根道には、凸凹と小ピークがいくつもあります。

アップダウンを繰り返しながら尾根道を進むと ・・・

Img_3003_2

行く手に、花崗岩の露頭が目立つ327mの岩山が現れ、

その先に目指す笠松山が見えてきました。

Img_3005_2

笠松山の紅葉が素晴らしいですぅ~~

今はこのように素敵な紅葉を見せてくれますが、

登山道を歩いていると、

2008年8月下旬に笠松山で発生した山林火災の傷痕が痛々しい

焼け焦げた木々や、新たに植林された木々 ・・・

森に隠れて見えなかった登山道が、山肌にくっきりと露出する姿に

山全体が燃えるような勢いだったことがうかがえます。

発生から48時間で107haの山林が焼失してしまったそうですが、

山火事によって失われた自然は、

数十年単位の時間をかけないと元には戻らないそうです。

山火事は、世田山頂上の近く50mくらいまで迫ってきたらしいですよ!

Img_3007_3

山全体が紅葉してる訳ではないけど、

所々でこうした最後の彩りを見ることが出来楽しく歩けました。

Img_3011_2

急な階段を登り詰めると ・・・

Img_3014_4

平な台地のようになった所にベンチがあり、

そこでT会長が持って来て下さったコーヒーでお茶タイムです!

その向こうに笠松山が見えています。

通信アンテナのある所を通り過ぎ、さらに下って行き、

階段を登り返すと・・・

姫宮神社 ・ 笠松観音堂の立つ笠松山々頂に着きました。

Img_3022

笠松山々頂 ・・・ 357m

南北朝の忠臣・篠塚伊賀守の居城があった笠松山観音堂は

伊賀守が城を落ちのびる際、兜の内側に秘めていた一寸八分の黄金観音像を

笠松山頂に安置して去ったものを戦の後、

村人がこの地に小祠を建てて祀り、その後度々改築されて

現在に至っているそうです。 

Img_3020

山火事は共同アンテナと観音堂のすぐそばまで迫ったが、

広場の北側(左)の森は火災から生き残ったそうです。

Img_3016

お堂の裏に、モトローラの移動通信施設がありました。

無線機の通信エリアは、中継局を中心に半径約40km!

この施設があったことで集中的に消火活動が行われ、

山頂の延焼を免れ無事だったそうです。

Img_3021_2

お堂からは、「しまなみ海道」 や高縄山系や石鎚山系まで

360度のパノラマを楽しむことが出来るらしいけど、

霞がかかって、今治方面も ↑ こんな感じでした~

Img_3019

笠松観音堂に置いてあった写真では、

こんな風 ↑ に高縄山系や石鎚山系まで見えていました。

笠松山からまた激下りです。

Img_3023_2

下ってから上を向いて写した階段で~す!

Img_3024_2

気持ちの良い尾根道を歩きが続きます。

Img_3025_2

紅葉の彩りの向こうに、綺麗に区画整理された田圃が並んでいます。

Img_3031

野々瀬下に向けて下山しま~す。

Img_3040

下山口が近くなってもまだこの紅葉!!

Img_3042

やっと下りて来ました~

笠松山頂上からここまで1.2キロほど歩きました。

これからしばらく林道を歩き、バスが待っている

今治市朝倉支所まで約1時間程歩くようです。

Img_3044

途中には、「野々瀬古墳群」 があり、沢山の古墳を見ることが出来ました。

Img_3048

中でもこの ↑ 七間塚古墳は最大のものらしい。

Img_3047

ミカン畑が続く道を歩き、朝倉支所の駐車場に止まっている

バス迄ひたすら歩きます。

バスに乗り込み、まずは 「 湯ノ浦温泉 四季の湯 」 で汗を流して ・・・

Img_3049

本日は忘年会登山と言うことで

Img_3052

鯛めしや、てんぷらお刺身などで舌鼓打ちながら、

皆さんで大いに盛り上がり、話の花が咲きましたよ~ beer scissors beer

長いレポを見て頂いて有難うございました。

« 紅葉の三段峡・後編 | トップページ | 年の瀬を迎えました~ »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

忘年会登山が素敵な紅葉と、古墳や山頂近くまで来た山火事の跡を見たりと中々
盛り沢山の山歩きでしたね。
結構アップダウンも有りそうな、手ごわそうな山に見えました。
カラッチさんはお元気だわ。しっかり歩いているもの。
最後の温泉と、美味しそうなご飯に今年1年の山歩きへの感謝が見える。
来年も、元気で山歩きしてね。

紅葉も綺麗に残っていて、いつもながら楽しいお仲間との素敵な山歩きでしたね!
今年も沢山の山歩きをされて、元気いっぱいのカラッチさんですね~
見習わなくてはねwink
今年も残り少なくなって気ましたね。我が家はいつの間にか家族が一匹加わって、
毎日にゃんこに癒されています。

