« 池の段・立烏帽子山・後編 | トップページ | 紅葉の嵯峨野・トロッコ列車の旅 »

2019年11月17日 (日)

白石山

11/16(土)に尾道トレッキングクラブの仲間と、

山口市徳地町の白石山 ( 540.8m ) に登って来ました。

白石山は山口市街の東側に聳える山で、山には風化花崗岩がゴロゴロしており、

九合目の展望一枚岩と、「 山住坊 」という行者が住んで修行したという大岩窟など、

巨岩が随所に剥きだした山は、登山者に大人気の山だそうです。

中国自動車道尾道ICから徳地ICで下り、国道489号線で大原湖に向かい、

山口サッカー交流広場の先で、県道26号線を走っていると前方に白石山が見えてきます。

( 画像はクリックすると大きくなります )

Img_siraisi_68

そして間もなく路肩の左手に「白石山入口」の案内標識がありました。 

Img_siraisi_1

朝元気よく家を出たカラッチでしたが、高速道路のSAでトイレ休憩に向かう途中に躓いてバタンと転び、

顔を打たないように顎を上げた為、胸を強く打ってしまったのです。

しばらく起き上がれないほど胸が苦しく、今日の登山は中止すべきか迷いましたが ・・・

Img_siraisi_2

乗って行ったバスはこの周辺で待っているので、歩ける所まで行ってみようと歩き始めます。

しばらく農道のような道を歩いて行くと駐車場もあり、

スポーツ少年団のマイクロバスも止まっていて、車も数台置けるようです。

Img_siraisi_3

さて、いよいよ夏焼登山口から白石山に登って行きま~す。

不安を抱えつつカラッチも後に続き、ゆっくり歩いて行きます。

ともかく行ける所まで歩いて、無理のようだったら下山しようと運転手さんの携帯番号も聞いての出発です!

Img_siraisi_4  Img_siraisi_5

常緑樹の茂る緩やかな道を登って行きます。

尾根にのると緩やかな道となり、落ち葉の絨毯を踏んで気持ち良く歩きます。

Img_siraisi_6

左への分岐を登って行きます。

道端に岩が点在し始めてきましたよ~

Img_siraisi_16

登山道の途中に大岩への分岐の表示で、右に行くと大岩があるらしいけど ・・・

Img_siraisi_14 Img_siraisi_10

カラッチは用心のため分岐の所で待っていたので、上の 2 枚の画像は H さんに写して来て頂きました。

大岩からの眺望は、こちら YouTube でどうぞ~ 

仲間の方が歩いても直ぐなので行って来たら~って仰って下さったけど、遅れるので先に進みます。

Img_siraisi_17

大きな岩があっちこっちに点在し始めました。

Img_siraisi_19

「馬の鞍岩」「龍駄の岩」などの岩の間を縫いながら進んで行きます。

余りにも岩が大きくて岩全体が画像に収まりましぇ~ん。

Img_siraisi_21

一枚岩を踏み越え、東へ回り込むようにトラバースしながら歩いて行きます。

Img_siraisi_23

この辺りも本当に大きな岩が点在していて、なかなかワイルドな趣のあるトレイルです。

こうしてみると歩いている人が小さく見えます。

Img_siraisi_32

ツルリンドウの花後の赤い実がなっていました。

Img_siraisi_24

上から歩いている仲間を撮影すると、岩の大きさが実感できるでしょうか~

Img_siraisi_25

こんな大きな舟形の石もありましたよ!

よく転び落ちないものだと感心しきり~ (^^)/

Img_siraisi_26

登って行った先に小さな祠があり、お地蔵さまが祀ってありました。

Img_siraisi_28

そのまま坂を登っていくと白石観音を祀った大岩があり、

岩の隙間と岩穴の中に観音様と地蔵尊が鎮座しているではありませんか~

その昔、信仰心のある人達が大きな岩を信仰の対象にしたのでしょう。

Img_siraisi_29_20191118100201

お餅を重ねたような大きな岩が現れました。

小さくて見にくいけど、真ん中の岩の下に小さな棒でつっかい棒のような物があります。

誰が何のためにやったのでしょう~

まさか~岩が落っこちないように ・・・ 登山者の遊び心かなぁ~

Img_siraisi_30

やがて野趣あふれる苔むした岩場が現れました。

この山のシンボルともなっている 「 接待岩 」と呼ばれ、

昔、山住坊という山伏の居住した跡で、行場跡といわれる大岩窟でした。

Img_siraisi_43

実は登る途中では、この岩の上にある 「 接待岩 」 と言う案内板 ↑ が落葉に隠れていて分からず、

通り過ごしてしまい下山時に写した画像です。

Img_siraisi_48

接待岩の中は、80人くらい収容できるそうですよ!

Img_siraisi_45

接待岩の下は、大きな空間の岩窟となっていて、

清水の湧き出す泉もあり、接待用でしょうかお湯飲みなども揃えてありましたよ!

