« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月の記事

2021年6月30日 (水)

たまには・・・

コロナで自粛生活が続いていましたが ・・・

6/20 に緊急事態宣言が解除され、また高齢者へのワクチン接種も順調に進んでいるお陰で、

広島県の新規感染者数も 3 桁台だったのが、1 桁台となりました。

ちなみに昨日 ( 6/29 ) の新規感染者は 4 名でした。

しかし、東京都は相変わらず昨日も 476 名もの新規感染者が出ています。

まん延防止等重点措置の東京都では、オリンピック開催日 ( 7/23 ) をまたいで延長されることになりました。

そんな中、オリンピックの開催も 1 ケ月を切り、開催に向けて日本が世界に試されることになります。

まだまだオリンピック選手の受け入れや、国内観客を受け入れるか否か、

色々な方の思いをつないで、オリンピックは開催されます!!

そうして本来 7/19 であった海の記念日(休日)が、オリンピック開催に合わせて 7/22  ・ 7/23 と変更されるのですよね。

=======================

久し振りに、我が家のある日の夕食をば~

Img_ryouri_2_20210630165701

こんな三種のレタスを見つけたので、

先日、NHKの今日の料理で、栗原はるみさんが作っていらっしゃった

チキンソテー青ジソミントソース」を作ってみたくなりました。

栗原はるみ・心平親子の料理、好きなんですぅ~

栗原はるみさん宅のお庭では沢山のハーブや大葉を育てておられます。

そんな訳で、カラッチも大葉をこんなに沢山!!

Img_ryouri_4

自家製の大葉は30枚以上あり、タップリ入れま~す。

青ジソ 30枚   ミント 10g   クルミ ( ローストしたもの )  30g

オリーブ油 大4   塩 小 1/3   醤油 ( カラッチが勝手に加えました )  小 2/3

まずは上記材料で、青ジソミントソースを作ります。

Img_ryouri_5

① 青ジソは茎を除き、大まかに刻んでおき、ミントも葉の部分だけにします。

② フードプロセッサーに大葉・ミント・クルミを入れて細かく攪拌します。

③ その中にオリーブ油・塩・醤油を入れ、さらに攪拌したら、青ジソミントソースの出来上がり!

おぉ~ 大葉とミントの香りがたまりましぇ~ん !

次に鶏モモ肉の処理と焼き方です。

④ 鶏もも肉 ( 常温に戻しておく )  は余分な脂を除き、厚みのある部分に切り込みを入れて開き、厚みを均一にします。

皮をフォークで数か所刺し、両面に塩・黒こしょう各少々をまぶします。

⑤ フライパンにサラダ油小さじ 1 を中火で熱し、鶏肉を皮を下にして入れます。

Img_ryouri_6

鶏肉の上にアルミ箔をのせ、フライパンよりひと回り小さくて底が平らな鍋 ( 重さのあるものがおすすめ ) などをのせます。

火加減を調整しながら弱火 ~ 中火で 3 ~ 5 分間焼き付けます。

⑥ 皮に焼き色がついたらアルミ箔を外し、上下を返して弱火で 3 ~ 5 分間焼きます。

八分どおり火が通ったら再び皮を下にし、皮がパリッとするまでさらに中火で 1 ~ 2 分間焼きます。

Img_ryouri_7

ちょっぴり皮目に焦げ目が足りず、皮にパリッと感がありませんが、結構パリッとしてました。

カリッと焼いた鶏モモ肉と青ジソミントソースの相性がとても良くて

またクルミとも良く合ってとっても美味しかったです。

写真には写ってないですが、付け合わせはマーボーナスとトマトのサラダでした。

 

 

 

 

 

2021年6月21日 (月)

足のトラブル!

以前、ブログにカラッチの右足裏の親指下に 種子骨障害 が現れた記事を書きましたが、

その右足に、今度は 尋常性疣贅 (じんじょうせいゆうぜい) が出来ちゃいました ~

尋常性疣贅は、傷から皮膚にヒトパピローマウイルスが感染して生じる 「 ウイルス性イボ 」 のことで、

感染力を有する成熟ウイルスは、微小な外傷から侵入して分裂能を有する基底細胞に感染すると考えられています。

他の皮膚に感染が広がる恐れがあるので、治療する必要があるのです。

そう言えば種子骨障害の折に、この辺りから注射器を刺して中の物を抜いた覚えがあります。

Img_ibo_1_20210621144701

見た感じ、凄く痛そうでしょ ~

それが普段は見た目ほど痛くは無いんです。 だけどその治療が痛いのです !!

治療には、一般に液体窒素を用いた冷凍凝固術が行われます。

液体窒素はマイナス196度と非常に冷たい液体で、液体窒素を綿棒に含ませて、ウイルス性イボに押し当て治療します。

ただ、いくら冷やしてもウイルスが死ぬことはありません。

では、どうやって治すかというと、

液体窒素にて冷やされた皮膚は、やけどを起こしたように水ぶくれを生じ、

ウイルスが寄生し含まれている角質が、皮膚から離れていきます。

そして、ピンセットなどを用いて皮膚から離れた角質を取り除くことにより、ウイルスを治療することが出来るのだそうす。

その液体窒素を使った冷凍凝固治療が、痛いったらありゃしない ~ (≧▽≦)

液体窒素の治療には刺されるような強い痛みを伴い、

時には大きな水疱が生じ、足の裏だと歩行に支障をきたすことがあるのです。

それで最初にかかった時から、相当時間が経過してしまいました。

先生にも 「 本気で治したいなら一週間に一度来院して下さい 」 って言われました。

「 ハイ、真面目に通いますぅ ~ 」 ってことで ・・・ 暫く通院します。

孫にでもうつしたら大変ですものね~

家中のスリッパをカラッチ専用にして、うつさないように気を付けています。

Img_ibo_2

6/23(水)、一週間後ってことで皮膚科に行って来ました~

先生 「 ハイ、綺麗に取れましたよ~ 」 って ・・・

なるほど、イボの芯のような物は無くなってます。 あぁ ~ 良かった !!

