« 新しい年の幕開け! | トップページ | ホテル鷗風亭で至福のひと時 »

2019年1月23日 (水)

大懸山登山!

1/20(日)にワンゲル会1月例会で呉市の大懸山に登って来ました。

 

平成31年になって初めての登山であり、

 

ワンゲル会も今年の3月末をもって解散となるので ・・・

 

総勢33名もの参加者があり、賑やかな登山となりました。

 

前日までづっとお天気が続いていたのに、何故か当日は小雨の中の出発となりました。

 

大懸山 (おおかけやま) は、

 

呉市仁方町の背後に位置する標高417.4mの里山で、

 

ガイドブックなどには紹介されることの少ない低山ですが、

 

登路には随所に岩場があり、

 

岩の上を歩いたり越えたりするため標高の割には登り甲斐があります。

 

今回は新年と言うことでお昼ご飯を皆さんと一緒に頂くので、

 

午前6時15分に山陽自動車道・尾道 IC を出発!

 

高屋 JC から広島呉自動車道の乗り、阿賀 JC で下りて、

 

国道185号線の呉市仁方トンネルを目指して走ります。

 

(画像はすべてクリックで大きくなります)

 

Img_3467

 

仁方第二トンネルを出た先にある

 

仁方ゴルフセンター入口の国道駐車場にバスを停め、準備をして出発です!

 

国道を渡り、元薬局があった横の路地を入り、

 

大歳神社から歩き始めます。

 

神社で心身を清め、安全祈願をして登ります。

 

Img_4962

 

大歳神社には、沢山の絵馬が飾ってありました。

 

地元海運会社や造船所の大型船などの絵も奉納されていました。

 

仁方地区の過去の栄華が偲ばれます。

 

Img_3428

 

大歳神社の裏から大懸山に向かって歩き始まます。

 

雨は殆ど小雨ですが、合羽を着ての出発となりました~ 

 

 

 

 

 

 

当日は私メがリーダーでトップを歩く為、写真撮影は控えました。

 

画像は2回の下見の時のものを使っています。

 

Img_3431

 

最初は里山に登るようなトレイルを少しづつ高度をあげて登って行きます。

 

竹林の斜面の崩れかけた狭い道が続いています。

 

竹林から雑木林に変わると急傾斜の鉄塔保守道になりました。

 

鉄塔の左横より落葉を踏みしめながら歩きます。

 

やがて雑木林の中の尾根道になり、

 

この辺りから大小の岩が見え始め、登山道らしい雰囲気となりました。

 

Img_4963

 

少しづつ岩場が出始めてきました。

 

パラついていた雨も上がり、休憩&衣服の調整タイムを取りました。

 

岩の多い尾根を登っていくと、

 

大きな岩が行く手を塞ぐように転がって、岩の間を登って行きます。

 

Img_3432

 

左に巻いて岩の上に出ると瀬戸内海の展望は広がり、

 

テラス状の展望岩に出ました。

 

Img_4970

 

展望岩からは左手に安芸灘大橋を挟んで蒲刈島、

 

眼下に仁方港、右手には白岳山の麓に広がる広町の市街地、

 

その先には呉の街並みが望めます。

 

Img_4971

 

向かって画像の左には、栢島も見えてます。

 

この日は生憎のお天気でしたが、それでも展望岩からは眼下に

 

安芸灘大橋の向こうに上蒲刈島や下蒲刈島も見えたそうです。

 

(展望岩には大勢上がれませんので、カラッチは少し先で待ちました)

 

Img_4977_1

 

更に岩場の間を縫うように登って行きます。

 

山頂近くまで登ると、第二展望岩もありましたが ・・・

 

この日は余り眺望も良くないのでそのまま山頂に向かいました。

 

Img_3444

 

こんな割れ目のある岩もありましたよ!

 

Img_3452

 

まもなく大懸山々頂 (417.4m) に到着しました。

 

しかし山頂は、樹林に覆われて展望はありません。

 

三角点にタッチし全員で記念写真のみ撮って,下山道となる物見山方面に向かいます。

 

Img_3453

 

が ・・・ ここでカラッチのミス!

 

物見山とは違う方向に進んでしまい、少し引き返しました~(汗)

 

足元が見えないようなトレイルを歩き、

 

シダを持たないと怖いような急な道を下り、しばらく歩くと物見山に着きました。

 

Img_3455_1

 

お弁当を持ってきた場合、ここで昼食する予定でした。

 

Img_3454

 

物見山からは、鉄塔のある膳棚山(839m)から右に連なる

 

野呂山の山並みが見えています。

 

Img_3458

 

そうして大懸山の頂上を西側から見ると、緑の中に岩石群が一段と映えています。

 

あの岩場を登って来たので急なハズですぅ~

 

Img_3460_1

 

その後づっと下って行き、少し開けた場所に出ました。

 

下見の1回目の折、I さんを先頭にこの辺りから鉄塔目指して下ったように思い ・・・

 

Img_oogakeyama_tizu_2

 

