カテゴリー「地域情報」の記事

2020年2月15日 (土)

尾道あれこれ!

我が町・尾道に新しい市役所庁舎が出来上がりました~

古い庁舎は、1960年(昭和35年)に出来たもので、耐震設備も充実して無く危険と言うことで

立て直されることになりました。

2020年(令和2年)1月5日(日)に新庁舎のお披露目があったのですが、

新年早々と言うことで、まだ出来上がった新庁舎を見てないので

2/13(木)に尾道市役所・新庁舎の見学に出掛けて来ました。

Img_uduki_5  Img_uduki_3_20200215093001

その前に友人と一緒に、「梅月(うづき)」でランチも楽しみました。

量も丁度良く、お刺身も新鮮で美味しかったですぅ~

===================================

少し尾道の歴史にふれておきます。

中世より交通の要衝であった 尾道 は、1168年備後大田庄の年貢積み出しのために蔵屋敷が建てられ、

翌1169年には、尾道が公認の港となりました。

1189年には、年貢米の積み出し港として栄えはじめ、

江戸時代には北海道~大阪を結ぶ大型船 「 北前船 」 の寄港も始まりました。

その繁栄ぶりは「北前船が寄港すると町がひっくり返るような賑わいを見せた」とも言われています。

この地で財を成した豪商や歴代の権力者による庇護・寄進により、数々の神社仏閣が出来ました。

南側が狭い所で幅約200mの一見すると、河のような細長い海峡である尾道水道や

尾道三山 ( 千光寺山・西国寺山・浄土寺山 ) の峰を中心に神社仏閣、海に下るにつれ、住宅地や商業地となり

そうした中で豪商が生まれ活発な商業活動が行われた 「 商人のまち 」 でした。

現在では、広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ全長約60kmの

美しい島々とそれらを繋ぐ橋が織り成す、「 せとうちしまなみ海道 」 により、

徒歩や自転車でも渡ることが出来るため、その景観の美しさもありサイクリストに人気のルートとなっています。

また広島と島根をつなぐ、尾道松江線「  中国やまなみ街道 」 が平成27年に全線開通し、

尾道市〜松江市間137kmが約2時間30分と、80分も短縮されました。

そうした「瀬戸内の十字路」としての役目を担う尾道市にとって、新しく出来た新庁舎の役目は大きいと思います。

それでは尾道市の新たな “ 顔 ” となる新市庁舎を見てみましょう~

Img_onomiti_11_20200215110301

新庁舎入口は、現在旧庁舎を解体中の為こんな感じでした~

広いスロープも設けられて、身障者や高齢者に優しい入口となっていました。

Img_onomiti_12  Img_onomiti_12_1

受付や事務所の中も広々として気持ちの良い空間が広がっています。

キッズコーナーもあり、子供連れでも楽しめる施設となっていましたよ。

新庁舎は、地下1階・地上5階で、鉄骨・一部鉄骨鉄筋コンクリート造りで、延べ1万4496平方メートルだそうです。

地下は駐車場となっていて、

旧庁舎(7475平方メートル)の約2倍の広さとなっています。

総事業費は、72億3千万円!!

Img_onomiti_25_1  Img_onomiti_26_1

外観は地元産業の造船技術を活用し、

曲線美のある鉄板で覆うなどして巨大な客船をイメージして作られています。

美しいフォルム!!

庁舎2階には、夜間や休日にも市民が使用できる多目的スペース ( 約460平方メートル )も設けられ、

美術作品の展示、ダンスやヨガなど軽い運動での使用を想定してあるそうです。

カケス達の絵の展示にもも使えそう~

Img_onomiti_20  Img_onomiti_24

Img_onomiti_21  Img_onomiti_18 

市民らが利用できる屋上の展望デッキからは、

庁舎南に広がる尾道水道や向島、北にはの寺院が集積する

尾道三山 ( 千光寺山・西国寺山・浄土寺山 ) を望むことが出来ます。

Img_onomiti_13  Img_onomiti_27

階段も緩やかに作ってあり、高齢者や幼児にも優しい心遣いが嬉しいです。

外階段を利用すれば時間外でも、2階にも自由に上がることが出来、

市民の皆さんが楽しめるようです。

また防災面では、地震の揺れを抑える免震装置を地下に、非常用発電設備を5階に設置するなどし、

災害に強い庁舎となっているそうです。

Img_onomiti_27_2  Img_onomiti_27_1

夜間の景色も素晴らしいですよ!

