« 鞆の雛祭りと鷗風亭 | トップページ | ココログの不具合 »

2019年3月12日 (火)

ワンゲル会最後の山・三丘ケ岳

2019.3.10(日)、いよいよワンゲル会の行事として最後の山となる

山口県周南市の三丘ケ岳 (みつおがたけ) に登って来ました。

前日も前々日も でしたが、当日は の予報 ・・・

何だかワンゲル会の解散を惜しんでの慈雨かなと思ったのでありました。

せとうちワンゲル会は、

前会長のH・K氏が創設され、それ以降30数年の歴史があります。

「ピンピンコロリ」 を合言葉に、10年先を見据えて歩くことで元気で過ごしましょうと

創設されたと聞いております。

カラッチがこの会に入れて頂いたのは、今から18年前のことです。

一番最初に尾瀬に連れて行って頂き、自然の素晴らしさと山仲間との出会いによって

山歩きに魅せられてしまいました。

カケスが63歳、カラッチが57歳の時でした。

山歩きを始めるには遅い年齢でしたが、

入会当時は 「若い人が入った」 と言って頂きました~

歩くことが苦手だったカラッチでしたが、S さんや O さん達沢山の先輩達との出会いで

歩くことの楽しさ、自然と触れ合うことの素晴らしさを教えて頂きました。

すっかり山歩きに嵌まったカケスとカラッチは、

その後日本百名山踏破を目指して歩き、車で全国を移動しながら、

1ケ月以上も家を空け山旅を続けて

2013.8.21 に北海道の幌尻岳に登り、

二人で 日本百名山を制覇 することが出来たのです。

これも偏に諸先輩方のお陰と深く感謝しています。

=====================

さて本題 ・・・ 三丘ケ岳登山に戻ります。

本日の参加者は総勢26名です。

山口県周南市にある三丘ケ岳 (318.8m) は、地図上では城山と記されており、

中世の山城があった山だそうです。

南西の稜線には 「夫婦岩」 もあり、高水神社の奥の院となっているそうです。

登山ルートは玖珂17高架から登る正面登山道、

玖珂18高架から登る夫婦岩コース、

旧山陽道中山峠からのコースがあります。

また、山塊の東側を流れる島田川沿いには、

淡海道と呼ばれる歴史街道が走っているそうですよ。

本日のリーダーは、現会長の T さんです。

実は元会長の K さんが会長職を辞される折、一度解散危機もありましたが・・・

現会長の T さんが会長職を引き継いで下さり、現在に至っています。

当日は雨だったこともあり、写真を余り写してないので

簡単なレポで~す!

我々は、広末ルートと呼ばれる谷あいの道を登って行きました。

(画像はすべてクリックで大きくなります)

Img_0007

小雨の降る中、合羽を着てザックカバーもつけて歩いています。

最初は落葉を踏みしめながら、緩やかな傾斜でしたが ・・・

Img_0008

段々に傾斜もきつくなり、巻くように登って行きます。

Img_0009

この辺り ↑ で先頭を歩く T さんの歩みが止まり、

夫婦岩への道を探しておられるようです。

H さんがストックを向けている方の谷を下って、道を探しに行かれました。

「こっちにありますよ~」 と言う声で、急峻な道を下り登り返すと、

夫婦岩と城山の分岐の標識に出合いました。

Img_0010

ここから鉄塔のある所まで歩き、

夫婦岩まで往復30分位と言うことで6名の方が残られました。

Img_0013

夫婦岩に到着しました~

Img_0014

いやぁ~ これは一見の価値がありますね。

夫婦岩は高水神社境内裏山の山頂に立つ、

南北に並ぶ花崗岩の巨岩で、一つは高さ 7.9m、周囲 16.1m、

もう一つは逆さ 8.5m、周囲 19.7mで、それぞれ 1.4m 離れて直立していました。

何でも見つめ合っている夫婦の顔に見えるのだそうですよ!

Img_0012

今日は小雨が降っていて眺望は良くありませんでしたので、

こちら ・・・ youtube の画像をご覧下さい。

Img_0017

アセビの花が雨の中、健気に咲いています。

アセビ (馬酔木) ・・・ ツツジ科アセビ属の常緑低木

夫婦岩を見たら分岐まで引き返します。

Img_0018

椿の花が登山道に散って綺麗でしたよ!