地図上の点線部分が2回目に歩いた下山道で正規のみちです。

 

「219」から下に伸びている実線が今回歩く予定のコースでした。

 

2回目の下見で、W さんと正規の下山道を下ってみましょう~

 

ということで赤テープで印を付けながら歩いたところ、

 

1回目の下見で下った距離よりはるかに長く歩いて、

 

仁方第一トンネルの方まで下りてきたのです。

 

しかも下山口から更に1時間程歩き、トンネルの中も歩いたので

 

やはり正規の下山道では無いけど、

 

1回目の下見で歩いた道を本日は下ろうと思ったのですが ・・・

 

どうやら道迷いしてしまい、

 

Img_3460

 

この鉄塔の場所まで辿り着くのに、

 

T 会長初め沢山の方に歩けそうな道を探して頂き、

 

またワンゲル会の参加者の皆様に途中で待たせ、不安な思いをさせてしまいました~ <m(__)m></m(__)m>

 

やっと墓所やテレビアンテナのある所に出てホッとしました、

 

皆様、ご協力有難うございました。

 

もう一度、下見をしておくべきだったと反省です。

 

沢山の登山者が歩かない、近場の山での怖さも感じました。

 

Img_3462

 

仁方の大歳地区の民家が見えて安堵しました。

 

午前11時には下山予定でしたが、

 

大幅に遅れてまずは昼食会場に予約していた 「すし徳」 にバスで直行し、

 

Img_4984

 

すし徳御膳を頂いたのですが ・・・

 

人数が多く器が足りないのでパックにさせて下さいと言うことでした。

 

画像の料理に天ぷらを付けて頂いて、「すし徳御膳」 !

 

パックは致し方無いにせよ、天ぷらは冷めているし、

 

お寿司の量も少なく、お酒を飲まれた方はアテが少なかったことでしょう~

 

また新年会登山と言うことでビール等お酒も会で負担する

 

予定でしたが飲まれない方に不公平と言う意見もあり、自己負担とさせて頂きました。

 

パックだったこともあり、お料理の見栄えが良くなかった!

 

反省点・その3でした~~

 

でもまぁ~ 山自体は岩場もあり楽しかったと言って頂き良かったです~

 

ワンゲル会としての登山も残り2回です。

 

皆さん、楽しい山歩きをしましょう~~

 

=====================

 

余談ですが、大懸山を歩いた翌日(1/21)がカラッチの誕生日でした。

 

Img_0005_1

 

孫とママの手作りケーキでお祝いしてくれました。

 

またカラッチが欲しがっていた包丁のプレゼントもありましたよ!

 

Img_0004_1

 

「おばぁちゃん、これからも美味しいお料理作ってね~」 と言うコメントを添えて ・・・

 

もう一つ嬉しいプレゼントがありましたが、こちらは後日レポ書きますね~

« 新しい年の幕開け! | トップページ | ホテル鷗風亭で至福のひと時 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

リーダー役お疲れさまでした。
二度も下見したって凄い念の入れようで、この登山にかける思いが伝わります。
無事に下山されてやれやれでしたね。

全てにおいて丁寧で律儀なカラッチさんだからねぇ・・・
自己採点が厳しいんじゃないでしょうか~?
カラッチさんのお人柄ですもの気持ち良く皆さん帰路に着かれた事でしょう。

ワンゲル会も、あと少しで解散ですね。
あんな事、こんな事、みんな良い思い出になりますね

本当にお疲れさまでした(*^ー゚)b

千春ちゃ~ん、早速見てくれて有難う~~

ハーイ、二度下見をしましたが、この日下山したコースは正規の道ではなく、
落葉も積もって踏み後も定かでなく難儀しました~
二回目の下見で、このコースを歩いてみるべきだったと反省ですぅ~

>全てにおいて丁寧で律儀なカラッチさんだからねぇ・・・
ポリポリ・・・(゚ー゚; いえいえ丁寧どころかアバウトなんですよ~

昼食は器がプラスチック容器に変って見栄えしない、参りましたわ~
天ぷらは冷めちゃってるし、せめて天ぷらは揚げたての熱々を別皿で出して欲しかったです。
ふふっ、人柄でカバー出来たかなぁ~

うんうん、ワンゲル会もあ2回で解散です。
色んな山を皆さんと一緒に歩いて、思い出を共有出来たことが良かったで~す!
有難うね~~~

リーダーさん、お疲れ様でした。。

色々と大変でしたね、大勢の方たちのリーダーは大役でしたね。。
落ち葉の中を道を探しても大変、
ハラハラでしたね・・

でも皆さん楽しく歩けた様子でよかったわ。

食事はちょっと残念でしたね。
そうねー天婦羅くらいは暖かいのお願いしたいよね。

流石、海の側の神社、絵馬が素敵ね。。

大勢を連れては色々漏れが無いかと気を遣うよね。
カラッチさんは細々と気配りされる方だから、皆さん喜ばれたと思うよ。
ちょっと石が珍しい山だわね。
歩きにくい所も有っただろうし、少々の迷いも落ち葉を踏みしめての歩きで足には
優しい物ね。
美味しそうなご馳走、ちょっと器や冷えた天ぷらが残念だったけど、疲れてお腹
空いていたら美味しいく頂けたんじゃないですか。
お疲れ様でした。