こちらでしばらく生活出来そうな ( ? ) 空間でした。

Img_siraisi_46

接待岩の中の様子は、こちら YouTube でどうぞ~ 

接待岩は、修験場にでも使ったのでしょうか~ 独特の雰囲気が漂っていました。

Img_siraisi_47

接待岩から急になった道をジグザグに登って行くと、尾根に出て白石山のシンボル 「 物見岩 」 に出ました。

うわぁ~ って余りの絶景に叫んでしまいましたよ~ (^^)/

Img_siraisi_66

 大きな物見岩は一枚岩のテーブル状になっていて、大展望が広がっていました。

大平山の手前には、先月歩いた 矢筈ケ岳 も見えていましたよ!

物見岩からの眺望は、こちら YouTube でどうぞ~ 

昼食はこちらの物見岩でと言うことで、ひとまず山頂まで登ります。

Img_siraisi_40

山頂は木に囲まれていて、全く眺望はありません。

Img_siraisi_41

本日一番の小さい秋みっけ~ (^-^;

物見岩まで戻り、物見岩からの大展望をおかずに昼食タイムです。

岩の上は平らで広く、20~30人くらいは同時にお弁当を食べれそうでしたよ!

昼食が終わったら、引廻コースから下山です。

Img_siraisi_42

接待岩の横を抜け白石観音の前を過ぎると、水場の先に引廻コースの分岐が現れました。

Img_siraisi_51

分岐に従い、右下の急な道を下って行きます。

Img_siraisi_52

直ぐに大きな岩場にかかったロープを伝って下って行きます。

Img_siraisi_53

岩の上から下った人を写すと岩の大きさが一目瞭然です。

この引廻コースの下りは、登りに使った夏焼コースと比べてかなりワイルドで、

奇岩・大岩が随所にあり、そんな岩を鑑賞しながら下って行きます。

Img_siraisi_55

「 蝙蝠岩 」 だそうです !

そう言えば何となくコウモリに見えなくもないかな~

Img_siraisi_57

面白い岩がゴロゴロ ・・・

Img_siraisi_58

これは 、狼岩だそうです。

Img_siraisi_62

「 つばめ岩 」 だそうですが、どう見てもこれは 「 とかげ岩 」 でしょう~ ( 笑 )

Img_siraisi_63

「 数珠掛岩 」

岩の石脈が表面を斜めに走り、数珠が掛かっているように見えます。

Img_siraisi_64

「 猿岩 」

Img_siraisi_65

引廻コースの下山口に下りて来ました。

Img_siraisi_69

ツルリンドウのお花が沢山咲いていました。

ツルリンドウ ( 蔓竜胆 ) ・・・ リンドウ科ツルリンドウ属の多年草

疲れた足に、下山口から駐車場までの 700m が遠かったぁ~

Img_siraisi_70

登山口駐車場までの道からの ・・・ 素敵な秋景色 !

Img_siraisi_9

下山後に徳地から見た白石山

下山後 「 ロハス鳥地温泉 」 でリフレッシュして帰りました。

今日の山は、巨岩・奇岩の連続で本当に面白い山でした。

尚、三箇所の YouTube は ・・・「 ほーしざきの散歩道 」 さんよりお借りしました。

登る前はカラッチ無理かなと思ったけど、参加者の皆さんのお陰で無事に歩き通すことが出来ました。

大変お世話になりました~ <m(__)m>

 

 

 

 

« 池の段・立烏帽子山・後編 | トップページ | 紅葉の嵯峨野・トロッコ列車の旅 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
えぇ~のっけからアクシデント・・不運でしたが大けがなくて良かったですね~
自分も高速SAでは以前 ちょうど清掃作業中だった時間帯でしたので 床が濡れていて
いきなり 足が滑って 膝を強打したことありました。
車の運転も兼ねていたので 一瞬ヤバイかなと思いましたが それほどでもなく良かったです
清掃係の(女性)がすっ飛んで来られてすみませんと平謝りされましたが自分の不注意ですから
却って恐縮でしたよ。その何とか痛みもガマンできて運転して帰宅できました=。
旅って思わぬトラブルも有りますから カラッチさんも大変でしたが登ってこられて良かったですね
その後具合はいかかですか?
今朝は九州の方も冷え込んでいますよ。

山帽子さ~ん、ポリポリ(^-^; そうなんですよ~
行く途中のSAで転んだので、山登りできるか不安でしたが何とか歩くことが出来ました。

山帽子さんも高速SAのトイレで転ばれて膝を強打されたことがあったのですね~
清掃係の女性も吃驚されたでしょうね。
本当に旅の途中でのアクシデントって、何時起こるか分からないものですね。
お互いに気を付けていても、咄嗟の怪我はや無得ませんね~(;´∀`)

ハーイ、胸骨に少しヒビが入っていたようで咳をしたり寝返る時にまだ痛みはありますが・・・
今日は大分らくになりました。  有難うございますぅ~

うんうん、朝夕は冷え込みますがまだ日中は過ごしやすいですね~

わぁ~、転んで胸を強く打ったのは大変だったけど、日ごろの鍛錬の成果でしようか最後まで歩きとおして立派。
それにしても、大きな岩の有る山ですね。
1つや2つ位ならともかく続いて現れて、それも本当に大きい、楽しめる山でしたね。
展望の良い所や、秋らしい雰囲気の所も有り、無事に歩きとおして良かった、良かった。

