« 三徳山登山のハズが・・・ | トップページ | みちのくの旅・後編 »

2018年9月21日 (金)

みちのくの旅・前編

今回は、五能線・白神山地青池・鶴の舞橋・角館

秘湯乳頭温泉郷と8つの味覚を楽しむ旅 で ・・・

カラッチの友人四人で、(9/17~9/19) 2泊3日の旅を楽しんできました。

心配していたお天気も sun sun sun !!

広島空港から羽田空港まで飛んで、羽田から秋田空港まで

づっと  airplane airplane  で乗り継ぎもスムースに、

Img_4590
朝7:35発で秋田空港に着いたのがAM10:35 でした~

秋田空港周辺は午前11時頃はドシャ降りの雨だったようだけど、

降りたったら sun 、今回は晴れろ教祖健在です。

Img_4580

上空から黎明な富士山が見えました。

秋田空港に到着し、迎えに来ていたバスに乗り込み

まず角館に向かい、昼食を頂いてから角館を見学する予定だそうです。

みちのくの小京都とも呼ばれる角館!!

今回の旅行で一番楽しみにしていた武家屋敷が連なる通りです。

武家屋敷通りは、秋田県仙北市角館町の道路で、

角館城があった地だそうです。

かっての中・下級武士の侍屋敷である旧家が建ち並び、

黒板塀と枝垂桜の木立が大きな特徴となっていて、

秋の紅葉の時期や桜の時期には大勢の観光客で賑わうそうです。

また日本桜名所100選にも選定されています。

Img_4639

今も往時の面影が色濃く残っている武家屋敷通り・・・

江戸時代の人たちはどんな姿で行き来していたのでしょうか~

朝には 「 おはえんし (おはようございます) 」

「 さんびぐなったんしな (寒くなりましたね) 」 などと会話をしながら、

屋敷前を行き来したりしていたのでしょうか~

角館には、内町の武家屋敷通りが有名ですが・・・

外町側の田町武家屋敷は知る人ぞ知る面白いスポットだそうですよ!

田原武家屋敷通りには、

石黒家・青柳家・松本家・岩橋家・河原田家・小野田家などがあります。

田原武家屋敷にあるのが昼食を頂いた 西宮家 です。

Img_4616_2

↑ 西宮家の薬医門

西宮家はこの家臣団の中でも重きをなした家柄であり、

Img_4602

さらに明治後期から大正時代にかけては地主として最も繁栄しました。

五棟の蔵と母屋を公開している西宮家は、

栄華と大正ロマンあふれる角館の古き良き時代を今に伝えていました。

Img_4603

西宮家には、米蔵 (物産販売) ・北蔵 (レストラン) ・

Img_4611

文庫蔵 (収蔵品展示) ・ ガッコ藏 (漬物販売) ・ 前蔵 (展示・コミニュティー)

Img_4613

母屋 (甘味・お食事処) など五つの藏と一つの母屋があります。

Img_4604_2

その 西宮家 母屋・お食事処 で昼食を頂きました!

昼食を頂いた後、自由行動でしたので

私達は、現存する角館の武家屋敷で建物の中を公開している

石黒家と青柳家のうち、石黒家 を見学することに ・・・

佐竹北家の財政を担当する家柄であったことから、

角館の現存する武家屋敷の中で最も格式が高く、最古の建物だそうです。

家伝によると嘉永6年 (1853年) に現在地に移転したそうです。

Img_4625_1

薬医門には、文化6年(1809年)日付の矢板があり、

茅葺き屋根の母屋とのぞき窓のついた黒板塀で

石門を入ると起り破風と懸魚 (けぎょ) のついた正玄関と脇玄関があります。

Img_4625

写真 (↑) の左手にあるのが正玄関で、薬医門から真っ直ぐの位置にあります。

この正玄関は家の主人よりも身分の高い人だけが使用できました。

そして現在の入口でもある右手の玄関 (人がいる方) は脇玄関で

主人や主人と同じくらいの人が入る所となります。

江戸時代末期に建造された母屋は茅葺きで、角館の武家屋敷のなかでは唯一、

母屋など邸内の一部を、座敷に上がって見学できます。

Img_4627_1

手前が書斎で、右手が取次の間、

身分によって座る場所が違うのだそうです。

庭には築山、巨石を配し、樅の大木 ( 樹齢300年超 ) も ・・・

お庭もとっても雰囲気ありますね。

Img_4630

簡素な佇まいのなかに武家の格式を漂わせていました

Img_4626_1

奥の部屋の囲炉裏は、今でも11月ごろから炭を入れて使われているそうです。

Img_4628_1

座敷の欄間には、欅の一枚板に亀の透かし彫りが施され、

何と言うことでしょ~ 光が差し込むと影絵が幻想的に浮かび上がります。

昔はロウソクの灯りで照らしていたそうですよ!

