« 雲海に浮かぶ備中松山城! | トップページ | 忘年会登山 ・ 平家山~烏帽子形山 »

2018年11月12日 (月)

備中高梁・武家屋敷巡り

そうそう、備中高梁の街中まで下りてくる途中も素晴らしい紅葉でした。

(画像はすべてクリックで大きくなります)

Img_5196

下から見上げたシャトルバス発着場の紅葉!

Img_5198

川沿いに紅葉を楽しみながら歩いて下ります。

Img_5200

紅葉も一番の見頃でしょうか~

Img_5202

陽があたっていっそう鮮やかです!

Img_5203

武家屋敷を見物に行く前に、ランチを頂きましたよ。

Img_5213

両側に土塀が続き、格式のある門構えの家並みが見られました。

石火矢町の武家屋敷通りを歩いていたら、

今朝送って頂いた雲海タクシーのドライバーさんの車が走って来て、

気が付かれ、笑顔で手を上げて走って行かれました。

石火矢町ふるさと村は、

岡山県高梁市にある町並み保存地区の名称で、

約250メートルの坂道沿いに、現在も旧武家屋敷や土塀がよく残り、

武家屋敷の景観を今に伝えています。

Img_5214_1

旧折井家

この建物は、今から170年前天保年間に建てられたもので、

160石の馬回り役を勤めた武士が住んでいた建物だそうです。

寺院や数寄屋風の要素を取り入れた珍しい造りとなっており、

市の重要文化財に指定されています。

Img_5214

こんな昔の恰好をした人形が出迎えてくれましたよ!

Img_5215_1

武家屋敷・旧折井家は、

母屋と長屋門からなり、母屋は書院造りで、

また中庭の池や庭石、踏み石などは、ほぼ昔のままで、

その庭に面して資料館がありました。

次に向かったのは、旧埴原家 です。

Img_5220_1

江戸時代中期から後期にかけて、120石から150石取りで、

近習役や番頭役などを勤めた武士の住宅だそうです。

Img_5221_1

旧埴原家の座敷には、付書院の花頭窓がありました。

松山城下の武家屋敷としては、

寺院建築や数寄屋風の要素を取り入れた珍しい造りであり、

市の重要文化財に指定されています。

次に向かったのは頼久寺です。

Img_5223

天柱山安国頼久 (らいきゅう) 寺は、

臨済宗永源寺派に属し、その草創は不詳だそうですが、

暦応2年 (1339) 足利尊氏が再興して、備中の安国寺と号しました。

後に、松山城主・上野頼久公が大壇越となり、寺観を一新し、

大永元年逝去したので、頼久の二字を加えて、

安国頼久寺と寺号を改称しました。

Img_5225

特にその庭園は有名で ・・・

Img_5234

頼久寺 (らいきゅうじ) の庭園は、

足利尊氏が諸国に建立させた安国寺の一つにあたり、

禅院式枯山水蓬萃庭園 ( 鶴亀の庭 ) で

江戸時代初期の大名である小堀遠州によって造られたもので、

1974(昭和49)年に国の名勝に指定されています。

江戸初期の庭園としてはわが国を代表するものの一つです。

不老不死を願う蓬莱神仙思想に基づいた

枯山水庭園で ・・・

Img_5230

愛宕山 (あたごやま) を借景に、みごとな枯山水を造り、

豪華なサツキの大刈込みで大海の波を表しているのだそうですよ!

