« 出来上がりました~ | トップページ | 桜満開!! »

2018年3月26日 (月)

大黒山~竜ケ岳縦走

3/25(日)にワンゲル会3月定例登山で、山口県周南市の

大黒山(323.4m)~竜ケ岳(365.5m)を縦走してきました。

山陽自動車道・尾道ICから玖珂ICまで走り、

周南市用田にある周南町・用田グランドの駐車場でバスを降り、

綺麗なトイレをお借りし、登山の準備をして出発です!

用田グランド前の道を山の方に向かって歩くと ・・・

( 画像はすべて、クリックで大きくなります )

Img_3700
大黒山の登山標識がありました。

登り始めは緩やかだった登山道も、次第に急なトレイルとなり

Img_3702
岩や 木の枝を掴みながら登って行きます。

シダが茂った道ですが、良く踏まれ歩くには支障はありません。

Img_3706
途中、ロープも設置してある所もあり、

順調に高度を上げていきます。

今日は予報では sun マークでしたが、霞がかかり展望は期待出来そうにありません。

Img_3709
烏帽子岳分岐から見た大黒山の岩峰は、なかなか見応えあります!

Img_3710

カメラを覗くと、もう先頭の方は岩峰目指して登っています。

Img_3713

あの大岩の下を巻くように登って行くようです。

木に太いロープが掛けられ、

そのロープを輪っかにして片足を掛けれるようにしてあります。

会員の  H さんが持参して下さった赤いロープも支えにして

グッと反対の足を持ち上げ登って行きます。

最後に大岩に登りましたが ・・・

Img_3714_2
反対側には梯子も設置してあったけど、M ちゃんが

「 こっちから登り~ 」 って岩の上から叫んでいるので、

カラッチ、この太いロープを頼りに登りました。

足を掛ける場所までなかなか届かず結構大変でした~ coldsweats01

Img_3717
林立する岩!!

何だかモアイ像のような岩もあります。

Img_3724
途中、真っ白なアセビ(馬酔木)が綺麗でした~

烏帽子岳分岐から大黒山までアップダウンも続きましたが、

低山ながらこのような岩峰を見ながらの歩きは、とても楽しいで~す。

Img_3719
歩いて来た大黒山への岩峰を振り返って ・・・

Img_3726
歩き始めてから1時間20分で、大黒山々頂 (323.4m) に到着!

竜ヶ岳まではまだかなりあるので、写真を撮ったら出発です。

Img_3728
大黒岩の辺りからの眺望ですが、霞んでいますぅ~

Img_3731
砂礫の尾根道を進んで行きます。

これよりいったん鞍部まで下り、登り返すようです。

Img_3732_2

行く手にこれから登る竜ヶ岳 (365.5m) の悦峰が見えます。

まだまだかなり先のようです。

Img_3733

なかなか変化のある楽しいコースです。

Img_3736
竜ヶ岳が目の前に見える辺りまで歩いて来ました。

この辺り、山肌が開け黒く焼け焦げた木々が目立ってきました。

2010年9月、山火事が発生したそうです。

どうやら大梅山分岐を越えているようです。

Img_3737
これより鞍部まで大きく下って行きます。

結構アップダウンがあります。

Img_3738
下ったら登る ・・・ この繰り返し!

Img_3739
ロープの設置してあるこの急坂、苦しかったなぁ~

この辺りは未だ序盤で ↑、30分位続いたでしょうか~

Img_3740

ようやく平坦な道となったものの・・・

竜ヶ岳への最後の登りが待っているようです。

Img_3741
最後の急坂を制してやっと ・・・

Img_3742
竜ヶ岳山頂 ・・・ 365.5m に到着です。

スッキリ晴れていれば360度の大展望らしいけど、今日は春霞で眺望も今ひとつ。

晴れていれば、四国の山や、

姫島・国東半島も望めるらしいけど残念です。

竜ヶ岳山頂は、このような岩場で我々22名が座れば一杯です。

山頂でお弁当を食べて、記念写真を写したら

筏場の方に下山です!

Img_3743
歩いて来た大梅山と大黒山!