だけど、他にも小さなのが3ケ所あるので、その部分も冷凍凝固術を施して頂きました。

先生ったら、「 おやおや、イボの子や孫まで出来てますよ ~ 」 だって ~

イボの子や孫なんていらないっちゅの ~ (笑)

だけど、何故、何時どうしてこんなイボが出来たのでしょう ~

一つだけ心当たりがあります。

それは、種子骨障害が現れた折、ヨネックスの靴を求めて 靴屋さんに行った時です。

うっかり自分の靴下を持参し忘れてしまって、靴屋さん備え付けの靴下を履いて靴を履いてみたのです。

何故その時と思うかと言うと ・・・

その折、右足だけその靴下を履いて、ヨネックスの靴を履いてみたからなんです !

あぁ~ しまったぁ~ ((+_+))

=======================

梅のその後 ・・・

Img_ume_11_20210625160501

その後、また梅を頂いたので梅ジュースと梅漬けにしてみました ~

小さい方の梅漬け、塩分控えめにしたら梅酢の上りが少ない !

これはヤバイかも ~~

milkさんのブログで漬けた梅を毎日料理用の手袋で押さえつけたとあったので、

カラッチも  6/25( 金 ) にビニール手袋で押さえてみたら、

なんと塩分控えめの梅に、充分梅酢が上がって来ました ~

少し白っぽく濁っていた梅酢も透き通ってきました。

Img_ume_12

後、小梅の方も梅ジュースにもしっかり梅酢が上がってきました ~ (^^)/

Img_ume_13_20210625160001

これならきっと大丈夫でしょう ~

 

 

 

 

 

2021年6月13日 (日)

これで安心出来るかな?

コロナワクチン接種、カケスは 6/6 に 2 回目を接種、

カラッチは 今日 ( 6/13 ) に 2 回を接種してきました ~

カケスは、2回目の接種後の翌日から熱は平熱位でしたが、倦怠感があり、何となく食欲も無く、

注射後の腕も痛い様で、傍で見ていても何となく普通とは違っていました。

なので、カラッチが2回目の接種に行く前に、

「 1回目より相当しんどいから、夕食も簡単な物にした方が良いよ ~ 」 と言ってました。

今の処 ( 6/13 夕食後 )、カラッチに何の変化もありませんが ・・・

明日頃から多少倦怠感などが出てくるのでしょうか ~~

6/14 ( 月 ) 、カケスほどカラッチには倦怠感などありません。

ただ、肩の注射痕が 1 回目より少し痛い程度で、何だか肩透かしって感じです。

人によってそれぞれ違うってことでしょうか ~

またここで報告しますね。

取り敢えず、少しは安心して生活出来るのでしょうか ~ (^-^;

=======================

妹が自宅で採れたサクランボを使ってジャムを作って送ってくれました。

Img_zyamu_2

サクランボでジャムって凄くないですか ~

こんな瓶 ( ↓ ) に 10 本以上も作れたんですって ~

Img_zyamu_1

ヨーグルトにのせて頂くと、とっても美味しかったですよぉ ~~ 🍒

 

 

 

 

 

2021年6月 7日 (月)

梅シロップ

お隣さんから綺麗な梅を沢山頂いたので、梅シロップ作りです !

Img_ume_1_20210607153701

milk さんのブログで梅シロップを凍らせて作ってらっしゃったので、カラッチも初挑戦ですぅ ~

Img_ume_4

一番右の画像は、先日漬けた小梅の塩漬けで~す。

もうすっかり梅酢が上がってきています。

Img_ume_5

梅は流水で良く洗い、ヘタの部分を爪楊枝で取り、

キッチンペーパーで、しっかり水気を拭き、ジップ袋に入れ一晩凍らせます。

冷凍すると梅の組織が壊れて、シロップが早く上がるのだそうです。

保存袋の口を閉じて冷凍室で一晩凍らせます。

新品の保存袋を使うので、消毒の必要はありません。

Img_ume_8

消毒した保存用の瓶に、まず梅を入れ、氷砂糖を入れを繰り返し ・・・

氷砂糖でフタをするように多めに入れます。

最後に、酢又はホワイトリカーを 50 CC ほど入れます。

Img_ume_7_20210607144101

 冷暗所に置いて、氷砂糖が早く溶けるように一日 5 ~ 6 回瓶を揺らします。

「 美味しくな~れ 」 と暗示をかけながら ・・・ (笑)

今年の夏は、この梅ジュースでコロナ禍の暑い夏を乗り切りますぅ ~ (^^)/

=======================

庭のアナベルの花が白くなり、綺麗に咲きましたよ~~

Img_niwa_6

 

 

 

 

 

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック

その他のブログ仲間

無料ブログはココログ