Img_5240

また白砂の中央に、

鶴島・後方に亀島の二つの低い築山状の島を置いて石を組み、

亀島には亀の姿を石で具象的に表現し、

遠州作庭中の傑作庭園と称せられているそうです。

Img_5242

庭に面した縁で説明を聞きながら、

見事な枯山水の庭を眺めていると、不思議と心が落ち着きました。

寺までの道のりも美しい山々に囲まれた絶景で、

多くの観光客が遠方から訪れるそうですよ。

Img_5248

武家屋敷通りを堪能した我々は ・・・

日本の道百選にも選ばれている、紺屋川美観地区を歩きました。

高梁川に流れ込む紺屋川は、かって備中松山城の外堀の役目を果たしていました。

河畔には美しい桜と柳の並木道が続き、

県下最古の教会・高梁キリスト教会堂など情緒豊かな町並みが広がっています。

日本の道百選にも選ばれています。

Img_5263

観光物産館に立ち寄ってお土産を買ったり、

商家資料館で高梁市屈指の豪商 ・ 池上家の邸宅も見学しました。

池田家は、享保年間 (1716~1736年頃)、 小間物屋に始まり、

高瀬川を航行した高瀬舟の船主や両替商を営み、財を成したそうです。

Img_5259

入り口には古い商家の建物を見学できる展示があり、

無料の休憩所となっていました。

Img_5250

そうそう、藩校・有終館跡の前も通りました。

藩校有終館は、延享3 (1746) 年に備中松山藩の学問所として創設されましたが、

現在は、高梁幼稚園となっていました。

Img_5269

ゆっくり歩いて、備中高梁駅まで戻り、

来るときに使った 「くまなくおでかけパス」 の切符で、

備中高梁駅から倉敷まで電車に乗り、

Img_5271

倉敷駅の直ぐ向かい側にある、三井アウトレックパークに行ってみました。

三井アウトレックパーク は、

JR倉敷駅北口のテーマパーク (倉敷チボリ公園) 跡地に建設された

アウトレットモールで延べ床面積は約 3500㎡ もあり、

店舗数は120店舗 (アウトレットは114店) もあるそうです。

山仲間とモンベルなどの山用品店でウインドショッピングしたり

吉備の国くまなくおでかけパスに 付いている

おでかけ割引クーポンでアイスクリームを頂いて、楽しんで帰りました。

Img_5270

またJR備中高梁駅直結の高梁市複合施設の2階には

観光案内所もあり、高梁市の色々な案内パンフレットなどを頂きました。

倉敷から尾道まで、普通電車で帰り ・・・ bus

「吉備の国くまなくおでかけパス」 ・ 1980円で、

一日中有効的に遊んで来ることが出来ました~

しかも雲海に浮かぶ備中松山城まで見れて大満足でした~ note

同じ高梁市にある 「吹屋ふるさと村」 のベンガラの町並みには、

時間の関係で行けませんでしたので、またの機会に訪れてみたいと思います。

雲海に浮かぶ備中松山城の前編は ・・・ こちら

« 雲海に浮かぶ備中松山城! | トップページ | 忘年会登山 ・ 平家山~烏帽子形山 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

紅葉と武家屋敷、素晴らしいね。
雲海の松山城も素敵だったけど、この紅葉にはびっくり。
良い所を歩いて、しかも、リーズナブルな旅、言う事無しだわ。

時期もぴったりで、こちらも綺麗な写真を見せて貰えて良かった(^^)

雲海に浮かぶお城、見事だわ、
なかなか、こんな雲海に浮かぶのは、
難しいらしいですね。

幻想的なんでしょうね。
私も二枚目の写真がいいわ。

武家屋敷も心落ち着く感じがする。
ベンガラ興味深い。
楽しみにします。

紅葉もぴったりの時期だったね!
赤が綺麗だわ、

お安い切符で、楽しい1日で、
また若さ維持しちゃいましたね🎵

山百合さ~ん、続いて見てくれて有難う~~note

ハーイ今回は丁度、紅葉もベストマッチしたようでした~
備中松山城の紅葉、素晴らしかったで~す!
山仲間が備中高梁方面のツアーがこの時期に出ているので・・・
この時期が紅葉綺麗なのではないかと企画してくれました。

うんうん見所満載で、しかもリーズナブルな旅が出来て最高でした~happy01
長いレポを見てくれて有難うね。。

milkちゃ~ん、コメント有難う~~(*゚▽゚)ノ

ハーイ、備中松山城の雲海・・・本当に素晴らしかったよぉ~scissors
ギリギリ雲海に間に合って、初めて訪れてこんな雲海見れるなんて超ラッキーでした。
初めてこんな雲海見れて幸運ですよって、近くでカメラ構えている人に言われちゃいました~
なかなか運が良くないと見れないらしいですぅ~coldsweats01

milkちゃんも二枚目の写真が気に入ってくれましたか~
紅葉も適当に出てるし、雲海の流れも多少出ていたかなぁ~

武家屋敷ももっとたくさん見たかったけど、後の時間もあるのであんな感じでした。
頼久寺のお庭が素晴らしかったで~す!
ベンガラの里・・・直ぐには行けないかも知れないけど、何時か必ず行ってみたいです。
備中松山城の紅葉が鮮やかで綺麗だったわ~~maple

