« 車と優待券 ・・・ | トップページ | 鬼林山を歩く! »

2019年6月18日 (火)

烏帽子岳(大将軍)

6/16(日)に山口県周南市の烏帽子岳に登って来ました。

実は当初の予定では 6/15(土)の予定でしたが、雨の予報で急遽 6/16に変更となりました。

本日の参加者は急遽変更になったこともあり、14名です。

6月に入ってからも良いお天気が続き、空梅雨のような空模様でしたが、

直前になり前線の影響で、金・土曜日の天気が崩れ、6/15 は降水確率 80% となったのでした。

6/16 早朝まだ小雨がぱらつく中を、山陽道尾道 IC から熊毛 IC まで走り、R8号線からR2号線と走って、

正蓮寺烏帽子公園の標識に従い国道を左折し、小型バスは細い道を登って行き、

正蓮寺烏帽子公園駐車場( 7~8台可 )に到着!!

雨もすっかり上がり時折、青空も見えてきました~ ラッキー!!

( 画像はすべてクリックで大きくなります )

Ebosi_tozanntizu_20190701221001

正蓮寺烏帽子公園駐車場にあるトイレをお借りし、登山準備!!

Img_ebosi_4_2

トイレはこんな感じの一個づつ別の洒落たトイレでした~

公園脇に立てられた標識には、山頂まで2400mとありました。

Img_ebosi_3

大将軍社鳥居の立つ公園前の車道を出発!

Img_ebosi_2

案内板標識に烏帽子岳ハイキングコースとありますが ・・・

山頂一帯はウッドパークとして整備されており、八代から車で山頂付近まで登ることも出来、

南端の赤松ケ平展望台付近まで行くことができるそうです。

Img_ebosi_5_1_1

すぐに林道終点に到着、山頂まで 2200m 標識を右手に見て細い山道に向かいます。

Img_ebosi_5_2

竹林が広がり、民家跡の石垣に沿って少しづつ高度を上げていきます。

やがて沢に出ると、その沢を渡り石段状となった登山道を登って行きます。

まだこの辺りは枯れ沢の石がゴロゴロした所を歩きます。

Img_ebosi_5

実はカラッチ、三日ほど前からギックリ腰となり ・・・

本日は参加するのを取り止めようかと思案しましたが、

シップを貼ったり海老体操をやっている内に楽になり、参加したのですが、

高速を走っている時に長く座席に座っていて痛くなったら

バスの中で待っていようと参加したのですぅ~ (-.-)

Img_ebosi_6_1  

杉林の中に山頂まで 2000m の標識が立っていました。

これより山頂まで 250m おきに標識があるそうです。

そうそう今回リーダーの予定だった W さんも膝の調子が悪いってことでバスに残り、

H さんが本日のリーダーをやって下さいます。

カラッチもし調子が良くない時には、下るようバスに暫く待ってもらっていました。

何とか歩けそうなので、W さんの携帯に連絡したけど繋がらず

そのまま一抹の不安をかかえつつ、山頂を目指して歩くことにしました。

Img_ebosi_7  Img_ebosi_8

滑床の水がチョロチョロ流れる脇を歩いていきます。

この辺りも平成30年7月の豪雨で土砂崩れがあったようで、所々大きな杉の木がなぎ倒されていました。

Img_ebosi_7_1

途中にも杉の大木が何本も倒れていたり、

岩に倒れた木や小枝が絡まっている箇所も見受けられました。

この辺りも豪雨災害の被害が酷かったことが窺えるような登山道でした。 

何度か沢を渡ったり、高巻いたりしながら高度を上げて行きます。

Img_ebosi_9

トレイルは木陰もあってこの季節でも時折涼しい風が吹いて心地良いです。

Img_ebosi_10

沢から離れスギ林の中をジグザグに登っていくと、「 ニワトリ石 」と言う岩がありました。

何故ニワトリ岩と言われているか説明板がありました。

昔、山麓の農民が米作の肥料のため草を求めて、毎日早朝に起き鎌を手にして山に登り、

この辺りまで来て一休みをしていると空がしらみ始め、ニワトリの鳴く声を聞いた事に由来するそうです。

「 昔の農民はいかに苦労をしたのかが偲ばれる 」と説明板に書かれていました。

ここで衣服調整も含め、水分補給の小休止です!

小さなコナスビの花を発見しました。

この辺りの低山ではこの季節余り山野草を見かけないので貴重な存在ですぅ~ (';')

Img_ebosi_12

コナスビ(小茄子) ・・・  サクラソウ科オカトラノオ属

実が熟した時、ナスの実に似ていることから名付けらたそうです。

地面に這うような小さな背丈に、1cm にも満たない小さな花を付けます。

Img_ebosi_14   Img_ebosi_15

こんな岩ゴーロの枯れ沢の道も登って行きます。

腰にまだ多少痛みの残るカラッチには酷な登山道ですぅ~(汗)

これって本当にハイキングコース ? ?