私は、写真を撮るのに夢中になり、少しの段差を踏み外した事が有ります。
ろっ骨にヒビ、骨の場合は骨折と言うそうです。
数ケ月掛かりましたが、どうにも出来ないらしく、静かに回復を待ちましたよ。
寝返りが辛いでしよう。気を付けて下さいね。

秋山らしいレポを楽しませて貰いました。

山百合さ~ん、本当に出掛ける途中のSAで転ぶなんてね~~(*‘ω‘ *)
登りの登山道では、何時一人で下ろうかと考えていましたが・・・
歩いている内に徐々に大丈夫歩けるかなって言う気持ちになりました。

うんうん、大きな岩が一杯あって楽しめる山でした~
最後まで頑張って登って良かったって思いましたよ~♪
展望も良かったし、素晴らしい山でしたよ!!

あらまぁ~ 山百合さんも写真を撮るのに夢中で、段差を踏み外して肋骨にヒビが入ったことあるのね。
カラッチも北海道の山旅中に、利尻で撮影中に踏み外し足の小指を骨折したことあります。

そうなんですよね~ 肋骨や胸骨にヒビが入っても湿布張って安静にしている他に仕方ないのよね。
二日程咳をしたり、寝返りする時痛みを感じましたが、軽かったのでしょう~
今日はだいぶ楽になりました~  有難うね。。

カラッチさんの登られる山は、大岩が多いですよね~
今回の白石山は、吃驚するほど大岩だらけですね!
胸骨にひびがあっての登山は、本当に大変だったと思います。
私だったらきっと止めちゃうかも・・・

素晴らしい景色と花に癒されながら、写真もちゃんと撮られて凄いな~

山百合さんも、いろいろ経験されてるのね。同じようなこと私もやってしまっています。
足を骨折したり、雪の斜面を滑り落ちて、肋骨にひびが入ったり・・・
カラッチさんも治りが早かったようで、良かったですね。

あずささ~ん、そうなんですよ~~(^^)/
会員の皆さんも結構岩好きの方が多いのでね。

今回の山は、大岩のオンパレードでしたよ!
低山ながら岩を楽しみながら歩くことが出来ました~♪

ハーイ、登りもしんどかったけど、下りで足を着いた時痛みがありました。
止めるべきか否か迷いましたが、どうにか歩くことが出来ました~

写真を写すことは、カラッチの趣味なので多少の痛みを抑えて写しちゃいました~(^-^;

うんうん、山百合さんもあずささんも骨折されたことあったよね~
あれまぁ~ 雪の斜面を滑り落ちて、肋骨にヒビがはいちゃったの~ それは大変でしたね。。

今日はまた違う場所(脇腹の辺り)が痛むのよ!  しばらくは無理が出来そうにありません。
有難うね~~(^^♪

ご無沙汰で拝見したら・・・

あらら・・大変だったのね、でも無事に行程が歩けて良かった・。
その後いかがですね・・
もうずいぶん経ってしまって今頃お見舞いです。。

山って奇岩が多いですよね。。

あのつっかえ棒は、あちらこちらで見かけますね・・どういった意味なのかな?

寒さに向かってくれぐれも気を付けましょう・・。

milkちゃ~ん、そうなのよ~
自分の不注意で登山前のとんだアクシデントでした~(^-^;

ハーイ、胸骨に少しヒビが入っちゃったようですが、胸骨や肋骨は折れていてもどうしようもなく、
日数が薬のようで、時間の経過と共に少しづつ楽になるようです。
もう10日以上経ちますのでだいぶ楽になって来ましたよ!

奇岩のそれも大岩の山でした~⛰
うんうん、あのつっかえ棒、良く見かけますよね。
それほど意味があることでは無くて、きっと登山の遊び心でしょうね。

どうも有難うございます。  お互いに気を付けましょうね~~(^^)/

まぁ、行く途中でアクシデントとは、お気の毒でした。
それでも気丈にアタックされたのですね~ナイスファイトです。

接待岩とか修行の場だった事が偲ばれる場面もあり奇岩がアチコチにあり目を楽しませてくれますね。
無事に楽しまれて良かったですね。

10日経過したという事ですが、どうぞお大事になさってくださいね(*´з`)

千春ちゃ~ん、そうなのよ~ 
山に登る前に転ぶなんて、ドジなカラッチでしょ~~( ;∀;)
ハーイ、何とか登りきることが出来ましたよぉ~

接待岩は少々の雨でも凌げる広さで、お湯飲み迄置いてあり吃驚でした。
大岩・奇岩の連続で楽しめる山でしたよ!

有難うね。。  今日までの間に旅行まで行って来たのですよ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 池の段・立烏帽子山・後編 | トップページ | 紅葉の嵯峨野・トロッコ列車の旅 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