Img_0015

見上げると一輪の綺麗な椿が咲いていました。

尾根道を進むと城山 (三丘ケ岳) への分岐がありましたが、

風も出て来て眺望も無いし、お弁当も雨の為食べれないので下りましょう~

と言うことで、旧山陽道中山峠に向けて下山しましたが、

この道が雨の為、ぬかるんだトレイルで大変でした。

写真を撮ろうかと思ったけど、滑りそうで怖いので画像はありません。

滑ると泥んこですが、誰一人滑り転ぶ人がいなかったのが幸いでした。

Img_0020

集落のある近くまで下りてきました。

目の前に見える悦峰は、竜ヶ岳でしょうか~

下山後合羽などを脱ぎ迎えに来ていたバスに乗り込み、

バスの中でお弁当食べて・・・

Img_0021

東善寺やすらぎの里でリフレッシュして帰りました。

T 会長さん、長い間本当に有難うございました。

こうしてワンゲル会の長い歴史を終えました。

皆様、本当にお世話になりました。

=====================

3月3日の我が家の雛祭りの様子です。

Img_hinamaturi_5

今年は手鞠寿司でお祝いしました。

Img_hinamaturi_4

こんなお寿司とケーキも・・・

そうして我が家に咲いた春を告げる花です。

Img_misumi_1

ミスミソウ ・・・ キンポウゲ科スハマソウ属

毎年可憐な花を咲かせてくれます。

Img_wagaya_3

フキの薹ですが、開き過ぎて食べれそうにありませんね。

Img_wagaya_1

このシクラメンは毎年沢山の花を咲かせてくれます。

« 鞆の雛祭りと鷗風亭 | トップページ | ココログの不具合 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

あら~とうとう最後になっちゃいましたね、思い出深い山歩きも沢山あった事でしょう。。

百名山登頂のきっかけになって、カラッチ夫婦の趣味も広がって
それとお友達も沢山できた、本当にきっかけになった山岳部でしたね。。

まだまだ歩けるでしょうから、これからはご夫婦でのんびり歩きかな?

また何かのきっかけで皆さんと歩くのもあるかもしれませんね。
「最後」という言葉だけで寂しいね。。


お雛祭のご馳走も美味しそう。。

milkちゃんハーイ、とうとうワンゲル会としては最後の山となりました。
うんうん・・・最後と言うと何だか胸に来るものがありますね。

会の方は解散しますが、有志で同好会のようなものを作って歩きましょう~と言う声も出ているので・・・
また仲間とも歩くことがあるかと思います。

そうなんですよね~ 登山のとの字も知らなかったカラッチでしたが、山歩きを通して
沢山の友人も出来、おまけに百名山を歩くきっかけをくれた会でした~

これからも歩ける間は、カケスとも近場の山など登りながら楽しめたらなと思っています。

ワンゲル会最後の山歩き、皆さんの思いが伝わるようです。
夫婦岩が、何とも言えない良い感じですね~
きっと、これからも有志の方たちで歩かれることでしょう。

百名山を目指すきっかけとなった、ワンゲル会だったのですね。
最近、山歩きがめっきり少なくなってしまった私たちですが、
やっぱり山はまだまだ歩きたいし楽しみたいと思っています。

ひな祭りの手毬寿司やケーキ、美味しそう
ミスミソウも毎年咲いてくれて、綺麗ですね~

あずささ~ん、ワンゲル会としては遂に最後の山となりました~

この日は慈雨が降っていて、やはり皆さん心なしか淋しそうでした。
まだ若い方は50代の方もあり、まだまだ山歩きしたい心境でしょうから、そんな方は他の会に移られるようです。

うんうん早速、同好会も立ち上げお花見登山も計画されているようですよ!

そうなんですよ~ ワンゲル会に入れて頂いたお蔭で百名山も歩けました。

あずささんご夫婦もまだ山歩き続けて行かれる予定ですよね。 お互いもう少し頑張りましょう~

手鞠寿司、美味しそうでしたか~
ミスミソウはとっても強くて、健気に毎年咲いて楽しませてくれます。

せとうちワンゲル会お疲れさまでした('◇')ゞ

雨の登山日と言うものありましたよね~こんなに色とりどりの合羽は今までになく印象的に
映りますね~長年親しみ深く読ませていただきましたが私にとっても心に残る光景となりますわ。

この会をきっかけに63歳から登山を始めたカラッチさんなんですね!
それはそれは素敵なご縁を頂けたわけで数年後には百名山制覇の偉業を成し遂げられて
その勢いたるや素晴らしい御夫妻ですねぇ~~っ。

どうぞ、これからも楽しい山レポを!!
楽しませてくださいね♪

お雛祭り、これまた心尽くしのお祝いですね~。
今の時代は何かにつけて外で済ませる派が多い中でお家で祝い膳をって本当に偉いわぁ。

千春ちゃ~ん、有難うね~~(#^^#)
ワンゲル会の記事も最近はづっとこちらにアップしてましたもんね。

ハーイ、ワンゲル会最後の山・・・雨となり合羽を着て歩くことになりました。
色とりどりの合羽もこうしてみれば、綺麗ですよね~(^-^;

うんうん、カケスは63歳、カラッチは57歳から始めた山歩き、このワンゲル会がきっかけでした。
本当にこの会に出逢って無ければ、百名山も歩いてないかも知れません。
そうして千春ちゃんや多くのネット仲間の応援を得て、全国の山旅して歩きました。
今、思い出しても素晴らしい出会いとご縁を頂けたと感謝の気持ちで一杯です。

まだOB会を立ち上げて歩く予定ですので、またレポ書きますね~

孫にも出来るだけ家族でのお祝いや行事は、贅沢でなくとも大切に受け継いで欲しくてね。。
何だかniftyのブログ、調子悪い見たいですね。 絵文字が表示されないですぅ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワンゲル会最後の山・三丘ケ岳:

« 鞆の雛祭りと鷗風亭 | トップページ | ココログの不具合 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