山百合さ~ん、ハーイ四国の山は今が紅葉の最中とばかり綺麗な彩りでした~maple
山火事の怖さをまざまざと見せつけられましたよ。

>結構アップダウンも有りそうな、手ごわそうな山に見えました。
標高は低いもののアップダウンはありましたが、それほど長くなく手強くなかったですよ!
と言ってもカラッチ、やっとこさ最後を歩きました~coldsweats01
ワンゲル会の皆さん、健脚揃いなんですよ~~

うんうん、山歩きの後はやはりspaとご馳走で~す!
有難う~~ 何時まで歩けるか分からないけど、来年も頑張りますね。。

あずささ~ん、コメント有難うね~~(*゚▽゚)ノ

>今年も沢山の山歩きをされて・・・
ポリポリ・・・(;´▽`A``  最近は山の会の定例登山に参加する程度なんですよ~
でもこうして紅葉の彩りの中を山仲間と歩けるって幸せなことだとおもってますぅ~happy01

近場の運動公園まで歩いていても、やはり低山でも歩いておかなくっちゃ~なのでね。。

本当に今年も後20日余り・・・忙しいと言ってる間に暮れそうですね!
あずさん家にもミーシャちゃんが居座ってしまったようですね~cat

忘年会登山お疲れさまでした!
四国だなんて羨ましいっ!お遍路さんも歩かれるところもあり。

神社やお堂お地蔵さまなど要所要所が歴史に彩られたスペシャルな山行ですね。

紅葉も愛でながら見事な〆でしたね!
こうして皆さんと和気あいあいな登山会、続けられているって本当に素敵ですね(^^♪


世田山、笠松山は帰省の時登ったことあるよ〜。
それがいつの時期だったかすぐに思い出せない。
全然本格的な装備してなくって、雨が降って来ちゃって、山頂で雨宿りして止んだのを見計らって下った。
だから、年末年始ではなかったと思うけど、紅葉の時期でも無かった。

紅葉がこんなにいいんだね〜。
それも12月になってからでも。

湯の浦温泉も近くは通るけど、寄ったことないのよ。

素敵な忘年会山行でよかったね〜。

千春ちゃ~ん、お返事遅くなっちゃいました~
ハーイ四国は日帰り圏内なんですよ~(*゚▽゚)ノ
この栴檀寺は八十八寺には入ってないけど、お遍路さんも良く立ち寄られみたいです。
「ご祈祷」専門のめずらしいお寺で、病気祈願はもちろん、各種悩み事相談、厄除け、交通安全、
商売繁盛、合格、良縁、安産…と何でもご利益あるみたいですぅ~happy01

>神社やお堂お地蔵さまなど要所要所が歴史に彩られたスペシャルな山行ですね。
うんうん、低山なれどなかなか面白い山でしたよ! 紅葉も良かったしね~maple

もう大きな山は無理な年齢に近づいてきたので、こうして山仲間と和気藹々楽しく山登り出来たらいいなと思っています。

ハイジちゃ~ん、見てくれて有難う~~note

そうなんだぁ~ 世田山・笠松山に登ったことあるのね~
そうよね~ 今治と西条市にまたがる山だもんね! ペーターさんのご実家にも近いし~
山頂で雨宿りしたってことは、笠松山の山頂だったのかな?

忘年会が主体の山だったけど、紅葉が意外と綺麗でとても楽しく歩けたよ~
うんうん、しまなみ海道渡る時に紅葉が綺麗だったからもしやと思っていたのね。
火事の後で低木だったけど見事な紅葉を見れて良かったよ!!

湯ノ浦温泉、何軒か施設があったので・・・帰省の折是非立ち寄って見てね~rvcar

あれ・・書いたつもりが・・失礼しました。。

紅葉も過ぎ、新年の準備に入ってきましたね。。

てっきりクリスマスイベントがアップされてると
伺ったら・自分のコメが無かった・・(笑)

どんなクリスマスでしたか?

相変わらずのご馳走いっぱいなんだろうな・・
わが家の年寄り2人は、ケーキも食べず・・
クリスマスさえ忘れてました・・。
いかんいかん・・反省。

素敵なお仲間との山歩き・・。
来年も楽しみですね。。

milkちゃ~ん、コメント有難う~~(*^-^)

本当に一年、アッと言う間だね~~

>てっきりクリスマスイベントがアップされてると>・・・
あはっ、クリスマスイベントやったののだけど~写真撮り忘れちゃったのよ!!
で・・アップ無しですぅ~coldsweats01

あれまぁ~、milkちゃん家お二人、ケーキ無しだったの~ それはいかんぞな~(笑)

ハーイ、お互いに元気で年越ししましょうね~~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1413126/72366334

この記事へのトラックバック一覧です: 世田山・笠松山登山!:

« 紅葉の三段峡・後編 | トップページ | 年の瀬を迎えました~ »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

古着買取・Brandear

無料ブログはココログ