なんとオシャレな演出でしょ~ scissors

Img_4633_2

こちらは黒漆喰仕上げの内藏 ・・・ 立派な造りでした~

資料館には、色々な物が展示してありました。

Img_4634

石黒家の甲冑と陣羽織や笠、雛人形 ( 焼物 ) など ・・・

Img_4636_1

そうして解体新書の挿図を描いた

角館出身の武士小田野直武に関する古文書などが展示されていました。

Img_4637

野菜貯蔵庫など生活に係る物なども展示してあります。

Img_4638

家人の方の説明を聞きながら、

興味深く、江戸時代の石黒家の暮らしを拝見出来ました。

Img_4643

帰りがけ、8つの味覚の一つ ・・・ ババヘラアイスを頂きました。

婆ちゃんがヘラで作るアイスだそうです(笑)

Img_4644

とっても上手に短時間でバラの形に仕上げて下さいました~

甘みの少ない、昔懐かしいアイスでしたよ!

その後、バスに乗り込み 田沢湖 まで行くようです。

Img_4648

秋田駒ケ岳 を背にした田沢湖畔に立つ ・・・ たつ子像!

秋田県の中東部に位置する田沢湖は、

直径は約6kmの円形、最大深度は423.4mで日本第1位だそうです。

かっては、火山性・ミネラル分の高い水質でクニマスなども漁獲されていましたが、

戦時体制下、食糧増産と電源開発計画のために

湖水を発電用水・農業用水として利用したり、

別の水系である玉川温泉からの水の流入により、ほとんどの魚類が

数年で姿を消したそうです。

Img_4650

その後、酸性化が進み玉川下流の農業用水の被害も深刻になったため、

県は玉川温泉の水を中和する施設の設置!

しかしながら未だ湖全体の水質回復には至らず ・・・

魚類は酸性に強い ウグイ だけが残ったのだそうです。

Img_4652

そうしてあのスケートのザキトワ選手が欲しいと言って贈呈された

秋田犬 を見て、今夜の宿に向かいました。

Img_4662

秋田県鹿角市八幡平の 「 和心の宿 ・ 姫の湯 」 に浸かり

リフレッシュして、夕食の時間です。

Img_4655

通し ・・・ 舞茸と山くらげの佃煮   前菜 ・・・ 虹鱒の甘露煮

造り ・・・ 二点盛り合わせ   中皿 ・・・ 八幡平ポークシャブシャブ

鍋物 ・・・ 秋田名物きりたんぽ鍋   釜飯 ・・・ 鹿角産・淡雪こまち山菜釜飯

香の物 ・・・ いぶりがっこ   留椀 ・・・ 稲葉うどん

甘味 ・・・ 鹿角りんごゼリー

おいしゅうございました~~ delicious

みちのくの旅・後編は ・・・ こちら

« 三徳山登山のハズが・・・ | トップページ | みちのくの旅・後編 »

」カテゴリの記事

コメント

あらまぁ~最近は旅づいてますのねnotes
イイですね、行ける時にジャンジャン楽しまないとね!

みちのくはいいですよね、方言もねぇ、癒されますよね。
角館、田沢湖等、昔ツアーでいきましたよ~東北好きだわnotes

欄間のオシャレな事といったら・・・素晴らしい職人技に敬服しますねrock

ババへらアイスも凄く可愛いし、ピンクの婆ちゃんも写真映りいいじゃないですかhappy01
いいなぁ~~こういう素朴な触れ合いが旅の醍醐味でもありますよね♪

晴れろ教祖の祈りも通じて見事な晴天だったようで何よりでしたね(^_-)-☆

千春ちゃ~ん、早速見てくれて有難う~~♪

山旅している時には何度も東北にきているけど、角館とか五能線などはカラッチ初めてでした~
もちろん鶴の舞橋もね~coldsweats01
白神山地や田沢湖は、秋田駒ケ岳に登った時に立ち寄っているんだわ~
みちのくの方言・・・優しい響きで癒されますよね~

千春ちゃんも昔ツアーで角館や田沢湖に来たことあるのね。。
うんうん、何度でも行きたくなる「みちのくの旅」でしたよ!

角館の武家屋敷・石黒家のあの欄間の透かし彫りには驚きましたよぉ~
本当に素晴らしい職人技で何と言ってもお洒落だも~んscissors
その昔、こんなことを考えるなんて、素晴らしいよね。

ババヘラアイスのあのお婆ちゃん、一生懸命作っていて顔上げないから・・・
「ババちゃん、こっち向いて~」って声掛けたら、何と愛らしいお顔!!
思わず、「ばばちゃん、めんこいな~ 体大事にがんばってにゃ~」って声掛けましたよ~

ハーイ、今回は三日間とも見事なsunでした~

東北、良いわね。

晴れろ教祖様ご健在のようで、何よりでした。

そうか~そちらから東北は飛行機なんだ。。
それにしても、10時過ぎについたら、一日遊べるね。。

あら~鶴の舞橋も行ったの??
見事だったでしょう?