Img_ebosi_17

キランソウ(金瘡小草) ・・・  シソ科キランソウ属の多年草

別名 「ジゴクノカマノフタ」 とも呼ぶ。

これは地面に平らに張りつくように葉と花をびっしり広げることからきています。

Img_ebosi_18

このように倒木の下を潜り抜けたり、なかなかハードな山道ですぅ~

沢を上部まで登り詰めましたが、どうやら道迷いしたようです。

右手の大木にテープがあったようで、脇に石が積まれていた所を右に登って行くようです。

引き返し、右の小石が積まれた方に入って行きますが ・・・

何だか踏み跡も見当たらず、少し登って行くと赤テープがありました。

薄暗い杉林を登って行くと、少し明るくなってきました。

Img_ebosi_19_2

この辺りも結構な急な登りでした~

Img_ebosi_20_1

暫く歩くと山頂まで後 750m の標識が見えました。

右手下方に滝の音を聞きながら、北にトラバースするように歩きます。

Img_ebosi_21

登山口からおよそ三分の二まで登って来ました。

後ひと頑張り !!

Img_ebosi_22

今日は思ったほど汗をかかずに歩くことが出来ました~

Img_ebosi_23_1 Img_ebosi_24

コガクウツギと赤い色が鮮やかなヤマアジサイの蕾

コガクウツギ(小額空木) ・・・ ユキノシタ科アジサイ属の落葉低木

Img_ebosi_27

登った峠に、こんな作業小屋のような物が建っていました。

烏帽子山の山頂部一帯ををウッドパークとして整備した時、休憩小屋として造られたのでしょうか~

Img_ebosi_25

休憩小屋の左手から尾根に乗り、進んで行くと烏帽子山々頂まで 250m の標識がありました。

Ebosiyama_tyoubou

登ったピークからの大展望!!

「 山口県自然百景 」にも指定されているそうですよ。

眺望が良いと周南の山々や町並み、遠くには瀬戸内海、四国の山など見渡せるそうです。

山が幾重にも重なって美しかったです。

( クリックして大きくしてご覧下さいね )

Img_ebosi_32

烏帽子岳・大将軍

何でも大将軍は幸運の神様だとか ・・・

眺望をしっかり楽しみ、休憩したら山頂に向かいます。

大将軍から山頂までは、一旦登山道をそれて往復します。

Img_ebosi_36

八代口登山道と烏帽子岳( ウッドパーク散策道 )の分岐まで来ました。

Img_ebosi_37  Img_ebosi_39

Img_ebosi_43  Img_ebosi_41

山頂一帯にはアジサイやドウダンツツジが植栽されていました。

Img_ebosi_47  Img_ebosi_46

リーダーの H さんが「フユイチゴが沢山実ってますよ~」って声を掛けて下さいました。

コアジサイも沢山咲いて、アジサイの季節だなと実感!!

コアジサイ(小紫陽花 ) ・・・ アジサイ科アジサイ属の落葉低木

別名、シバアジサイ(柴紫陽花)とも呼ぶそうです。

Img_ebosi_48

オカトラノオも咲いてました。

オカトラノオ(丘虎の尾) ・・・  サクラソウ科オカトラノオ属の多年草

Img_ebosi_44  Img_ebosi_45

烏帽子岳山頂  ・・・  696.6m

山頂からの眺望は、樹木に遮られて全く何も見えません!

二等三角点のみ写して下山開始します。

Img_ebosi_50_1_20190622165701

八代口分岐まで下りる道は、ウッドパークとして整備されているだけあって歩き易かったです。

Img_ebosi_50_1

八代口下山分岐まで下りて来ると、大将軍の鳥居が建っている車道に出合いました。

Img_ebosi_51  Img_ebosi_52

車道の小高い草むらで食事をしようと思った仲間が 「 アッ 」と大声で叫びました。

なんとマムシがいたのです!!

マムシも昼食を終えたばかりか、お腹部分が大きくなかなか動きません。

マムシを避けて広い駐車場となっている場所で昼食タイムとなりました。

こちらには、トイレも整備されていました。

食事の後、八代下山口に向かって歩き、魚切の滝を見ながら下山するようです。

Img_ebosi_53

何だか大きな岩の近くで右にそれ、下って行きます。

この下りの道もかなり石がゴロゴロして歩きにくいトレイルでした。

Img_ebosi_57

滝が現れてきましたよ~

水音を聞きながら歩くのは、とっても心地良く癒されますよね!

Img_ebosi_59_1_1

魚切の滝です!!