尾道水道に映るドックのネオンなど、まさに尾道10000ドルの夜景です。

デッキも船をイメージして、ライトにも船にある仕様となっていました。

そうして手すりが内側に斜めになっているのも優しい心遣いです。

=================================

それではこれから、尾道の街を談笑しながら散策します。

Img_onomiti_29  Img_onomiti_30

Img_onomiti_31  Img_onomiti_32

商店街は木曜日で休みでしたが、商家の入り口の 「 ひょっとこ 」 や

小物のお店で可愛らしいひな人形や五月飾り、皆こうした小物が好きで、「 可愛いなぁ~ 」 とパチリ!

===============================

皆さんとお別れして、カラッチはバス時間待ちの間 ・・・

Img_onomiti_44  Img_onomiti_33

2019年3月10日にリニューアルオープンした JR尾道駅 も撮影!

その後向かった先は、ブログにアップしようと思いつつそのままになっていた

U2 」 にも行って来ました。

Img_onomiti_35  Img_onomiti_36

現在の尾道市は、数々の映画の舞台となったほか、サイクリストの聖地としても有名です。

尾道市を通る「瀬戸内しまなみ海道」は、西瀬戸自動車道の愛称であり

しまなみ海道は、徒歩や自転車でも渡ることが出来るため、

その景観の美しさもあり、サイクリストに人気のルートとなっているのです。

尾道から今治までの間には、

自由に相互の乗り捨てが可能な、レンタサイクルのターミナルが14箇所設置されており、

多くのサイクリストたちが行き交います。

Img_onomiti_37  Img_onomiti_38

Img_onomiti_39  Img_onomiti_40

その昔1939年には、西御所岸壁および浮桟橋など大規模な改修が行われました。

その後、昭和初期に建てられた海運倉庫群は、現在余り使われなくなり

尾道水道のウォーターフロントに存在する港湾施設を、活気のある港湾空間の創造を目標に再開発されました。

そうして選定されたのが 『 ONOMICHI U2  』 (  尾道 U2  ) でした。

施設内には、ホテルのほか、レストラン・バー・ベーカリー・サイクルショップなどが入っています。

Img_onomiti_37_1  Img_onomiti_37_2

中でも人気なのが、世界一の自転車メーカーのサイクルプロショップ 「 GIANT 」 なのです。

サイクリストにとっては憧れのメーカーだそうですよ!

GIANT製の上質なレンタルスポーツバイクは、スタッフが一人一人に合わせて調節してくれるそうです・

Img_onomiti_41  Img_onomiti_42

またサイクリストの為に、6000万円を投じて作られたトイレとシャワーも近くにあります。

これが結構サイクリストに人気のようです。

Img_onomiti_43

以上、尾道散策レポでした~ (^-^;

==================================

2/14のバレンタインに、ママと〇〇美からのプレゼント!!

  Img_barenn_1  Img_barenn_3

リーフ型の可愛いチョコでした!

 

 

 

 

 

2020年1月 2日 (木)

2020年のお正月

いつもと同じお正月を迎えました!

元日は家でゆっくり過ごし、夕食は「すき焼き」とお刺身でした。

そうして2日は、カケスと何時もの神社に初詣でした。

Img_0007

今年は参拝客も少なめでちょっぴり淋しい栗原八幡神社でしたよ!

例年ならこの辺りまで行列が続いていました。

Img_0006_20200102154401

栗原八幡神社は我が家から歩いても5分位の場所です。

Img_0005_20200102154801

例年なら、二日目まで甘酒のサービスもあったのですが、今年は経費節減でしょうか~

その為で参拝客も少ないのかなぁ~

Img_0002_20200102155001

巫女さんも心なしか淋しそう~~  (^_^;)

Img_0004_20200102155201

お札やお守り売り場も閑古鳥がないてますぅ~

Img_0008_20200103080501

その後、息子達と合流してお昼の食事を頂いて帰りましたよ!

Img_0010_20200102155301

例年頂く、お隣の花屋さんからのお花と、山陰で釣りたての鯛一匹!!

鯛は釣られた方がちゃんと捌いて、真空パックされているそうです。

有難いことです。。

最近我が家の息子も釣りに凝って、時折釣りに出掛けますが ・・・

Img_0074_20200102155601

海釣りではなく、陸から釣るのでこの程度の大きさで~す!