大梅山の火事で焼けた跡が見えています。

Img_3744
最初は急な岩ゴロの道でしたが、杉林の中を穏やかに下って行きます。

Img_3745
下りも丁度1時間程でした。

Img_3746
何カ所か小さな川を渡って行きます。

Img_3747
途中、ヤブツバキが綺麗でした。

Img_3748
筏場下山口まで下りてきました。

低山なれど侮るなかれです。

岩場もあり、アップダウンのある楽しい山歩きでした~

リーダーの N さん、有難うございました。

下山後、東善寺やすらぎの里 で汗を流し帰路に着きました。

« 出来上がりました~ | トップページ | 桜満開!! »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

大黒山~大梅山~竜ケ岳縦走と頑張りましたね!
低山ながら、侮れない山行に吃驚です。

春の定例登山、まだお花は咲いていませんでしたか?
奇岩が多くて面白そうなコースですね。
こちらの近場の山は丹沢山系ですが、まだ残雪があって、道がぬかるむ所も多く、
5月のシロヤシオが咲く頃に登ろうかと思っています。

あずささ~ん、早速見て下さって有難う~~note

ハーイ、こちらの低山としてはなかなか侮れない縦走コースでした~
でもなかなか面白いコースで楽しんで歩いて来ました。

こちらの山はまだあまりお花は咲いて無くてね。。

丹沢山系の山・・・シロヤシオが咲く頃がいいですよね!!
楽しんで歩いて来て下さいね。

私達、4/1には30年度第一回の山歩きがあります。

凄い所に登ったんだね・・

低山とは思えない急登、景色・・

毎月山行計画を立ててくださる方も、凄いわ。

皆さんが喜んだり、楽しかったり、景色が良かったり・・
いろんな事を考えて計画してるんでしょうね。。


最後のお風呂付って言うのが、又たまらんね・・

一ヶ月って早いですね~次々と計画通りにこなしていますね。
リーダーさんは初めての山だったりすると下見に登ったりされているのでしょうね。

本当に低山ながら登りごたえのある変化に富んだコースですねぇ。
アップダウンの激しさが良く写し出されていますね~~これはギアーチェンジ大変でしたね!

登山後の温泉は格別ですね、毎回色々な施設を利用されて汗を流して・・・spa
今頃の時期からは外気温も快適になるし湯冷めも感じずかな?

milkちゃ~ん、そうなの~
標高350m程の山だけど、岩場もあり なかなか面白い山でした~
結構アップダウンもありましたが、何とか歩けました。

ハーイ、我々役員で次年度登る山の候補を出し合い、都合のつく人達で下見もするのよ!
そうして一年間の案内を発送して、申し込んで頂き、例会登山するのです。
会員も役員も年々年を重ねているので、無理の無い山歩きが出来るよう計画してるの~

うんうん、特にこれからの山行きでは汗をかくので温泉は外せません~spa

千春ちゃ~ん、ホント一ケ月は早いですね~happy01

milkちゃんへのレスでも書きましたが、リーダーだけでなく何人か都合が付く人で下見します。
そうすると、もし当日リーダーが都合悪くなっても変わりの人でリーダー出来るしね。

うんうん、変化に富んだコースでしたがギアチェンジしながらとっても楽しい山歩きでしたよ!

>アップダウンの激しさが良く写し出されていますね~
有難う~~note  カラッチ、何時も写真を撮りながらの歩きなので一番最後尾を歩くようになりますぅ~

これからの季節は温泉はかかせないです。
でも前回の皇座山では温泉入浴後に梅を見に行って、急ぎ足で歩き汗をかいて風邪をひいてしましました~coldsweats02

低山と言っても標高だけの話でアップダウンが有ると手ごわいよね。
毎月山へ行ってるなんて凄いわ。
皆さん健脚で、楽しいお仲間と一緒だと頑張れる。
写真で見ると、かなりの急登だと分かる。写真で撮ると中々伝わらないけど、カラッチ
さんの写真では大変さが凄く伝わってくる。

この時はもう少しで春の陽気だったからお花も少なくて、それでも、山頂からの景色や
途中の景色は素晴らしいよね。
最後は温泉、やっぱり決まり事でしよう。

山百合さ~ん、うんうん今回の山はそう長くは無いけど結構アップダウンがあったので・・・
標高は低いけど、岩場もあったりで歩き応えのある山でした。

毎月ワンゲル会の山だけは参加してるんですよ~happy01
山仲間は、若い方は50代が1人、60代が12人で後は70代から80代なんだけど皆さん健脚なんですよ~scissors
うんうん、皆さんとワイワイお喋りしながら楽しく登ってま~す。

そうそう、写真写してもなかなか急登って伝わらないよね~
カラッチの写真、大変さが伝わりますか~  有難う~~!!

今年は桜もそうだけど、山野草も意外と早く咲くのかな~~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1413126/73179977

この記事へのトラックバック一覧です: 大黒山~竜ケ岳縦走:

« 出来上がりました~ | トップページ | 桜満開!! »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

古着買取・Brandear

無料ブログはココログ