あんな素敵な場所が、意外に観光地化されてなくて、ちょっと寂しかったわ・
折角作ったのに、もう少し商売っ気出してもいいのにな~なんて余計な心配しちゃった。。


東北はいいよねー
大好きです。

mikちゃ~ん、ハーイ東北に行ってきました~happy01

カラッチは、東北も百名山の旅でカケスときているけどあの頃は山ばかりで
観光は殆どしてなかったのよ!
山の会で東北に来た時、白神山地や田沢湖には立ち寄ったことあったけどね。

そうなの~ 広島からだと東北は飛行機が多いの~ 早いものね。。

うんうん、鶴の舞橋・・・とっても素敵だったわ~~upscissors
岩木山をバックにしたあの景色、素晴らしかったよ!!
本当は岩木山に薄っすら雪が積もっている時に見たかったけどね~(゚ー゚;
ホント、全く観光地化されて無かったね。
このままでいて欲しいような、いやもっと多くの人に来てもらうようにとも思ったり気持ち複雑ね。

milkちゃんはいいわよね~ JR東日本で bullettrain ビューンと走ればよいのだから・・・
しかもとってもお安く切符が発売されるんですものね~(*゚▽゚)ノ

東北みちのくの旅、晴天に恵まれて何よりでした。
昨年は東北の山旅をしましたので、懐かしくもあり、
また白神山地の青池や、角館、乳頭温泉も訪れた地なので、
ほっこりしながら拝見いたしました。

ババヘラアイスのおばあちゃん、有名ですものね!
テレビで何度か拝見しましたよ。良いお顔してますよね^^
アイス、美味しかったですか~
東北の旅、また行きたくなっちゃいました。

あずささ~ん、見て下さって有難う~~note

ハーイ、今回はしっかり晴で素晴らしい三日間でしたよ!
秋田空港に着いたら1時間ほど前はドシャぶりだったって聞いて吃驚しました~

昨年のあずさ隊の東北の山旅では、秋田駒ケ岳にも登られましたよね。
そうそう、月山も森吉山にも登られ、早池峰山では晴天の中登られたよね~scissors
白神山地の青池や、角館、乳頭温泉も行かれたんだっけ!!
昨年のことですから、色々思い出しながら、ほっこり見て頂けて嬉しかったですぅ~

ババヘラアイス・・・カラッチ初めてだったのでどんなアイスかな?  って思ったの~
そうしたらとても素敵なお顔の婆ちゃんでつい話しかけちゃいました~happy01
アイスはね、昔懐かしいあっさりしたシャリっとした美味しいアイスでしたよ!

milkさんではないけど、東北何度も行きたくなっちゃいますよね~(*゚▽゚)ノ

懐かしい~
丁度 4年前、秋田駒ケ岳~岩手山~八幡平~早池峰山へ山旅途中、田沢湖と角館武家屋敷に立ち寄りました、当日はあいに空模様で山行を断念して 角館観光に切り替えてのことでした。
ほんとに今に残る、貴重な歴史ある建造物に感動したものでした。
自分達もそれこそ遠隔地ですので めったに行く機会もない処ですので、同行者も 今日は山に行けなくても角館観光できてよかったとの声も。
何でも 春の櫻開花のころはまた最高に綺麗だそうですね、
その折、名産(いぶりがっこ)を試食して美味しかったのでつい、お土産にと買ったはいいが
持ち帰る時、あの微妙?香りが 車内に!・・・ものすごく白い目で見られているようで~
苦い、楽しい体験で今でも時々仲間内から チクリと・・丁度秋の紅葉時期でそれはもう凄い東北の
紅葉でした、その分八幡平の駐車場では ダウンを羽織るほど寒かった思い出でした
また東北の旅、いけたらいいなあ~~。

山帽子さ~ん、コメント有難う~~note

そうでしたか~ 山帽子さん達が東北の山を歩かれたのは、もう4年前なんですね!
東北の日本百名山4座登られる予定だったのですね~
紅葉の角館と田沢湖に立ち寄られたのですね~
燃えるような角館の紅葉良かったでしょ~~maple

ははっ~ いぶりがっこ・・・買って帰られたのですね~ 
美味しいですもんね~~happy01
そんなに車内で臭いしましたか~~

私達もワンゲルの会から秋田駒ケ岳に登った時、物凄い風で吹き飛ばされるかと思いましたよ。
八幡平では、山帽子さん達、寒かったのですね!
お天気だけはどうすることも出来ないですもんね~typhoon

本当に東北は良い所が一杯ですので何度でも行きたいですよね~ 桜の頃にもね。。
こちらからは、飛行機を乗り継いででしたので、3時間程で行けました!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1413126/74241755

この記事へのトラックバック一覧です: みちのくの旅・前編:

« 三徳山登山のハズが・・・ | トップページ | みちのくの旅・後編 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

古着買取・Brandear

無料ブログはココログ