ここで休憩も兼ねて時間を取って下さったので、設定を変えスローシャッターで撮影してみました~

少しは水の流れが糸を引いたように撮れたでしょうか~

Img_ebosi_63  Img_ebosi_64

八代下山口まで下りてきました。

獣除けの柵を開けて通り、通り終わったら閉めておきました。

カラッチ、無事に歩き通せて良かったですぅ~

尾道トレッキングクラブ H さん、T さんや会員の皆様、気にかけて頂き有難うございました。

本日も良く歩きました~ 所要時間は、休憩も含め4時間43分

累計標高差 ・・・ 611m  歩数 ・・・ 11,729歩でした。

下山後、呼鶴(よびつる)温泉 まで移動してリフレッシュして帰りました。

周南市八代地区はナベヅルの飛来地として有名です。

毎年10月下旬になると、山口県の八代に遠くシベリアからナベツルが渡来し、

3月上旬まで越冬します。

八代は、周囲を小高い山に囲まれた標高300m~350mの小さな盆地で、

本州で唯一のツル渡来地だそうですが、年々飛来してくる数も減っているそうです。

この日も二羽の鶴らしきものが飛んでいましたが、この時期なのでアオサギだったのでしょうか~

Img_ebosi_65_1  Img_ebosi_66

そうそう、烏帽子岳山頂近くにはサンキライの綺麗な葉っぱが沢山あったので、

頂いて帰り、早速柏餅を作って頂きました!!

 

 

 

 

 

 

« 車と優待券 ・・・ | トップページ | 鬼林山を歩く! »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

あらまぁ~お土産付きで、お家でも楽しめましたね。。
柏餅おいしそうにできましたね。

ぎっくり腰大丈夫でしたか?
凄いな・・体力があるのでしょうね・やはり日頃の運動が
いざという時に役に立つのだわ。

道迷いも怖いですが、やはり大勢で行くと心強いですね。

一番怖いのは・・マムシ!!

マムシがいるんだねー

色々お疲れ様でした。。

milkちゃ~ん、ハーイお土産付きの山歩きでした~(^-^;
柏餅は米粉を捏ねて、餡を詰めて蒸すだけだから簡単だものね~

ポリポリ・・・ギックリ腰、今回はそんなに酷くなかったので大丈夫でした。
でも腰をかばいながらの歩きは大変でした。
ふふっ、まだ写真を撮る余裕があったので良かったです。

道迷い、少しでした~  リーダーのHさん、急になさったので大変だったと思います。

マムシは怖いよね~~(@_@。
何か飲み込んだばかりだったのか、なかなか動かないんだよ~

早速見てくれて有難う~~♪

軽めにぎっくり腰でしたのね。
でも凄いなぁ~~写真もしっかり撮りながら余裕でしたね。

けっこうハードな行程のように見受けましたけれど腰もジッとしているより
痛くないのであれば軽めに動いた方が良いけれど、それにしても思い切って登山しましたね。

今は大丈夫ですか?
座ったままが一番悪いのですよね~そうそうエビ反りは良いのですもんね!
仰向けに寝て両手をバンザイするのも良いそうですよ。

まぁ、手作り柏餅も可愛い~♪
色々と達者なカラッチさんだ!!

千春ちゃ~ん、ハーイ今回のギックリ腰は比較的軽かったので助かりました~
でも長時間バスの座席に座っていると、何だか嫌な感じでSAでトイレ休憩の折に体操し体を解していました。

ふふっ、写真を撮るのはレポの為でもありカラッチの趣味なので止められましぇ~ん(汗)

うんうん、思ったより結構ハードなトレイルで、倒れた木の下を潜るのがきつかったです。
帰ってからテレビを見ていたら、足を両肩より少し開いて、腰骨を両手で支えるようにして押し、顎を引いて反り返る運動していたので・・・
やってみたら、結構腰が楽になりました~ 今はすっかり大丈夫です。
なるほど・・・ 仰向けに寝て両手をバンザイですか~~ 今夜から早速やってみますね~

柏餅・・・美味しかったですよ!!  達者なカラッチですか~(笑)

烏帽子岳のレポ、拝見!尾道トレッキングクラブの皆さん、お元気ですね~
山頂からの眺望が無かったのは残念でしたね。
結構岩ゴロゴロで、歩きづらい所もあって大変そう~
マムシに遭遇も怖いですね~~でも、食後で良かったですね(^_^;)

軽いぎっくり腰でもお辛かったですね。温泉で疲れが取れましたか?
柏餅、美味しそう~

左足首から甲まで、腫れています。直ぐに治ると思っていたのに・・・
ヒメサユリは来年に持ち越しとなりました。

あずささ~ん、浅草岳予定の前日に捻挫とは、大変でしたね~~
ヒメサユリは来年またきっと綺麗咲いて迎えてくれますよ!
お大事に養生して下さいね。。

ハーイ、尾道トレッキングクラブの皆さん元気ですよ~
山頂手前の大将軍からの展望は素晴らしかったです。

ギックリ腰のカラッチにとっては、結構歩きづらいトレイルでした。
でもまだ軽かったので、温泉に入ってすっかり疲れは取れましたよ!

柏餅・・・綺麗なサンキライの葉が沢山あったのでね~~(^^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 車と優待券 ・・・ | トップページ | 鬼林山を歩く! »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