刺身にするにはちょっぴり小さ過ぎ~~

でも生きの良いお魚を食べさせてくれます。

大晦日は風が強くて寒かったけど、

元日は素晴らしいお天気で初日の出も大勢の方が見られたことでしょう~

元日そうそう衝撃的なニュースが飛び込んで来ましたね。

カルロス・ゴーン被告がレバノンに極秘出国していました。

何でも一部メディアは、ゴーン被告が楽器の箱に隠れて出国したと報じているそうです。

今年は大雨や台風の被害も少ない、穏やかな年でありますように ・・・

 

 

 

 

 

2018年9月 6日 (木)

災害の怖さ!

このところ、日本に色々な災害が起こり、何だか不安!

特に今年7月各地で、豪雨による災害があっちこっちで発生したり、

6月には、大阪府北部の地震、

1月下旬~2月上旬にかけて北陸や福井で豪雪、

そうして近畿地方に大きな被害をもたらした台風は、記憶に新しいところで

吹き飛ばされた家屋の屋根や高速道路で横転するトラック、

漂流したタンカーの衝突により、

関空の連絡橋の一部が破損したニュースに驚いた翌日には ・・・

北海道で震度7を観測する地震での映像に驚きました。

Img_hokkaisou_zisinn

その被害の全容が徐々に明らかになるにつれ

一瞬にして家屋もろとものみ込む地震の怖さ!!

気候温暖で台風などの被害も少ない、この地域に住んでいるわが身として、

今まで防災と言う観念は無かったけど~(大汗)

何処で何があってもおかしくない日本列島に住んでいる以上、

真剣に防災に取り組まないといけないと言う

危機感を今あらためて感じています。

続きを読む "災害の怖さ!" »

2017年6月27日 (火)

トワイライトエクスプレス瑞風

JR西日本が6月17日より運行を開始した豪華寝台列車

 トワイライトエクスプレス瑞風  (みずかぜ ) 」

が、6月26日下関を出発し、宮島口駅に停車し乗客が宮島を観光した後、

27日朝8時14分定刻通り、尾道駅に到着しました。

( 画像はすべて、クリックで大きくなります )

Img_2122

トワイライトエクスプレス瑞風は ・・・

1989年 (平成元年) から約26年間にわたり運行した

臨時寝台特急 「 トワイライトエクスプレス 」 の名称を受け継ぐ形で

2017年 (平成29年) 6月17日に営業運転を開始しました。

Img_2123

カラッチ達が行った8時前にはすでに大勢の見物客と、

テレビカメラや歓迎の小旗を持った小学生達でホームは埋め尽くされていました。

Img_2120

グリーンの車体の瑞風が尾道駅に姿を現すと、

地元の小学生たちが一斉に手旗を振って盛大に歓迎していました。

Img_2115

続きを読む "トワイライトエクスプレス瑞風" »

2017年5月22日 (月)

久井の岩海と山野草

先日久し振りに M ちゃんと、広島県三原市久井の海岩 を見に行って来ました。

1964年 国の天然記念物に指定されているそうです。

Img_1964

久井の岩海は、三原市久井町の宇根山中腹にあり

花崗閃緑岩が節理作用などで風化分解され、

それが累積分布してできた帯状の地帯のことで ・・・

Img_1979

おおごうろ・なかごうろ・こごうろ・ゼニガメごうろなどの数種類の

岩礫の帯状分布が見られます。

中でもおおごうろは長さ 350m、幅 90m の範囲に分布しており、

その深さも 10m にも及ぶそうです。

Img_1978

こんな山の中に不思議な現象で~す。

また一部の場所で、地底部を流れる水流音を聴ける所がありましたよ。

Img_1966

水音峡 ↑ と言う素敵な名前でした。

Img_1980

久井の岩海については ・・・ こちら

の 「宮窪のおっさん」 と言う方が詳しく書かれていますのでどうぞ~

====================

続きを読む "久井の岩海と山野草" »

2014年8月24日 (日)

こんなことってあっていいの~

広島市の安佐南区と北区で起きた土石流による被害!!

身近な広島で起きた今回の被害に言葉を失い、

唖然としてテレビに流れる被害の様子を見ていました。

避難所で夜も寝ないで行方不明の方を待ち続けていらっしゃる姿や、

危険をかえりみず捜索にあたってらっしゃる方々の姿に、

ブログにも書けないでいました。

続きを読む "こんなことってあっていいの~" »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