カラッチさん元気だわぁ。
こんなに歩いて素晴らしい。

milkちゃ~ん、優しいお言葉&コメント有難う~~(*゚▽゚)ノ

余り人の歩かない里山は、落ち葉が落ちたり、木々の感じで様子が違いハラハラドキドキでした。
やはり、もう一度下見をしておくべきだったと反省ですぅ~

登路は岩場もあり、皆さん楽しみながら歩いて下さったと思います。
会員の皆さんも良い方達で、不満は聞こえてこなかったけどね~~

人数が多いとは言え、天ぷらは熱々でなくとも温かくして出して欲しかったよ~
パック詰が見栄えしなくてね~~(;´д`)トホホ…

絵馬・・・この大歳地区の皆さんが神社を大切に守ってらっしゃるんだろうなと思いましたよ。

山百合さ~ん、見て下さって有難うね~~(*^-^)

うんうん、今回の大懸山には会員の67%もの参加率で吃驚でした~
あと残り少ない山歩きとなるので大勢参加して下さったと思います。
田舎なので、なかなかお食事処が見つからなくて・・・
下見の時に食べた「すし徳」のランチがまぁまぁ美味しかったので、ここに決めたんだけどね。
人数分の器が無いと言われてパック容器になったんだけど、天ぷらは温かいのを出して欲しかったですぅ~
こんなんじゃ~ カキ小屋でカキを焼きながら食べた方が良かったかなと思いました。

>カラッチさんは細々と気配りされる方だから・・・
いえいえ、そんなことありませんってば~ 千春ちゃんにも書いたけどアバウトなんですよ!

ハーイ、まぁ~結構岩場も面白かったし、下りも道迷いしましたが、なかなか変化に富んだ面白いトレイルでした。

まだこの程度の山ならば、なんとか歩けてま~す!!
でも日頃のウォーキングは欠かせませんけどね~

お誕生日おめでとうございました
素敵なプレゼントですね~益々、腕をふるっちゃいますね!

可愛いケーキ家族愛いっぱいですね♪

いいな、いいな
もう一つ嬉しいプレゼントってなーんでしょうねぇ(ノ∀`)・゚・。

お誕生日おめでとうございました。

嬉しいプレゼントだね・・美味しい物たくさん作ってね・。
圧力鍋もゲットできたし・・。

次のレポ・楽しみだな~

暖冬傾向と思っていたら、当地は朝から、白いものが舞ったり止んだり・・この時期らしい寒さの一日です、英彦山当たりは結構積雪らしい、狙おうかな。

どこの山の会も節目があるのですね、自分が所属していた山の会も丁度20年目で 活動停止そして
解散式が有りました、会員現象&年齢上昇などなど、リーダーも引き受けてなくて・・
発足時は会員数 約60名余り、最終的にはそれが半数以下でした、いろんな山体験と大切な友人たちとの出会いも有って個人的には感謝しております
栄枯衰勢は世の常とは言うものの、いたし方ないですね いずこも同じようでしたね

千春ちゃ~ん、お祝いコメント有難うね~(゚▽゚*)

ハーイ、この歳になると誕生プレゼントなんて夢にも思って無かったので嬉しかったで~す。
やはり家族の愛を感じちゃいました~

嬉しいもう一つのプレゼントは、出掛けなきゃ~行けないのでまだレポ出来ましぇ~ん!
ふふっ、待っていてね~

milkちゃ~ん、お祝いコメントサンクス~~(o^-^o)

うんうん、こんな包丁貰ったら腕を振るわざるを得ないですよね~
圧力鍋とこの関孫六の包丁でがんばりますよ~

次のレポ、一週間くらい先になるかも~ですぅ~

山帽子さ~ん、うんうん今週後半から少し冷え込むとの予報でしたもんね~
そちらは雪がちらついていたんですね。

ハーイ、我がワンゲル会も年々高齢化が進み、役員やリーダーの引き受け手もいなくて・・・
遂に解散することになりました~

山帽子さんが所属されていた会も、20年目で活動停止されそして解散式が行われたのですね。
本当にいろんな方たいとの出会いや山体験ととっても思い出深いですよね。
カラッチも53歳でカケスは63歳で初めて山の会に参加し、先輩方に色々学んで、お陰様で百名山も歩けて、ワンゲル会あってのカラッチ隊なんですよ~

>栄枯衰勢は世の常とは言うものの、いたし方ないですね。
うんうん、本当に・・・   これからは自分の体を少しでも鍛えつつ、近場の山を楽しむつもりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大懸山登山!:

« 新しい年の幕開け! | トップページ | ホテル鷗風亭で至福のひと時 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