うんうん、こんな安い切符で一日遊べて申し訳ないほどでしたよ。

雲海一枚目の写真カラッチさんのドキドキが伝わってきますねぇ
素晴らしい~ドラマチックだわぁ。
条件が揃って紅葉の美しさから何から何まで見事にベストマッチ言う事ありませんね~
写真も上手に撮られたましたね!

その後も良い余韻に浸りながらの武家屋敷見学だし
お得切符で緻密な計画!充分に計画を練られたのでしょうね~アッパレですねgood

詳細な丁寧な説明も、いつも関心しちゃいますね、カラッチさんは勉強家ですね♪

千春ちゃ~ん、見てくれて有難う~~note

備中松山城の雲海・・・最初の画像からカラッチのドキドキ伝わりましたか~
うんうん、本当にドラマチックに霧がかかったり引いたりで・・・
全部で30枚位写してました~camera

ハーイ当日は運よく条件が整って、素敵な雲海が広がっていました~scissors
運気は午前8時頃までって言われますので、ホントにギリギリの時間帯だったのです!
皆さん大きな一眼レフで写されていて気後れしましたが、褒めて下さってサンクス~happy01

そうなの~ づっと余韻に浸りながら一日有効に歩くことが出来ました。
尾道から倉敷まで、そうして備中高梁まで往復で1980円ですから、安いでしょ~

丁寧な説明だなんて~ 頂いたパンフレットやネット検索でレポ書いてるんですよ~(汗)

おはようございます
備前・高梁とか、あまり馴染みありませんので検索してみました。
尾道から、さほど遠くないのですね。
天空のお城、この時期雲海の名城・・揃っていますね。
これに紅葉とくれば、これはもう行かねばと、そうだったのですね。
お蔭様で、居ながらにして、楽しませてもらいました、
しかも詳しい解説付きで。
それにしてもJRさんも青春切符とかあの手この手で企画してお得感を出していますよね
九州でもきっとそんな企画はあるのでしょうね。
少し、以前にカラッチさんも 門司港のレトロ街に来られましたが、改修中だった門司港駅も
ルネサンス様式の復刻も一部完成して、解放されてまた一つ観光名所になったようですよ。

山帽子さ~ん、見て頂き有難うございますぅ~(*゚▽゚)ノ

ハーイ、尾道から倉敷まで普通電車でも1時間で倉敷から備中高梁まで30分でした。
でも倉敷で待ち時間があるので、約2時間ちょとでした~train
こちらからは近くでも、九州からでは遠いですよね。

>天空のお城、この時期雲海の名城・・揃っていますね。
そうなんですよ~紅葉のこの時期に是非とも雲海に浮かぶ備中松山城を見たいと・・・
友人が計画してくれました。
目の前に雲海に浮かぶ天守が見えた時は、興奮しましたよ~~coldsweats01
楽しんで頂けて良かったですぅ~

私達、JRの青春切符やこうした「吉備の国・くまなくおでかけパス」を良く使わせて貰ってます。
だって~ 2000円前後で一日中楽しめるんですものね!!
JR九州でもあるのではないでしょうか~ 検索して見てね。。

うんうん、門司港レトロも楽しませて頂きました。
門司港駅・・・ルネッサンス様式の復刻が完成したのですね。 是非また行ってみたいですぅ~paper

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1413126/74585099

この記事へのトラックバック一覧です: 備中高梁・武家屋敷巡り:

« 雲海に浮かぶ備中松山城! | トップページ | 忘年会登山 ・ 平家山~烏帽子形山 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

古着買取・Brandear

無料ブログはココログ